人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

形は違えど、同じフレームには合います

形は違えど、同じフレームには合います_c0108065_14561417.jpg


昨日、ブログ記事に書かせて頂いた群馬県のお客様からは、窓のガラス押え
の他に輸入網戸の部品についても調達のご相談を頂いております。

こちらの部品が、インシュレート(Insulate)の樹脂サッシに付いていた
網戸のコーナー材なんですが、経年劣化で割れたり欠けたりしてきます。

そうなると、網戸の角がブラブラしてしまうので、網戸としての役目を
果たせなくなります。

インシュレートも現在国内市場から撤退していますから、こうした部材を
メーカーから供給してもらうことは出来ません。

また、北米の部品メーカーでも同じ形のものは販売していませんが、既存の
フレームに差し込める代替のコーナー材を手に入れることは可能です。

形が違うと使えないと感じるかも知れませんが、輸入サッシの網戸の
フレームは決まったサイズ、決まった形状のものしかありません。

ですから、そのフレームの中に差し込めるピッタリのコーナー材であれば、
形状が多少違っても問題なく使えるのです。

(勿論、この部分はこの寸法でなければいけないといったような規格が
存在しますから、そういった規格に合っていることは必要です)

輸入の網戸のコーナー材の多くは、プラスチックで出来ていますから、
やはり15~20年くらいでグラスファイバーの網と一緒に定期交換する
ことが必要です。(網押さえのゴムは、20年近く長持ちします)

網戸を水洗いしたり、コーナー材にワックスやシリコン潤滑剤を塗ることで
寿命をいくらか延ばすことは可能です。

何でもそうですが、全く手入れしないで長持ちするものはありませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-11-23 15:23 | メンテナンス