人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

木部を修復したサッシ建具

木部を修復したサッシ建具_c0108065_12055668.jpg


こちらのアルミクラッドサッシの建具(障子)は、名古屋市のお客様の
輸入住宅から修理の為に外してきたものです。

雨漏れによって下枠が腐ってしまっていたのですが、今回建具屋さんに
お願いして見事に修復が完了しました。

窓は、マーヴィン(Marvin)のケースメントサッシ(ケースマスター)と
呼ばれる竪辷り(たてすべり、横に開く)窓なんですが、ウィンドウヒンジ
も外れてしまい、建具が窓枠から脱落寸前といった状況でした。

マーヴィンは従来、こういう場合は建具ごと交換が基本でしたが、国内から
サービスを撤退した現在は新しい建具を入手することは不可能です。

ですから、木枠を部分的に加工・修復する以外に直す方法はありません。

腐っていた木を全て除去し、腐敗菌のない状態にして適切な木材を加工し、
この状態にまで復旧させたのですが、ウィンドウヒンジやトラックレールも
しっかりと正しい位置に取付けることが出来ました。

この後、木部をパラペイントのティンバーケアで防水塗装を行って、外部の
ガラスの周囲やアルミ枠のつなぎ目といった部分を防水処理します。

こうした作業が全て完了した段階で、お客様のおうちへお邪魔して
取付け作業を行います。

現在の処、窓枠を覆っている仮の養生材もうまく機能しているようで、
室内への雨風の浸入もないですから、無事に修理作業を終えられそうです。

この建具が無事に取付け出来ましたら、またブログ記事に書かせて頂きます。

アルミクラッド木製サッシをお使いの皆さんも、適宜窓を開けて乾燥させる
と共に、外部の防水処理や木枠のチェックを行うようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-11-26 12:38 | メンテナンス