人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

位置調整も必要です

位置調整も必要です_c0108065_14330174.jpg


こちらは、札幌市のお客様から問い合わせを頂いた輸入サッシのロック本体。

ローウェン(Loewen)製の4連ボウウィンドウのケースメントサッシに
取り付けられたロック金物ですが、ロック受けの金物を引っ掛ける為の
白いプラスチック・パーツが割れて、鍵を掛けることが出来ません。

このアルミクラッドの木製ケースメントサッシには、上下2ヶ所にロックが
付いていて、そのどちらも破損してしまっているようです。

こういう場合はロック本体の交換となる訳ですが、今は白いパーツが改良された
のか、ロック本体も新しくなっています。

見た目としては古いロックも新しいロックも全く変わらないのでいいのですが、
白いパーツに引っ掛けられる側の受け金物を新しいタイプにしないと、白い
パーツがうまく作動してくれません。

ですから、ロック本体だけを調達しても鍵が掛からないということになって
しまいます。

ただ、ロック本体とロック受けを交換したらスムースに鍵が掛かるかと言えば、
そうでもありません。

鍵の部分が破損した原因を考えて、それを解決してやらないと、またすぐに
鍵が壊れてしまうリスクがあるのです。

恐らく、サッシの建具(障子)の建て付けが悪いことで、窓枠に建具が真っ直ぐ
引き込まれていない為に建具のどこかが窓枠に当たり、それ以上建具が閉まらず
隙間が空いた状態で無理にロックを掛けようとしたことが、破損の原因です。

窓枠や建具の周辺をきれいに掃除して、ウィンドウヒンジや受け金物の位置調整、
潤滑剤の塗布といったメンテナンスを行うことが、これを解決する方法です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2023-12-17 14:49 | メンテナンス