人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

こうなったら、ガラス交換

こうなったら、ガラス交換_c0108065_18054739.jpeg


静岡県のお客様から輸入サッシのペアガラスについてご相談を頂きました。

こちら窓は、ミルガード(Milgard)製のスライディング・パティオドア
(掃出しサッシ)。

ハメ殺しのFIXドアの方だと思いますが、ペアガラスの周囲にある内部
スペーサー(気密パッキン材)が劣化して、部分的に剥がれたりヒビ割れ
したりしています。

こういったことは、輸入サッシでも国産サッシでもペアガラスを採用していれば
必ず起こることなんですが、多くの住宅メーカーもそんなことは気にしていません。

つまり、起こってから初めて気付くということですが、予防措置を取っていない
状況ですから、ペアガラスそのものを交換する以外に方法はなくなります。

こうしたスペーサーの劣化は、屋外側の雨がガラスとサッシの建具(ドア)枠との
隙間から浸入して、それが建具枠の中に溜まってスペーサーを徐々に劣化させた
ことが原因です。

ここまで劣化が進むと、雨水は水蒸気や湿気としてペアガラス内に入り込み、
それが原因で内部結露や曇り、カビなどの発生といった問題が出てきます。

こうならない前に屋外側のガラスの周囲を防水処理しておくことが大切ですが、
10~15年毎の外壁等の塗り直しの際に一緒にメンテナンスを行うことを
お勧めします。

今回はサッシが樹脂製であったからいいようなものの、もしアルミクラッド
木製サッシであったなら、木製の建具枠も腐ってくるという不具合も発生
しますから、そうなると建具(ドア)自体も交換するという修理になります。

そうなると、費用も時間も大幅に掛かってしまいますので、ご注意下さい。

尚、ミルガードのFIXドアのガラス交換は結構やりづらいので、作業は
大変です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2024-01-30 18:15 | メンテナンス