人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

まだいいかと思ってはダメですよ

まだいいかと思ってはダメですよ_c0108065_13121891.jpeg


こちらは、岡山県のお客様からご相談を頂いたペアガラスの曇りです。

サッシは、ペラウィンドウ(Pella)のアルミクラッド木製ダブルハング。

ガラスの外側にホコリや汚れが付いているのかと思える程、ペアガラスの
内部が曇っています。

これは、雨が外側のアルミカバーの隙間から木製建具の中に入り込んで、
それがペアガラスの中へと徐々に浸入してきたことが原因です。

こうなってしまうとペアガラスを交換する以外方法はありませんが、通常
ペラではガラス交換ではなく建具ごと交換することを推奨しています。

但し、このサッシは製造時期が古く、現在製造されているものと形状が
異なっているので、建具を新しく作ることは出来ないようです。

ですから、こちら側で建具から何とかペアガラスを外して、新しいガラスに
入れ替えることをしなければならないのですが、ガラスを固定している
古いガラス押え(押縁)も製造されていないので、万一破損しても交換する
部材がありません。

慎重に作業を進めるのですが、それでも劣化しているガラス押えが絶対割れない
とは言えませんから、もし壊れたら補修して使うしかありません。

そういう苦労と岡山までの出張費を考えると、どうしても費用は高くなって
しまいますので、お客様は様子を見たいとおっしゃいました。

でも、よく考えて頂きたいのは、放置すれば今後も雨が木製建具の中に
入り続けるので、そのうち木が腐ってくるということです。

また、材料や人件費も高くなっていますし、私共のような専門家がいつまで
サポートを出来るか分かりません。

現実、この輸入住宅を作った住宅会社もなくなってしまっているようです。

直せるものは早く直してその後のケアを万全にすることが、美しい
輸入住宅を長く維持し続ける秘訣だということを忘れてはいけません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。



by mikami-homemade | 2024-01-31 13:21 | メンテナンス