人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

上塗りだけでOKです

上塗りだけでOKです_c0108065_17063232.jpg


5年くらい前に塗り直しをした木目調のファイバーグラス製玄関ドア。

お客様から塗装が剥げてきて白くなってきたので、塗り直しの相談を
受けました。

玄関ドアはサーマツルー(Therma-Tru)製で、特殊な塗料を塗ることで
本物の木製ドアのように見せる木目調の輸入ドアです。

塗装は、通常着色用の下塗り塗料と表面を保護するトップコートと呼ばれる
クリア色の上塗り塗料を施工します。

西陽が直接当たる場所にあるドアですが、今回塗り直しをするにしても
少し早いと感じていたので、ペンキ屋さんと相談してお客様に渡しておいた
トップコートだけを試しに塗ってもらうことにしました。

白い線を引いた範囲が塗った範囲ですが、見事に下塗り塗装の色が戻って
きています。

つまり、着色した塗装は劣化しておらず、それを保護していた上塗り塗装
のみが劣化を起こしていたということになります。

ファイバーグラス製の木目調玄関ドアの場合、トップコートは5年程度で
劣化しますが、下地の着色塗料は問題ありません。

ですから、定期的にトップコートだけを塗ってやれば、ドアの木目は維持
されます。

また、トップコートは透明なクリア色ですから、マスキングテープ等での
養生も然程シビアに行う必要もなく、素人のお客様でも比較的簡単に
塗ることが可能です。

塗装が剥げてきた際、こうした専用塗料を塗らずにベタ塗りの油性の
ペンキで塗装する業者もいるかも知れませんが、それをすると折角の
木目が失われてしまいます。

専用塗料での着色は技術が必要ですが、定期的な上塗り作業はお客様
でも行えますから、塗り直しの際に余ったクリアの塗料だけをもらって
ご自身でメンテナンスをしてみては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2024-02-01 17:15 | 塗装工事