人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

これがなかなか手に入らない

これがなかなか手に入らない_c0108065_14115146.jpg


富山県のお客様から、輸入サッシの周囲に付いているウェザーストリップ
(気密パッキン材)の調達・取り替えが出来ないかとの問い合わせを頂きました。

窓はミルガード(Milgard)製の樹脂サッシ。ケースメントという形式の窓で、
クランクハンドルを回すと横方向に開いていくものです。

ウェザーストリップは、サッシの建具の周囲や窓枠の周囲にも回してある
のですが、ハンドルオペレーターの隙間から雨漏れがするということで、
ウェザーストリップの劣化が原因ではないかと考えたようです。

以前の記事にも書きましたが、私はウェザーストリップだけの問題で不具合が
起きているとは思えなくて、何か他の問題も抱えているのではないかと
感じています。

写真は、ミルガード製ケースメントサッシに付いていたウェザーストリップの
断面形状ですが、他のサッシには見られない面白い形をしています。

一般的なウェザーストリップとは形状が異なる為、どこの部材メーカーでも
扱われているというものではなく、手に入れるのも結構大変な代物です。

それでも、こうした窓のウェザーストリップは、15年程度で割れたり千切れたり
してきますから、定期的に交換しないと防水・防雨、気密や防音といった
機能に影響してきます。

入手が大変と言ってもまだ手に入る部材ですから、交換時期に来ているおうちは
出来るだけ早めに交換部材を手に入れておくことをお勧めします。

ただ、昨今の円安やアメリカの物価高、輸送費の高騰などで、輸入部材の
調達コストは格段に高くなってきていますので、何年か後でと躊躇していると
更に値段が高くなりますから注意して下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2024-03-23 14:23 | メンテナンス