人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

全体的に交換時期かも・・・

全体的に交換時期かも・・・_c0108065_15021430.jpeg


神奈川県のお客様から輸入の古いドアレバーのドアラッチが欲しいという
ご相談を頂きました。

ドアレバーは、旧タイタン(Titan)製のもので、ラッチは先っぽの頭の
部分が丸くなっているドライブインラッチです。

国産のものもそうなんですが、今のラッチの多くは、頭にフェースプレートと
呼ばれる金属製の板部品が付いていて、そこをドアに固定して取り付けます。

ドライブインラッチは、取付け穴にそのまま差し込むだけで固定出来ますから、
簡単で早く取り付けられるというメリットがあるのですが、今では国内の
輸入住宅で殆ど見掛けなくなりました。

勿論、アメリカではまだまだよく使われている部材ですから、他のドアノブ・
メーカーを含めてドライブインラッチは広く出回っています。

私たち ホームメイドではドライブインラッチも調達していますから、交換部品
に困ることはないのですが、今回はドライブインラッチだけの問題ではない
かも知れません。

写真をよく見ると、ラッチの鍵爪がちょっとしか出ていないという不具合の他に、
ドアレバー自体も少し下がり気味な感じがします。

恐らくレバー部品に内蔵されているバネが弱ってきているように思いますので、
ドアレバーもボチボチ交換時期に来ているのではないかとも思います。

ただ、このデザインのものは、既に生産中止となっているでしょうから、
新たな製品を選び直す必要があります。

ラッチだけの交換でもいいかも知れませんが、この機会におうちのドアレバーを
新しいデザインに変えてみることもリノベーションとしてはありだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2024-03-24 15:27 | メンテナンス