輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_23453201.jpg



先日、お客様からヴァイスロイ(Viceroy)社の掃出しサッシの
ロックが破損したので、新しいものを手に入れたいと相談を頂きました。

ヴァイスロイの担当者とは、昔コイル・バランサーの調達で何度か
やりとりをしたことがあります。

そこで、この件でもメールで部品が手に入るかどうかを問合せした
のですが、うんともすんとも返事がありません。

ちょっとおかしいと感じて、ヴァイスロイのサイトを検索した処、
サイト自体が見当たりません。

どういう状況なのか、他のサイト記事も検索してみたのですが、
どうやら倒産してしまったらしいのです。

ヴァイスロイは、サッシだけでなく輸入住宅全体をキットとして
カナダや日本に販売していたのですが、彼ら独自のパーツを使った
資材も多く、部品メーカーから直接購入するのが難しいこともあります。

そういう状況の中、この掃出しサッシのロックは、似たものこそあれ
全く同じ形状の部品は見つかりません。

お客様に詳細を教えて頂き、ロックに於いて肝心な部位だけを
調達して、そこに既存の付属パーツを組み付けて取り付けるという
離れ業を提案することとしました。

勿論、それが出来るかどうかは、やってみないと分かりませんから、
それを承知で挑戦してみるかどうかをお客様にお聞きしました。

ダメ元でもいいからトライしたいという話になって、後日部品メーカー
から取り寄せてみました。

それをお客様にお送りした処、見事部品を組み合わせて無事取り付ける
ことが出来ました。

やってみるものですねぇ~。全てがこんなにうまくいくとは
限りませんが、諦めない気持ちが成功を導くのかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-23 00:03 | メンテナンス
c0108065_14321460.jpg


お客様からマーヴィン(Marvin)社製掃出しサッシ(スライディング
・パティオドア)と思われるドアの下に取り付けられた戸車の交換を
相談頂きました。

早速、マーヴィンに問い合わせをした処、この戸車はマーヴィンのもの
ではないという返事がありました。

つまりどこの輸入サッシのものか分からないという状態です。

ただ、今回もいつもと同様窓部品のメーカーに直接確認をしてみたら、
同じ形状・同じサイズのものが見付かりました。

それにしても、ここまで錆び付いてしまうと、いくら樹脂製の滑車でも
動かなくなってしまうでしょうね。

輸入の掃出しサッシには重い強化ガラスがペアで取り付けられています
から、その重量も50kg以上はあると思います。

それを支えるだけの強度が、この戸車には備わっているのですから、
それは大したものだと思いますが、ドアを外してこの戸車を確認した
お客様も大したものです。

屋外からの雨や風を受ける掃出しサッシ。動きが悪くなってきたと
感じたら、15年程度で戸車のチェックをするといいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-21 14:48 | メンテナンス
c0108065_16445289.jpg


親族の不幸で昨日・一昨日は、通夜・告別式があり、記事を書くのも
滞っておりました。

その間でも、いろいろなお客様から輸入住宅の修理・メンテナンスについて
お問い合わせを頂きました。

その中で千葉県勝浦市からご相談頂いたのが、ミルガード(Milgard)製
ケースメント(辷り出し窓)のオペレーター。

詳しい不具合についてはお知らせ頂いておりませんが、写真を見る限り
クランクハンドルで動かすオペレーターの回転軸が折れてしまって
いるような感じです。

また、オペレーター以外にも開閉を行う為の金物類が、至る処錆び付いて
いるようにも思います。

お客様には推測出来るオペレーターの種類(サイズや開き勝手など)を
ご案内した上で、該当するであろうパーツの詳細をお知らせしました。

ただ、頂いた写真だけではちゃんと分からない細かな部分もありますから、
今後もう少し詰めた上で見積や商品の手配を進めるつもりです。

こうした部品の交換は、然程難しいものではありませんが、ペアガラスの
入った建具(障子)はそこそこ重いですから、いい加減な手順で分解して
いって、いきなり建具を地面に落とすなんてこともしばしばあります。

そういう点では、ビスを外していく順番を予め決めて、誰かのサポートを
受けながら慎重に取外し・取付けをしていくことをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-20 16:58 | メンテナンス

たまには点検しましょう

c0108065_20183598.jpg



キッチンや洗面の輸入水栓には、吐水口にエアレーターと呼ばれる
網ブタが取り付けられているのを知っていますか。

非常に細かなメッシュのステンレス網が付いていて、上水道に紛れ
込んだ砂粒や小さなゴミをストップしてくれます。

水道水はきれいなものと一般的には考えられていますが、道路に
埋められた土管が割れていたり、交換工事で土管を外したりすると
土や異物が水道の中に入り込むことがあるのです。

それが飲み物や料理に入ってしまうと大変ですから、輸入水栓には
こうした網ブタが蛇口の先に付けられているのです。

ただ、ご覧のように長年の使用で異物が溜まってくることが
ありますから、時々これを外して掃除をしてやることが必要です。

こういうことをあまり気にしていない日本人も多いと思いますが、
一度チェックしてみては如何でしょうか。

都会では、戦後に埋設された土管の劣化が問題となっていますから、
きっと水道水の異物はこれから増えてくると思います。ですから、
こうした網ブタがある水栓金具を使いたいものですね。

あと、網ブタの網が劣化して破れた時は、新しいものに交換する
ようにして下さいね。これも消耗品ですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2019-02-19 20:35 | メンテナンス

後付けだって、大丈夫

c0108065_15290450.jpg


先日、メンテナンスについて現地調査を行ってきた輸入住宅の玄関ドア。

ファイバーグラス製のダブルドアで、ステンドグラスも美しいですね。

築17年のおうちのドアですが、セキュリティという点では少々不安に
思っていらっしゃることがあるとのこと。

まず鍵が1つしかないということ。ロックのラッチバーが外から丸見え
ということ。鍵(シリンダー)自体も古くなってきているということ。

この3点に於いて改善をしたいというのが、今回の要望でした。

そこで、お客様と協議を行い、以下の対策を施すこととなりました。

まずは、ダブルロックとする為に、もう1つデッドボルトを追加します。

それも普通のデッドボルトではなく、最新のスマートロックKEVOを
取付けることとしました。

クイックセットのKEVOは、iPhoneなどのスマート・デバイスを
連携させると指のタッチ一つで鍵の解除やロックが可能となりますし、
キーを持ち歩くことも要らなくなります。

尚、携帯を持たない子供さんやお年寄りは、通常のキーの代わりとなる
FOBキーと呼ばれる小さなタグを持っていれば、同様に指で操作が可能
となります。

そして、デッドロックのラッチバーを見えなくする為に、2ヶ所に
ガードプレートを装着します。

このガードプレートは、厚さが3.4mmもあるステンレス製ですから、
バールでもそう簡単にはこじ開けることが難しいヘビー・デューティ
仕様です。

そして、古いデッドロックのシリンダーもスマート・キーという
新しいタイプのものに交換して、玄関ドアの2つの鍵と勝手口の
1つの鍵を全て同じキーで開けられるように変更します。

また、スマート・キーのシステムは、万一キーを紛失してしまった
時でもシリンダー内の設定を変更して、新しいキーが使えるように
することが可能です(その後、古いキーは使えなくなります)

あとは、ディンプルキーのタイプにすることも出来ますが、
今回は取り敢えずここまでの対策を実施する予定です。

<関連記事>: 鍵を差さないスマート・玄関ロック 「Kevo」

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-17 15:56 | 外装工事
c0108065_15135597.jpg


20年前に愛知県豊田市で新築させて頂いたお客様のおうちですが、
この度売却を検討されることになりました。

娘さん夫婦が京都に拠点をお持ちで、お孫さんのお世話をしがてら
そちらに暮らしを移されるということで、慣れ親しんだ我が家を
手放す決断をされたそうです。

お客様も新築した時の思い入れが強く、この家を壊して更地で売る
ということだけはしたくないとのことで、どうやって売ったらいいか
私に相談をして頂いた状況です。

インテリアは全てドライウォールで仕上げ、フローリング等の内装材も
全て無垢材。手に触れるもので、フェイクなものは一切ありません。

照明器具も全て美しい輸入照明を採用していますし、全館空調の設備も
完備していますから、当時としては相当本格的な輸入住宅でした。

ですから、その後新築を計画中の何人かのお客様をご案内したことも
ありますし、そこで素敵というお言葉も頂きました。

そうは言っても、日本の不動産の売買では、いい素材やいいデザインを
価格の評価基準にしてくれません。

素敵なおうちを二束三文で売ってしまう状況は、何とも悲しく情けなく
なりますが、仕方ないかも知れません。

私ならちゃんとリノベーションやメンテナンスを行って、家の価値を
上げた処で売買の話をして欲しい処ではありますが、そこまでお金を
掛けられないという事情もよく分かります。

私としても出来る限りのお手伝いをするつもりですが、やっぱり
手掛けた家が他人の手に渡るということには、複雑な思いがありますね。

欧米のように、手入れの行き届いた古いおうちが高く売れるという
社会に、日本も早くしなければいけません。

でないと、建物の価値が過剰に低く見なされ、どんどん失われていく
文化しか日本には残っていかないと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-16 15:29 | 独り言
c0108065_20022352.jpg


今日、愛知県半田市の輸入住宅へ現地調査に伺いました。

お客様が築17年前後の家を購入されて、入居前にメンテナンスを
お願いしたいという相談でした。

主には、玄関ドアと勝手口ドアのメンテナンスで、防犯性の向上と
塗装の塗り替えがご相談事項です。

写真は、その勝手口。ウッドグレインと呼ばれる木目が刻まれた
ファイバーグラス製のドアですが、茶色のベタ塗り塗装が劣化して
剥げてきています。

元々はファイバーグラス・ドア専用の木目塗料で塗ってあったのですが、
そういう塗料を知らない塗装業者が普通のペンキで塗り潰してしまった
ようです。

ですから、木目を出す為の凹凸は見えるのですが、色の濃淡が出ない為
本物の木のイメージが演出出来ていない状況となっています。

こういう状況では、少し色が濃い木目塗料を使って木目を再現する
という方法も可能ですが、ドアにはめこまれた上げ下げ窓が白い枠に
なっていますから、ドアも白く塗装してもいいかも知れません。

アメリカでも古くなった木製ドアを白でベタ塗りするということを
やりますし、そういう感じがアメリカンなイメージを彷彿させる
ようにも思います。

勿論、お客様の好みの問題がありますから、無理に白にする必要は
ありませんが、そういう手法も結構いけると思います。

白以外の赤や青でドアを塗装するというのも更にアメリカンですが、
このおうちは少し和風テイストを外観に残していますから、
そこまで踏み込んだ冒険をする必要はありません。

木目だから茶色のペンキをベタで塗る。そういうのって、センスの
ないペンキ屋さんの発想で、やっぱりいけてないですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-15 20:20 | 塗装工事

ロック解除は、相当大変

c0108065_20254333.jpg


山口のお客様から、スターブライト(Starbrite)という輸入サッシ
メーカーのロックが破損したという相談を頂きました。

あまり聞き慣れない窓メーカーのケースメント・サッシですが、
ロックが掛かったまま開けられなくなったそうです。

写真を見させて頂くと、どうやらこのサッシはマルチポイント・
ロックと呼ばれるシステムを採用しているようです。

いわゆるロックレバー1ヶ所で2~3ヶ所のポイントで鍵が掛かるという
安全性や耐久性が高いタイプのロック・システムになっています。

逆に言えば、サッシに歪みなどが生じたりして、建具が窓枠に
引っ掛かって開閉が固くなるような場合には、ロック・システムが
うまく動かなくなり、無理に鍵を掛けようとするとご覧のように
レバーが折れてしまうというトラブルが発生します。

レバーが破損した時に、鍵が掛かっていない状態であれば、窓を
手動で開けることが出来ますが、一旦ロックされてしまった状況と
なると、防犯性が高い分ロック解除も至難の業となります。

こういう場合の解除器具があればいいのですが、そんなものを作ったら
空き巣や泥棒の手にも入ってしまうでしょうから、どこかで販売して
いるということもありません。

お客様は室内側に残った金物部分を破壊して、ロックが外せないか
考えているようですが、そこを壊した時に今後どう鍵を掛けるか
ということまで考えていないかも知れません。

ここ名古屋からは相当遠いですから、出張旅費を考えてお客様は
地元の工務店で何とかしてもらおうとしているようですが、
サッシそのものを壊してしまっては意味はありません。

急がば回れの如く、お金は掛かってもちゃんとした専門家の処で
直して頂いた方が、時間もお金も反って少ないかも知れません。

何れにしても、私の方で出来得る限りのアドバイスはさせて
頂きましたよ。皆さんもマルチポイント・ロックが変に感じたら、
早めにプロへ修理を依頼して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2019-02-14 20:40 | メンテナンス
c0108065_10435568.jpg



こちらは、瀬戸市のお客様用に調達したチャネルバランサー。

長さは、25cm(10インチ)しかありません。

普通、窓と言えば高さが1mか1.2m程度ですから、上下に
建具が並んだ上げ下げ窓のシングルハング・サッシであれば、
バランサーは45cmから55cmくらいが一般的です。

ですから、全長25cmは極端に小さいことがお分かり頂ける
のではないでしょうか。

このバランサーが使われている窓は、廻り階段の下にあるトイレに
設置されていて、トイレの奥の方の天井が少し低くなっているのです。

また、高さを少しでも稼ぐ為に、便器のロータンクが通常より少し
手前側に設置されているので、奥の方には飾り棚が付けられています。

飾り棚と天井とに挟まれた形の窓ですから、その高さは60cmくらい
しか取れないということで、こんな小さなバランサーとなってしまった
という訳です。

文字で状況を説明すると、なかなか想像することが出来ないかも
知れませんが、限られた敷地内で目一杯の間取りを考えなくては
いけない日本の住宅事情では、こうした窓を使わざるを得ない状況も
生まれるのです。

こんな短いバランサーは、年に1度調達依頼を頂くかどうかですが、
常に依頼があるということはどこでも同じ住宅事情があるという
ことなんでしょうね。

でも、アメリカでは滅多に使わないような小さなサッシ用ですから、
私たちが調達する部品メーカーも限られてきます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。



# by mikami-homemade | 2019-02-13 11:37 | メンテナンス
c0108065_17352489.jpg


こちらは、マーヴィン(Marvin)社製トリムライン・スライディング
・パティオドアに付いているモーティスロックと呼ばれる金物です。

防犯上重要な部分については、頑丈な金属で作られていますから、
これを破壊して泥棒が侵入するということは殆どないと思います。

ただ、鍵を解除する為のロックレバーが折れてしまったり、ロックの
鍵爪がちゃんと動かなくなって、サッシの開閉が出来なくなることは
よくあります。

ロックレバーの破損は、鍵爪とそれを受けるサッシ枠側のストライク
プレートの位置がずれて、無理に鍵を掛けようとする場合などに
起こります。

輸入サッシは、掃出しサッシに限らず、どんな形状のサッシでも
操作が軽く出来るように作られていますから、無理に操作しないと
動かないという状態は、正常な状況ではないと考えるべきです。

鍵爪が出てきたままになったり、出てこなくなったりする場合は、
鍵爪を動かす為に内蔵された小さなバネが外れてしまったか、
欠損してしまったかが原因です。

出てきたままになると受け側に鍵爪が掛かったままになりますから、
ロックが解除出来ません。(泥棒も壊せない金物ですから、これを
解除するのは、相当困難です)

出てこなくなると鍵を掛けることが出来ませんから、防犯上の
心配がありますね。

何れにしても、破損する前には必ず予兆のような現象がありますから、
その段階で放置せずに専門家に相談すべきだと思います。

勿論、単純にモーティスロックを交換すれば直るという問題であれば、
部材を手配するだけですから、大きな問題にならないはずです。

こうしたロック部品も消耗品です。車のブレーキが利かなくなる前に
ブレーキ・パッドを交換するのと同じですから、こんな処でケチって
いてはダメですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-12 17:54 | メンテナンス