人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:リフォーム( 87 )

これが完成形です

これが完成形です_c0108065_11381350.jpg


昨日、アンダーセン(Andersen)製観音開きのフレンチドアをスライディング
・パティオドアに交換していますという記事を書かせて頂きました。

そして、今回その交換工事が完了しましたので、写真をご覧下さい。

少々時間が掛かってしまいましたが、おおよそ1ヶ所当たり1日という感じで
仕事を終えることが出来ました。

ドア周辺のタイルは、下地の様子を見る為に一部剥がしてみましたが、
ほぼ外壁は触らずにサッシだけを交換したという感じです。

こういう場合、建物の構造躯体に留める為のネイルフィンは使えませんが、
サッシ枠の上からビス留めする為の取付け穴がありましたから、それを使って
ドア枠を柱材に固定しました。

また、最も気になる防水処理もドア枠と外壁との隙間に防水コーキングを
十分に注入することで、そのリスクを減らしています。

確かに、サッシの周囲の外壁を剥がして構造躯体を露出させれば、ネイルフィン
も使えるし、サッシの周囲の防水工事も通常通りやれると思いますが、
費用と見栄え、作業の手間とその効果、リスクとメリット・デメリットなどを
お客様にお伝えして、お客様にとって最もバランスのいい工事が出来たのでは
ないかと考えています。

何も理解しないで適当に納めてしまう工事は、やってはいけないことだと
思いますが、全ての状況を考慮してベターな仕事をすることも大切なこと
だと思っています。

その為には、輸入住宅に対する知識と施工に対する経験が重要ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-11-07 11:47 | リフォーム
今度は、開きドアを引き違いドアへ交換です_c0108065_14373725.jpg


先日よりアンダーセン(Andersen)の掃出しサッシの交換の様子を
お伝えしていますが、それとは別に両開きのフレンチドアを片引きの
スライディング・パティオドアに交換するという作業についてもご紹介
しましょう。

写真左側がまだ何もしていないフレンチドア。そして、右側がドアを
外してドア枠だけになったフレンチドアです。

先日交換した掃出しサッシと同様に、化粧の木製外装パネルが剥がれて
しまい、メーカーからは交換する以外に修理は出来ないと言われたフレンチ
ドアのサッシでした。

観音開きフレンチドアは並びで2ヶ所存在していましたが、開いた状態では
ドアが風に煽られる状態になりますし、網戸も納まりがよくないという状況から、
片引きのスライディング・パティオドアに変更したいとの要望がありました。

幸いアンダーセンのフレンチドアは、スライディング・パティオドアと全く
同じ開口寸法のものが存在しましたから、交換は比較的しやすいという
寸法的なメリットもありました。

ですから、単純にフレンチドアのドアだけを交換するのではなく、施工は
すこし大変でも枠ごと交換して掃出しサッシにすることは、これから先の
使い勝手を考えたらいいことかも知れません。

ただ、ドア枠がどのような外壁構造の中で固定されているのか、サッシの
防水上の問題が発生しないかなどといったことを確認しながらの作業が
必要ですから、気を遣いながらの施工となりました。

雨漏れの問題は、今回ドアのガラスの周囲や屋根にあったという状況
でしたから、お客様にも現状や今後のリスクを説明しながら、方向性を
決めていきます。

では、また交換施工が完了した様子を、ご期待下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-11-06 14:44 | リフォーム
まだまだこれからですが・・・_c0108065_18055467.jpg


週末、とあるお客様が来社された。

昔北欧系輸入住宅では有名処だったノルディスカヒュースという住宅会社が
建てた建物を、リノベーションしたいというお話でした。

既にこの会社は15年以上前になくなってしまい、修理が出来るビルダーも
限られているといった状況です。

私共 ホームメイドも何軒かノルディスカヒュースのおうちを触らせて
頂いたことがあるので、その記事をご覧頂いてお問い合わせを頂きました。

何でも娘さん夫婦が、お母様と同居することを考えていらっしゃるようで、
それに合わせて家をリノベーションしたいということでした。

それって、今の世の中からすれば、本当に幸せなことですよね。

勿論、同居すれば何かとぶつかることもあるかも知れませんが、意外と
マスオさん的な家族関係ってうまくいくことが多いような気がします。

現在の間取りもなかなか上手に考えられたプランですから、それを
大きく変えることなく、皆さんが将来に亘って楽しく使えるように
して差し上げられたらいいなぁなんて思っています。

でも、今私自身仕事が立て込んでいて、こんなに仕事が増えてしまって
いいのだろうかと心配しています。

修理やメンテナンスのご相談は全国から頂きますし、新築のご相談も
ボチボチお願いされています。

更にある程度の規模で改修して欲しいというお客様もいらっしゃいます
から、こうした仕事をうまく振り分けてやっていくにはセンスと技量が
必要です。

まあ、若い頃は航空機の機材輸入で何件もの案件を同時にこなして
いましたから、何とかなるとは思いますが・・・。

いや~、こんなご時世で、本当に有難いと思って仕事をしないと
いけませんね。まあ、この案件が実際にスタートするには、まだまだ
時間が掛かりますけどね・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-10-06 18:19 | リフォーム
壊れたついでにリフォームしました_c0108065_15560085.jpg


昨日、東郷町のお客様のおうちで、トイレの取り換え工事と洗面台の設置
工事を行いました。

トイレが水漏れして使えなくなっていたので、この際使い勝手のいい
最新式のトイレにしたいということで、トイレの交換をすることになった
のですが、隣の部屋のクローゼット内にも手洗いの為の洗面台を付けたい
ということで、トイレの給排水と電気配線を引っ張って洗面を取り付ける
ことも一緒に行いました。

今回記事でご紹介するのは、そのトイレの方です。

既存のものは、暖房便座付きのロータンク式の普通の便器(写真左)。

こちらのトイレは、便器の後ろに水を貯めるロータンクが付いていますから、
便器の後ろに手が届かず、掃除がしにくくて仕方なかったとのことでした。

そこで今回は、ロータンクのないタンクレスのシャワー付きトイレにした
のですが、便器の後ろには手洗いカウンターが付いたキャビネットを
取付けました。

このキャビネットの中に、給水管や電気コンセント等の目障りなものが
隠れていますので、便器の後ろもすっきりしています。

最近のトイレは、自動排水機能も付いていますから、便器から立ち上がった
だけで勝手に水が流れます。

洗面台への配管を加えましたので、一部の床も一旦剥がしましたから、
クッションフロアも明るいデザインのものに張り替えました。

せっかく工事をするのですから、このように以前よりも美しくて機能的な
リフォームをやりたいですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2020-06-14 16:05 | リフォーム
キックプレートを付けると豪華になります_c0108065_19572059.jpg


名古屋市のお客様から輸入の木製玄関ドアのメンテナンスについて
ご相談を頂きました。

ドアは、シンプソン(Simpson)社のシャトーミッシェル(Chateau Michelle)
というステンドグラスの美しいドアです。

でも、今回は塗装の塗り直しとキックプレートの装着についてご相談を
頂いたということで、ドアの下半分のみの写真となりました。

実際の木の状況を見ないとはっきり言えませんが、ドア表面の化粧単板が
めくれていなければ、少しサンドペーパーを当ててやるだけで、防水塗装を
すれば元のきれいな木目が蘇ると思います。

もし薄い化粧板が下地から剥がれてしまっていたら、元通りとまでは
いきませんが、多少補修などで誤魔化すことである程度再生することは可能です。

まあ、今回は傷んだ部分にキックプレートを入れますから、傷んだ処は
目隠ししてあげられますので、全然問題ないと思います。

単に修理するだけでは、それ程楽しくはありませんが、金色又はブロンズ色の
大きなプレートを付けるという付加価値があれば、その家は更に引き立つ
効果がありますので、正解だと思います。

やはり原状復帰ではなく、リノベーションをしてこそ、長く家を愛せる
のだと私は思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-06-09 20:07 | リフォーム
巣ごもりするなら、楽しさを_c0108065_16375553.jpg


政府から自宅待機を要請されている週末。愛知県でもコロナへの
感染者が増え続けているけれど、東京程ではないと安心している
人も多いかも知れません。

でも、そのうち必ずどこでも感染爆発は起こると思います。

単純に感染を遅らせて時間稼ぎをしているだけで、感染そのものは
止めることが出来ませんし、恐らく日本人の殆ど全てが何年かの
うちに感染する運命なのです。

自粛すると感染者が減るというのは、単なる勘違いなのです。

そうは言っても遅らせることで、医療体制が整ってきたり、必要な
資材が確保出来たりするかも知れませんから、活動自粛は意味のある
ことだと思います。

ただ、薄暗い室内でゲームやTV以外何もすることがない中、何週間も
家にいるというのは精神的に滅入ってしまうものです。

であれば、家のインテリアを少しでも明るく楽しいものにすることで、
日々の生活をポジティブに出来るかも知れません。

例えば、暇ついでに家具の配置を換えてみる。そうすると、違う部屋に
来た感じになりますよね。

ついでに掃除をすれば、綿ボコリや汚れも取れて衛生的になるでしょ。

無理に換える必要はないですが、壊れかけた洗面の水栓金具なんかも
新しいものに交換してみるのも効果的。

ただ、ここで気を付けたいのは、今までと同じ普通のものには交換
しないこと。少し高めの美しいデザインの水栓にすることで、
洗面空間を一新するきっかけになるかも知れません。

写真のようなゴールドのスワンの水栓金具にすれば、コロナ対策で
手を洗うのも楽しくなると思いませんか?

外に出られないなら、中で楽しめるようなことを考えるのも、
皆さんが出来る新型コロナ対策&経済対策ではないでしょうか。

もしかしたら、運気も上がるかも知れませんよ(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
by mikami-homemade | 2020-03-29 16:49 | リフォーム

特注出来て、最高でした

特注出来て、最高でした_c0108065_18454520.jpg


2.7m幅の部屋に間仕切壁を設置するという記事を書かせて頂いておりますが、
今日は構造部分の上から石膏ボードを張った様子をご覧に入れましょう。

今回入手した石膏ボードは、欧米では標準的なテーパーボードという名称の
ものなんですが、ボードの長手方向のエッジ部分がほんの少しだけ厚みが
薄くなって凹んでいます。(写真では分かりづらいですが・・・)

この凹みは、ドライウォール用の紙テープや石膏パテを十分に載せられる
ようにする為にわざわざ作られています。

日本の一般的な石膏ボードは、こうした凹みがないか、僅かにV溝が切って
あるだけで、強度を上げた厚みのあるテープを張ることが出来ません。
(もしテープを張ったら、そこだけ膨らんでしまいます)

割れにくい壁を作るなら、このテーパーボードでなければなりませんが、
特注でしか手に入らないのです。

それから、このボードにはもう1つ特注したところが存在します。

それは、大きさが4フィートx8フィート(1.2mx2.4m)で厚みが12mm
あるということです。

普通は、3x8(0.9mx2.4m)の石膏ボードを縦長に張ります。それだと
天井の高さが2.4mある部屋だと縦に3枚張らないと幅2.7mの壁が
作れません。

そうなると、壁の真ん中に上から下まで垂直に2本のつなぎ目が走ります。

それに引き換え、4x8のボードを横に張れば、つなぎ目は水平方向に1本
走るだけになります。2.7mの壁に長さが2.4mのボードを張っても30cm
足りないじゃないかと思われますよね。

でも、今回は間仕切りをする部分に30cm程度の小さな壁が存在していました。

それは、新築時に将来の間仕切りを想定して、少しだけ壁を付けていた
のです。だから、2.4mのボードを横に張って丁度の寸法になったという
訳です。

また、幅が1.2mですから、2段重ねることで天井まで届いてしまう
ということが可能となりました。

実は、この4x8のボードは数年前にボードを製造する会社がもう作らない
と生産ラインから除外してしまったものなんです。

それをわざわざ作ってもらいましたから、普通のボードの3倍の価格と
なってしまいました。

確かに安く上げようとすれば、3x8の四角いエッジのボードを使うんで
しょうが、壁強度に拘る本物の輸入住宅のリフォームなら、私たちの
やり方が理想的だと思いませんか?

<関連記事>: 子供部屋を2つに分けます (2020年3月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
by mikami-homemade | 2020-03-21 19:03 | リフォーム
子供部屋を2つに分けます_c0108065_23135464.jpg



今日愛知県豊川市のお客様のおうちで、少し大きめの1つの子供部屋を
2つに仕切るリフォーム工事が始まりました。

付いていた廻り子や幅木を一部切ったり外したりしてから、部屋の中央に
柱材でご覧のような壁構造を造りました。

本場アメリカと同じように、4x8フィートのテーパーの石膏ボードを
張る為に、柱材の間隔は少し狭めの40cm。

普通は45cmピッチですから、構造的にも強くなりますね。

子供たちが小さい時は、大きな部屋で一緒に過ごすということは
情操教育としては本当にいいことだと思います。

また、ある程度自我が芽生えた時に、こうして部屋を分けられる
ように新築時に事前に計画しておくと、比較的簡単に改築出来ます。

如何に先を見越して家づくりをするかということは、私たちや
お客様にとって永遠の課題かも知れません。

次回は、石膏ボードを張った状態をお見せしますが、これがまた
アメリカンな施工ですから楽しみにしていて下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-03-19 23:24 | リフォーム

塗っておくと仕事が早い

塗っておくと仕事が早い_c0108065_18403554.jpg


明日から豊川市の輸入住宅でリフォーム工事を開始します。

以前建てさせて頂いたおうちですが、新築時は子供部屋を大きく
1つに造っておいて、子供たちが成長したら2つに区切って使える
ように計画しました。

子供さんたちの成長は早いもので、今回中央に間仕切り壁を設けて、
部屋を2つに分けることになりました。

新たに壁を造りますから、内装の幅木や廻り子といった枠材も
その壁の床際と天井際に付けなければなりません。

私たちは、通常無垢の木製の材料を使いますが、そうしたものは
大工の造作工事では無塗装の状態で取り付けられます。

ですから、ペンキ屋さんはそうした枠材が壁に取り付けられた状態で
それらを塗装しますから、養生を含めて結構な手間が掛かります。

そうした手間を少しでも少なくしてあげようと、今日木製の廻り子と
幅木に予め会社で塗装を行いました。

写真は、木製の廻り子に下塗り用の白いプライマーを塗った様子です。

60mmの大きさがある廻り子ですから、結構豪華でしょ。それも長さが
3.6mもある無垢材の1本ものですから、そりゃ素敵です。

下塗りが乾いたら、ツヤのある白いパラペイントで2回上塗りしたら完成です。

また、これらが付けられた室内の様子をお見せしますから、乞うご期待。
勿論、壁はドライウォール仕上げですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
by mikami-homemade | 2020-03-18 18:59 | リフォーム
化粧シートを張り替えました_c0108065_22043438.jpg



三協アルミ製玄関ドアですが、ご近所のお客様から相談を頂き
ドアパネルの化粧シートを張り替えました。

いろいろな業者さんに相談されたそうですが、張り替え出来ないので
ドアを交換するといった提案しか頂けなかったそうで、私のブログ記事を
ご覧になってドアに木目塗装が出来ないかというご希望でした。

本物のような木目を塗装で実現出来るのは、輸入のファイバグラス製の
玄関ドアだけで、国産のアルミドアの場合は木目シートを張り直す形で
修理をします。

10年くらいの築年数だそうですが、ここまでシートが退色していて
表面の保護膜まで剥がれている状況は、あまり例がないようです。

雨風や紫外線の影響でしょうが、やはりここにも地球温暖化が影を
落としているのかも知れません。

新築当初のデザインシートはありませんから、出来るだけ近いもので
張り直してみましたが、如何でしょうか。

ツートンカラーの木目となりましたが、なかなか納まりの方も
よさそうです。

化粧シートは、塩化ビニールの素材の上に木目を印刷してある
もののようですから、意外と長持ちする素材のような気がしますが、
やはり人工物ですので必ず寿命が来るものです。

そういう時に対処出来なければ、長くお使い頂くことが出来ませんから、
施工した材料をどうやって補修していくかを新築する業者も考えなければ
いけませんね。

最後に、シートの周囲に防水処理を施して、ハンドルやロックの金物を
取り付けたら完了です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2020-02-10 22:15 | リフォーム