人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:輸入設備( 177 )

c0108065_16375996.jpg


こちらの鏡は、ハンドペイントされた輸入のシェルフ付きミラー。

幅は約60cm、高さは約40cmと小ぶりではありますが、小さな棚が
付いていて、化粧品を並べたり、鍵やタオルを引っ掛けたりすることも
出来て便利です。

ちょっと小さめですから、自分の部屋に付けて化粧を整えたり、
玄関先で身だしなみのチェックをしたりと重宝すること間違いなし。

こうした輸入のミラーで、少しおうちをオシャレにしたいという
お客様にはピッタリかも知れませんね。

アメリカからの送料を入れても2万円(税別・国内送料別)程度で手に
入りますから、インテリアのアクセントに如何でしょうか?。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-11-30 16:48 | 輸入設備

今朝も直してきましたよ

c0108065_16043052.jpg


こちらの写真は、水漏れを修理したアメリカンスタンダード社製
洗面水栓。

クロームとブラス(金と銀)の美しいコンビ・カラーの輸入水栓ですが、
築16年ということもあって、吐水口から水がポタポタと落ちてきました。

こういう場合、輸入水栓ではセラミック・カートリッジと呼ばれる
止水パッキンを交換すれば直りますが、メーカーによっても製品に
よっても製造時期によっても適合するパーツが変化します。

今回は、そういった情報をお客様がお持ちでしたので、比較的簡単に
適合するセラミック・カートリッジを特定することが出来ました。

今日調達した部品を持って、名古屋市のお客様のおうちへ交換作業を
しに伺いました。

ただ、レバーハンドルの台座に組み込まれた古いカートリッジバルブが、
少し錆びて台座に固着していましたから、外すのに少々苦労しました。
(インチ対応のスパナもないと、歯が立たないですよ)

また、左右のレバーで水(お湯)が出る時の回転方向が違いますから、
カートリッジバルブの方もそれに合わせた状況にしないと、閉めたつもりが
水が出たり、開けたつもりが水が出なかったりということになって
しまいかねません。

慣れない水道屋さんだと、そういうことが分かりませんし、英語の説明書も
読もうとしませんから、適当に取り付けて開閉方向がおかしくなって
しまったなんてこともあるようです。

そういうことに気を遣いながら、ちゃんと元通りに復旧してこそ、プロの
輸入住宅ビルダーと言えるのかも知れません。

輸入の水栓金具を修理し終わったら、次に壊れたトイレのドアレバーも
交換修理してきましたよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-11-09 16:17 | 輸入設備

錆びて部品が外れない

c0108065_13274535.jpg


こちらの写真は、日本でも人気があるコーラー(Kohler)社製の
シャワー付きキッチン水栓。

18年前に設置されたとのことですが、シャワーヘッドの根元部分から
水が漏れ、レバーハンドルでお湯を止めても吐水口からポタポタと落ちる
状況となっていました。

こちらの水栓金具は、未だに生産されている商品で補修用の部品類も
手に入ります。

そんな状況ですから、浜松にあるお客様のお宅にお邪魔して、どういった
カートリッジバルブが使われているかをチェックしました。

でも、レバーハンドルの台座等が錆び付いて、肝心のカートリッジバルブ
を露出させることが出来ません。

プラスチックハンマーで少し台座を叩いてやって、錆びた部分が外れないか
やってみましたが、ビクともしません。

こうなってしまうと、取り外しを無理に行えば、水栓自体を破損させかね
ませんから、カートリッジバルブを特定することは諦めました。

鶴首の吐水口もグラグラしていますし、シャワーや止水バルブもダメ
ということですから、お客様に説明して新しい水栓金具に交換しようと
いうことになりました。

まあ、18年以上使い続けられたのですから、よく頑張ったと思います。

皆さんも水栓金具を使ったら、本体やその周囲に付いた水をよく拭き取って
錆などが発生しないように手入れをしてやって下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-11-06 13:38 | 輸入設備
c0108065_11323555.jpg


小さな記事ですが、新建ハウジング プラスワン 2019.10 特別号、
「サスティナブルな暮らしづくり百科」で、スーパー台風や竜巻の強風にも
耐えるシエラ・パシフィック社の輸入サッシ「FeelSafe」を掲載頂きました。

以前にも記事で何度かご紹介をしたことがありますが、今後日本でも頻発
するであろう未曽有の自然災害や犯罪に備えて、強靭なフレームとガラスを
備えたセキュリティ対策サッシが求められる時代です。

千葉や大阪でも台風や竜巻による窓ガラスの破損等で大きな被害を
出しましたが、これからは風速100メートルという体験したことのない
猛烈な風に襲われるかも知れません。

また、窓ガラスを割って侵入する空き巣や泥棒も、外国人労働者と共に
増えてくることが予想されます。

自分の身は自分で守らなければ、誰も守ってはくれません。

そういった危機意識のある方は、是非ご自宅に「FeelSafe」を採用して
みては如何でしょうか?

それから、このサッシは躯体が強靭だというだけではありません。
サッシの構造や室内側には通常よりも厚い木材が使われています。

また、サッシの雨漏れによる木部の劣化を防ぐ為に、特殊防水処理である
「コアガード」を採用していますから、美しくて癒しのある木のインテリア
がいつまでも暮らしを守ってくれるはずです。

ご興味のある一般のお客様や住宅メーカーさんは、ご連絡下さい。

<関連記事>:台風・竜巻、空き巣に屈しない高耐久サッシ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-10-05 11:47 | 輸入設備
c0108065_14472225.jpg


昔と違い、空き巣や泥棒たちは、手荒に玄関ドアやサッシをこじ開けて
家の中に侵入するようになりました。

ご自身のおうちの近くでも、そういう犯罪が起きているという話を耳に
したことがあると思います。

また、お盆や年末年始のお休みの際に長期間家を空けるような時は、
戸締りをしていても何かしら不安を感じるのではないでしょうか。

そんな時に、比較的簡単に、そして安価にセキュリティをアップさせる
アイテムが、アメリカなどでは多く販売されています。

そういったアイテムの一つが、この写真にある窓の補助ロック。

上側の建具が固定された上げ下げ窓のシングルハング・サッシや
片引きの引き違いサッシであるグライダー用に売られています。

建具が滑る溝の部分に、この部品を差し込んで蝶ネジを回して
固定してしまうと、窓が開けられなくなります。

勿論、サッシに付いているロックの鍵も掛けてあるでしょうから、
ダブルロックになりますし、窓の側面や上側に隠れるように
取り付けることが出来ますから、空き巣もどうして開かないのか
気付くまでに時間が掛かります。

普段でもあまり開けないような窓であれば、これを装着したまま
にしてもいいでしょうし、いつも開け閉めするサッシであれば、
近隣が物騒な時や夜間・外出時だけこの補助ロックで防犯対策を
強化することも可能です。

数百円で安全対策が出来るこうしたアイテムを、いくつか準備
しておくのもいいと思いますよ。欲しいという方は、必要数量を
ご案内の上ご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2019-10-01 14:58 | 輸入設備
c0108065_23144941.jpg



先日、アメリカへ注文していた水栓金具が届きました。

長い鶴首の吐水口、金に白のレバーハンドル、本体はゴールドの
クラシック・デザインのキッチン水栓です。

20年前の輸入住宅ブームの際は、よく流行ったデザインでしたが、
今アメリカではマイナーなスタイルです。

でも、私たちのお客様は、再度同じスタイルの水栓金具を選びました。

やっぱり、好きなものは好きなんですよね。

そういう日本の輸入住宅好きはのお客様は、たくさんいるんですよね。

今週、壊れた水栓金具とこれを交換しに伺いますので、消費税の増税前に
間に合いました。

壊れたのは悲しいことでしたが、また新たな水栓金具をキッチンに
取り付けたなら、きっと新築時のわくわくした気持ちが蘇るはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2019-09-23 23:24 | 輸入設備
c0108065_14482609.jpg


こちらの写真は、メーカー不明のシングルハング・サッシで不具合を
起していたバランサーを交換した際に窓枠辺りを撮影したものです。

窓枠のレール部分にある長細いパーツが、バランサーを外す時だけに
使う金属製のテイクアウト・クリップ。

そして、ハメ殺し(FIX)になっているアッパー・サッシュの枠に
付けられているのは、ベント・ラッチ。

テイクアウト・クリップは、先日紹介した樹脂製のものもありますが、
どちらか言えばこの金属製のものの方が一般的かも知れません。

ただ、湯気が充満する浴室の窓にこれが付いていると、10年もすると
錆びて使えなくなりますから、注意が必要です。
(とは言っても、バランサーを交換する時以外の普段では全く使わない
部品ですから、その存在すら見過ごされていると思います)

次に、ベント・ラッチですが、これは可動する下窓の建具をこれ以上
上の方に開かないようにする為の換気用ストッパーです。

つまり、ほんの少し風が入るくらい窓を開けてどこか別の場所へ
行ってしまっても、空き巣などが外から窓を開けられないように
防御するといった機能を果たすのです。

なかなか便利な部品ですが、新築時に住宅メーカーから何ら説明を受けて
いなかったということで、使い方を全く知らずにいたというお客様も多い
かも知れません。

確かにこんな細かいことまで、いちいち説明するということはなかなか
出来ないかも知れませんが、お客様から質問された時くらいは、ちゃんと
受け応えが出来るようにしておいて欲しいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2019-09-15 15:05 | 輸入設備
c0108065_22001906.jpg



子供が大きくなったからと、カギをいくつか作っておきたいと思っても、
輸入の玄関ドアのカギは鍵屋さんで取り扱っていないことが多いかも
知れません。

古い輸入住宅に取り付けられているドアハンドルで多いのは、タイタン
(Titan)というロゴのあるロックです。

今はタイタンという製品はなくなってしまったのですが、今でもちゃんと
合鍵を作ることは可能です。

実は、タイタンというブランドは、クイックセット(Kwikset)社の
昔のシリーズであり、合鍵を作る為のブランクキー(鍵の山が加工されて
いないベース・キー)の在庫を私たちは持っています。

現在のクイックセットは、数字の「5」が刻印された5ピン対応のカギが
使われていますが、古いクイックセットやタイタンでは「6」が刻印
された6ピン対応のものとなります。

デッドロックに内蔵されているキー・シリンダーには、鍵山を読み取る為の
小さなピストンが仕込まれているのですが、そのピストンが6つあるという
ことで「6」の刻印がされているのです。

国産のカギのキー・シリンダーは、一般的に4つ。タイタンが6つですから、
空き巣が鍵山を読み取ってロックを解除するのは、国産のものより難しく
なります。

今のクイックセットが5つですので、防犯上は少し劣っているようにも
思いますが、スマート・キーという新たな仕掛けを設けていますから、
それはそれでいいのかも知れません。(スマート・キーの詳細については、
以前書かせて頂いた記事をご覧下さい)

6ピン用と5ピン用のブランクキーは、シリンダー内のピストンの数に
応じて長さが若干違います。

ですから、似たように見えて互換性はありませんから、タイタンの
ロック用に今のクイックセットのブランクキーを使うことは出来ません。

合鍵を作りたいという皆さんは、自分のキーがどういったものかを
しっかり確認して、それに適合するブランクキーを手に入れるように
して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-09-13 22:14 | 輸入設備
c0108065_22180733.jpg



こちらの製品は、今では殆ど見掛けなくなったゴールドの鶴首型
キッチン水栓。

北米の水栓のトレンドは、ダーク・ブロンズやいぶし銀のニッケル色。

ポリッシュド・ブラスと呼ばれる金色の水栓は、クラシック過ぎて
今のトレンドから外れていました。

今回、20年程前に輸入住宅を建てさせて頂いたお客様のキッチン水栓が
水漏れして、新しいものを調達したいとのことで、この水栓金具を
アメリカから輸入することになりました。

非常に数が少なくなったゴールドの水栓金具ですが、こうした製品は
まだ調達が可能です。

最近、北米でも金色の水栓金具が見直される感じがありますから、
メジャーなメーカーでも金色のものがそのうちラインナップされる
かも知れません。

何れにしても、ゴールドのキッチン・洗面水栓は、輸入住宅好きの日本人
にはど真ん中ですから、末長く作り続けてもらいたいものです。

輸入水栓のリフォームをお考えの方、輸入住宅を新築される方は、
是非ご相談下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-09-07 22:30 | 輸入設備
c0108065_13482732.jpg


こちらの写真は、ウェインダルトン(Wayne Dalton)社製ガレージドア・
モーターのiDrive Pro。

通常のガレージ・オープナーの場合は、トーション・バーから離れた位置に
設置するものなんですが、このiDrive Proはバーに直接セットする形で
取り付けられています。

そういう点では、見た目もすっきりしていてスマートなんですが、
内蔵されたギアに不具合があるのかモーターが空回りしてドアが上がりません。

このオープナーは、トルクマスター(Torque Master)と呼ばれるシリーズ
のものに取り付けられているのですが、重いドアを引き上げる為のバネ
(トーションスプリング)がチューブの中に内蔵されている為見えません。

オープナー同様トーションスプリングもすっきりした見た目でスマート
なんですが、バネが劣化して切れても分かりづらい為に不具合に気付かない
ケースも多いのです。

そうなると、本来ドアを前後に移動させるだけの簡単な役目しかない
オープナーに、重いドアを上げたり下げたりする役目を要求することに
なりますから、モーターやギアの部分に大きな負荷が掛かります。

恐らくそういったことで、このオープナーも不具合を起してしまった
のだろうと思います。

不具合のあるオープナーを交換しなければなりませんが、この製品は
現在国内では手に入りませんし、チューブスプリングも特殊です。
(尚、ウェインダルトンを国内で販売している業者はありません)

ですから、私たちはこういうケースでは、通常のトーションスプリング
とドライブ・レールの付いた電動オープナーへ変更・交換することを
お勧めしています。

そうすれば、将来何かあった時でも調達がしやすくなりますし、時間や
費用もセーブ出来るはずです。

まあ、見た目のすっきりさはなくなるかも知れませんが、オーソドックスな
ものの方が長く使う上では安心感があるのではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-08-23 14:03 | 輸入設備