輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:全般( 50 )

c0108065_10272823.jpg


今年は急に暖かくなって、少し寒い時期に咲く花とゴールデンウイーク
明けに咲くような花とが一辺に街に溢れている感じです。

そんな名古屋ですが、出勤途中でツツジの花が咲いているのを
見掛けました。

いつもより早く赤やピンク、白など色とりどりの花が咲いていましたが、
この花を見掛けるようになると思い出すのは、シロアリさん。

毎年注意を呼び掛けているのですが、サツキやツツジの季節には
シロアリが巣(コロニー)から旅立つのです。

そして、別のコロニーを作って、その規模を拡大させようとする訳です。

こうした時、シロアリは羽アリとなって数千匹が巣から放たれます。

ですから、日頃暗くて人の目には触れなかったシロアリたちの行動が
はっきり分かる絶好のチャンスでもあります。

シロアリが庭の土の中に巣を作っていたとしても、それは正常な
状態ですから然程心配する必要はありません。

ただ、家の中から大量の羽アリが出てきた際は、それを駆除する
タイミングだと考えた方がいいでしょう。

何でもかんでも薬剤を撒き散らすような業者ではなく、住人の健康を
考えた専門家に駆除をお願いして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-04-21 10:38 | 全般
c0108065_11212335.jpg


北米のインテリアデザイナー、サラ・リチャードソンのピンタレスト
に掲載された写真です。

2つ並んだベッドの上に、更に2つのベッドが配置されていますね。

壁は、上にあるベッドの高さで、デザインが切り替わっていて、
2段ベッドの上で寝る子供たちは、黄色い部屋で寝ている感じが
すると思います。

フロアに置かれたベッドは、恐らく市販されているものだと思いますが、
上に上がる階段や上側のベッドは、大工さんか家具職人の手作りでは
ないでしょうか。

素朴でシンプルなデザインですが、お部屋のナチュラルな感じには
よく合っている気がしますね。

恐らく一家4人の全てが、ここの寝室で眠るのだと思いますが、
私はこうやって家族全員で1つの部屋をシェアするという生活スタイル
には賛成です。

確かにご夫婦のプライベートという問題はあるでしょうが、それより
子供たちと両親とが一緒に過ごすことで、家族としての強い絆が
生まれるような気がするのです。

また、子供たちもパパやママと一緒だと、安心して寝ることが
出来るのではないでしょうか。これは、小さい時期の精神安定という
点では素晴らしいことのように思うのです。

私たちの世代では、家を建てる時にはそれぞれに子供部屋を持たせる
ことが当たり前でしたが、敢えて個室を作らないというスタイルが、
これからのトレンドのように思います。

勿論、勉強部屋も個々に持たせるのではなく、お母さんの近くに
いることが出来るダイニングやキッチンのスペースに座って
勉強やおしゃべりをするという間取りがいいとも思います。

時代によって、住宅に対する考え方も変化すると思いますが、
何を家づくりのテーマにするか、将来どう暮らしていきたいか
によって、新築・リフォームをすべきではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-03-08 11:33 | 全般
c0108065_12151350.jpg

こちらは、豪華でアメリカンなデザインの輸入住宅です。

薄いピンク色の外壁と白い窓やディンプル・モールディングの
軒飾りが印象的。

そんな美しい築12年のおうちですが、今までに2階の天井から数回
雨漏れが発生したことがあったそうです。

お客様が以前知り合いの塗装屋さんに相談した際には、屋根からの
雨漏りではないかということで結論付けたようですが、実際にどこから
雨漏れをしているか場所の特定には至っていないとのこと。

ここのおうちの屋根は、アメリカのアスファルトシングルという材料で、
太陽の熱でアスファルトが密着するという性質がありますから、下地の
ルーフィング(防水シート)に問題がない限り、屋根材自体が原因で
雨漏れすることはありません。

確かに、屋根から雨漏れする危険性はないとは言えませんが、そういう
場合はルーフィングの張り方の問題か、屋根材の周囲の鈑金材のつなぎ目
にトラブルがあるのが一般的です。

これから屋根等を詳しく調べることになるでしょうが、私はこの不具合が
雨漏れでなく、室内の湿気による屋根裏結露ではないかとも疑っています。

雨漏れしたという場所は室内に湿気の多い浴室の天井であったことや、
屋根には換気棟が設置されていないこと、屋根の軒天(軒下)が装飾モール
で覆われていて換気を促す通気孔が設けられていないことなど、家の
湿気を外部に逃がす工夫がなされていません。

以前、外壁内側の通気や屋根裏の換気の必要性について記事に書かせて
頂いたことがありますが、そうしたことへの対策がちゃんと実施されて
いないのが現状です。

雨漏れの線も考えながら、家自体の内部結露についても慎重に調査
していくことをしていきたいと思います。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-17 12:29 | 全般

長く使える製品を!

c0108065_13325529.jpg

20年程前にお客様のお宅に設置させて頂いたナショナル製
(現パナソニック)インターホン内蔵型の郵便受け。

最近インターホンの調子が悪いので交換をしたいとのご相談。

今のポストは幅38cmのものしかなく、幅が48cmのこのポスト
と互換性のあるものはパナソニックにも存在しません。

市販されている埋め込み型のポストは、コンクリートブロックの
大きさに合うようにサイズが作られていますから、合理的と言えば
合理的なんですが・・・。

また、既設のインターホンの大きさも、現行の製品よりも小さめで
この郵便受けにはめ込むことも出来ません。

仕方がないので、ブロック塀を多少加工して別体式のインターホンと
現行製品のポストを組み合わせて施工しました。

意外ときれいに納めることは出来ましたが、アメリカの製品のように
メーカーさんももう少し長い製品寿命を考えて製造していって
欲しいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-03 13:44 | 全般
c0108065_09484241.jpg


1月15日の産経ニュースで、日本のオオハリアリという在来アリが
アメリカで大繁殖して生態系に影響を及ぼしているという記事が
ありました。

よくあるのが、アメリカの生き物が外来種として日本の生態系を
破壊するというものでしたが、やっぱりその逆もあるんですね。

さて、オオハリアリですが、日本ではシロアリを主なエサとして
広く生息しているそうです。

つまり、シロアリにとってはこの黒アリが天敵という訳です。

こうした生態系があるから土壌は豊かになり、シロアリたちも
増え過ぎることもありません。

日本の家では、新築時にシロアリ被害を防ぐ為に防蟻処理を
することが標準になっています。

また、一旦シロアリが出たとなれば、家の中だけでなく、建物の周囲
の土壌にも駆除剤を散布することもしばしばです。

最近は、ホウ酸は人体に無害だと言って、それを塗る業者さんも
いるようですが、防蟻剤や駆除剤にしてもホウ酸にしても、
シロアリだけでなく有益な黒アリやミツバチなどの他の虫をも
駆逐しまう恐れがあることを忘れてはいけません。

勿論、家が食べられては大変です。でも、侵入したシロアリの巣
さえ根絶すればいいだけのことが多いのです。

天敵まで殺してしまえば、その空白地帯にまた新しいシロアリが
侵入してくることだってあるのです。

必要に応じて局所的にシロアリを駆除する必要はあると思いますが、
お住まいの皆さんもそういう意識を持って、シロアリに対応をして
欲しいものです。シロアリも生態系で大切な役割を果たしています。

<関連記事>: 薬剤でのシロアリ予防はあり得ない。最高の予防は目視!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-16 10:04 | 全般

冬季休暇のお知らせ

c0108065_14410306.jpg

12月30日(土)~2018年1月4日(木)の間、手づくり輸入住宅のホームメイドでは
冬季休暇を頂きます。

休暇前に建築のご相談や各種お問い合わせを希望される方は、お早めに!

お電話の方は、TEL:0561-75-4087 へ。
(お休みの期間中は留守電になりますので、上記ご相談・お問い合わせリンクより
ご連絡下さい。再開後にお返事させて頂きます。)

[PR]
by mikami-homemade | 2017-12-23 14:47 | 全般
c0108065_16280900.jpg

今月頭に消防署から連絡があり、うちの会社の定期的な消防検査を
行いたいというお話がありました。

で、その消防検査をする為に消防署の皆さんが、うちの倉庫兼事務所に
いらしたのですが、乗ってきたのが何とポンプ車。

近所の皆さんが見掛けたら、火事でもあったのかと心配になるくらいの
迫力がありますね。

うちの倉庫にある材料は、基本自然素材の木材や羊毛、燃えないレンガ
といったものですから、消防の危険物扱い品目はないのですが、汚れ
落としに使う塗料の薄め液が少量缶に残っているという程度あります。

こうしたものは、200リットルくらいあると届け出や防火設備などが
必要となるらしいのですが、ホームメイドは関係ないそうです。

材木が燃えるとか、ドライウォール用の水性塗料が本当に燃えないのか
といったことをいろいろ調べられるのかと思っていましたが、特に
何も問題はないということで1時間程度で無事終了。

最後に、せっかくですからポンプ車と一緒に写真を撮らせて頂きました。

慌ただしい年の瀬に、お疲れ様でした。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-12-19 16:38 | 全般

何故ゼロにしないのか?

c0108065_13161698.jpg

シックハウス症候群の発症を防ぐ為に以前制定された、室内濃度
指針値が改訂になるらしい。

建築基準法で制限しているのは、クロルピリホスとホルムアルデヒド
だけなんだけれど、厚生労働省のガイドラインではトルエン、キシレン、
パラジクロロベンゼン、スチレンなどの揮発性有機化合物(VOC)を
室内濃度指針値を決めて、制限するように求めている。

ただ、これはあくまで指針値であって、何某かの強制力といったものは
ないらしいから、日本の化学物質に対する取り組みは遅れていると
言っても過言ではない。

そんな状況を少しでも改善する為か、それとも内装材の製造メーカーや
住宅メーカーがこれくらいならクリア出来ると申し出た為か、今回
この指針値の一部を低減したり新たな物質を付け加えたりした。

でもさぁ~、何でそういう危険な物質を一切使わないとしない
のだろうか。

そこには、国内産業を守るという趣旨があるのだろうが、ゼロにしたら
したで新たな製造方法や産業が生まれるはずだから、反って産業の
振興に役立つと思うんだよね。

先日、トランプ大統領が、地球温暖化対策のパリ協定から離脱すると
宣言したけど、アメリカのステラなんかは電気自動車で相当伸びて
いるんだから、正しい規制をすればそこに新たな産業が生まれる
のであって、悪い状況を野放しにしても何れは淘汰されることに
なるのは明白ですよね。

まあ、官民協議の上、石橋を叩いて渡るのもいいかも知れませんが、
世界よりも先に行くような課題を与えて、メーカーがそれに挑戦
していくようにしなければいけないような気がします。

因みに、全て自然素材で家づくりをすれば、こんな指針も何も
必要はないんですけどね。そうすれば、変なものを造らなくても
いいのにねぇ・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-09-01 13:27 | 全般
c0108065_11161850.jpg

先週トラックに断熱材と機材を積んで、大分市へトンボ返りしてきた
のですが、その際に施主であるお客様からお土産を頂きました。

大分の銘菓「ざびえる」や地元高級レトルトカレーの数々。

いや~、めっちゃ嬉しいですぅ。

お菓子は会社でおやつに頂いたり、お客様がいらした際にお茶請けとして
お出ししようと思います。

カレーについては、家族全員前世はインド人だったというくらいカレーが
大好きですから、じっくり家で味わいたいと思います。
(と言っても、すぐに全部子供に食べられてしまうでしょうが・・・)

こうやって、いろいろお気遣いを頂けると、私でなくても自然と
仕事に力が入るものですよね。

性格が単純ということかも知れませんが、家づくりはやはり人と人
との関係や気持ちが大切な仕事だと思います。

私たちもそういう気持ちをいつも持って、素敵な輸入住宅を建てて
いきたいと思います。

そうそう、私も名古屋土産に味噌煮込みうどんや赤味噌、ビール、
黒酢、リンゴ酢を持っていきましたよ。(一部は、地元の大工さん
たちにもお裾分けをしました)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。

[PR]
by mikami-homemade | 2017-08-28 11:24 | 全般

夏期休暇のお知らせ

c0108065_17315644.jpg

8月12日(土)~16日(水)の期間、手づくり輸入住宅のホームメイドでは
夏期休暇を頂きます。

建築のご相談や各種お問い合わせを希望される方はお早めに!

お電話の方は、TEL:0561-75-4087 へ
(お休みの期間中は、上記ご相談・お問い合わせよりご連絡下さい。
再開後にお返事させて頂きます。)

[PR]
by mikami-homemade | 2017-08-08 17:33 | 全般