輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

カテゴリ:全般( 60 )

c0108065_14383820.jpg


台風で屋根材が飛ばされ、輸入サッシや外壁からも漏水があった
お客様と、今後の計画について昨日打合せをしてきました。

施工上のミスや選定した材料の特性、新築後のメンテナンスが
うまく出来なかったといった複数の要素が重なったことと、
強烈な台風の襲来といった自然環境の変化が今回不具合を起こした
原因でした。

お客様もこうした状況を不安に感じられているようで、思い入れを
持って輸入住宅を建てたけれど、こんなことになるなら国産住宅で
建てた方がよかったのだろうかとも考えておられました。

ただ、屋根材が飛んだのは、釘打ちの位置が少し違っていたことも
ありますが、強烈な風の影響が主な原因と考えるべきでしょう。

また、外壁からの漏水が疑われるクラックは、国産の塗り壁材の
特性と施工の問題であって、輸入住宅だからという話ではありません。

確かにアルミクラッド・サッシの木部が腐ってきているという
問題はありますが、これも施工した工務店が防水の問題を正しく
理解していなかったことと、適切なメンテナンスが行われて
こなかったことが原因であって、このサッシの構造的な欠点は
2次的な要素だったと思います。

そういう意味では、材料選択・仕様・施工についていささか
メンテナンスという部分に問題があったのであって、輸入住宅
そのものに欠陥があるという訳ではないと思います。

つまり、国産住宅を造っている大手住宅メーカーの家でも
材料の特性を知らないで使用したり、設計上の問題を考えないで
施工したり、間違った施工方法で家づくりをすれば、同じような
トラブルが発生しますし、実際そういった事例はNETを検索
すればいくつも出てきます。

ということで、お客様から私共の方にご相談を頂いたのですが、
打合せの際に「ホームメイドではどういった職人や大工を
使っているのか」というご質問を頂きました。

私共は、輸入住宅という建物を新築・修理している関係上、
輸入材を知らない下請けの職人や大工はお願いするのが
難しいので、いつもお願いしている慣れた人にお願いして
いますという回答をさせて頂きました。

ただ、ここで気になるのは、新築時はまだしも他社が施工した
家の修理メンテナンスする際は、既存の施工を見極め、不具合の
原因とそこの現場に一番合った解決方法を取る必要があると
いうことです。

その現場にいくら腕のいい大工や職人を投入しても、使う材料の
選択が間違っていたり、間違った施工の仕方や手順を指示したり
すれば、それを正確に忠実に実行するのが彼らの役目です。

勿論、腕のいい職人さんたちは、施工に最善を尽くすのですが、
その根本が違っていれば、返ってそれがあだとなります。

例えるなら、オーケストラを考えてみて下さい。いい演奏家を
揃えても、いい指揮者がいなければいい音楽を奏でることは
出来ません。

指揮者が楽器の配置や演奏する人間の特性を考え、そこに
指揮者が考える曲の概念やイメージとなるよう指導します。

カラヤンや小澤征爾が指揮をするというだけで、コンサートに
人は集まりますが、オーケストラや演奏家の名前は指揮者の
名前程影響を与えません。(そうでない場合も、勿論ありますが・・)

舞台演出のあの蜷川幸雄も、名前だけで満席でしたよね。

高校の吹奏楽部や素人同然の役者を使っても、見事に作品を
作り上げてしまうのは、指導者の実力と考えるべきでしょう。

つまり、職人がいいに越したことはありませんが、そうした
職人を上手にリードして、適切な材料で思い描いた修理計画を
実行していくプロデューサーやディレクターの存在が最も大切
であり、それが誰かによって仕上がりは大きく変わるように
思います。

家づくりでは、設計士や現場監督がその役割を果たす場合も
ありますが、大手を含めて質の高い人間はそれ程多くないと
いうのが実情なんでしょうが・・・。

因みに、ホームメイドでは私(村瀬)が原因調査から材料・職人
の選択、計画の立案から施工まで全てを行う形を取っています。

家づくりには、資材や施工に関する広い知識や深い経験だけ
でなく、センスや気遣い、コミュニケーション能力が必要
ですが、そういう人はなかなか現場にはいないんです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-14 14:59 | 全般
c0108065_20091300.jpg


台風21号が去り、関西、北陸、北海道の各地に大きな爪痕を残した
と思ったら、今度はその北海道で震度7の地震が起きました。

私たちのお客様も屋根材が飛ばされたり、掃出しサッシのレール
から水が溢れてきたりと、大変な状況だったとの連絡を頂きました。

写真は、先回の台風20号の風で剥がれたアスファルトシングルの
屋根材です。

ご覧のように、留めていた釘の頭から、屋根材がスポッと抜けて
しまったような状態で、屋根用防水コーキングがしっかり利いて
いたせいか、下側の屋根材に張ってあった飾り部分が上の屋根材に
くっついています。

テープを剥がすように風が一気に屋根材を吹き飛ばしたと言っても
いいかも知れませんね。

さて、こうした屋根材が家から吹き飛ばされて、隣の家のアルミの
雨戸を凹ませたり、車のボディーを傷つけたりした場合、その責任は
どこにあると思いますか。

実は、台風の風に責任があるので、屋根が剥がれたおうちの人には
責任が及びません。つまり、飛んできて当たった側の人が自分で
直すというのが、正しい民法なのです。

ただ、こういう場合、自分の処の屋根だと分かっていますから、
お隣などから文句を言われたりすると、道義的には自分たちの
責任を感じて、修理代を持つなんてことはよくあるようです。

こういう場合に備えて、今では火災保険の特約で近隣への被害を
賠償するといったことも出来るようです。

保険屋さん曰く、こうした特約は田舎の人は絶対付けて欲しいという
要望が多く、都会の人は責任外なんだからと付けないで加入する
方が多いそうです。

仲のいい近隣とのトラブルを避けたい地方の人の気持ちと、
隣の顔も知らないというドライな都会の人とでは、考え方も
大きく違うということでしょう。

そうそう、ちょっと前に新潟で大火がありましたが、これも
他の家屋への類焼については責任を問われませんでしたが、
道義的には相当なプレッシャーがあったでしょうから、
そこに住み続けることは難しいと思われます。

さて、自宅の屋根の補修については、10年前なら20万円以下
では保険金が下りないという火災保険契約が多いようですが、
6~7年前からは免責も数万円からという保険内容になって
いるようですから、一度見直しをしてみるのもいいでしょう。

(尚、廃材等の処分費は保険適用外ですから、補修の見積が
全額下りる訳ではないので、要注意です)

あと、火災保険は屋根の補修ばかりか、塀や門扉、フェンスや
カーポートの屋根などの補修も保険金で賄えるものが多く
なってきているようです。

台風だけでなく、火災や地震、津波や洪水、火山の噴火など
日本列島では災害が起きない場所はない状況になってきました。

保険の加入も必要ですが、家を補修メンテナンスしてくれる
経験のある建築屋を確保しておくことも、長く家を維持する
秘訣かも知れません。

勿論、こうした災害から命を守ることが最優先ですが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-06 20:31 | 全般
c0108065_13151087.jpg


こちらは、3日午前11時現在での台風21号の進路予想です。

名古屋からは少し離れた位置を通過するようですが、それでも
台風の東側に当たりますから、強い雨風が心配な状況に変わりは
ありません。

先日大雨被害のあった岡山辺りは、直撃に近い感じですから
こちらは気の毒な思いです。

こういう台風が襲ってくる場合、どうしてもサッシやドアの周囲
からの雨漏れは発生します。

特に気密性のいい輸入サッシは、その分弱点となっている場所を
めがけて雨水が侵入しようとします。

気密パッキンであるウェザーストリップに劣化が見られるような
サッシだと、その劣化した部分に隙間が生じますから、注射器の先
のように水の勢いが増す感じになります。

外壁の割れや屋根の隙間も非常に細いヘアー・クラックだったり
しますから、小さい分逆に風や雨水が勢いよく入り込むと思います。

家というものは、雨が上から降ることを前提に造られています。

ですから、強い風で雨が吹き上げられるような状況には、あまり
強くありません。(というか、そうなったら本来水や湿気が出ていく
処が、逆に入ってくる処になってしまうのです)

こういう場合、人間の無力さを感じざるを得ませんが、どうぞ
出来る範囲で台風に備えて下さい。

被害を最小限にして、可能な限り補修を簡単に出来るように
することが、私たちに出来る最大限の仕事だと思います。

やっぱり、スーパー台風対応の高耐久サッシは、今後導入して
いくべきものかも知れません。

<関連記事>: 台風・竜巻、空き巣に屈しない高耐久サッシ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-03 13:28 | 全般
c0108065_10321187.jpg


1つ前のバージョンですが、プロ用の間取り作成ソフトを購入
しました。

手書きでも問題ないし、むしろ手書きの方がデザイン力を感じる
とも思うが、ペーパーレスや効率化、プレゼン・ツールという
観点から、いつかは導入しようと思っていました。

ただ、昔見たソフトは、お絵描きソフトに毛が生えたくらい
のもので、少し寸法を修正したいと思ってもなかなか思うように
いかなかったり、間取りから立面図(外観)を自動作成する機能を
使うと、実際には架けられないようなとんでもない屋根が
載っていたりと、まともには使えない感じのものだったように
思います。

であれば、最新のものを導入した方がいいのでは、といった向き
もあろうかと思いますが、1つ前のものでもほぼ性能的には完成
されたもので、多少機能が増えた程度のことだろうという勝手な
判断で買ってしまいました。

だって、値段も半分以下で済みましたからね。

恐らくこのバージョンのものでも、私は全部の機能を使いこなせない
とも思いますしね。

昨日、試しに敷地図を作ってみたのですが、やっぱり今のソフトは
すごいですね。マニュアルを見ながらでしたから、少々時間は掛かり
ましたが、正確な図面が出来ました。

また、その地域に設定された建築制限や敷地の高低差なども、予め
インプットしておくアイコンなどもありますから、状況に合わせた
外観等を自動で考えてくれる感じがします。

まあ、使い始めたばかりですから、これからいい所悪い所いろいろ
出てくるとは思いますが、まずはやってみることですね。

やっぱり、ジジイになっても挑戦が必要だと思いますから・・。
でも、輸入住宅のデザインも組み込まれてるのかなぁ(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-08-29 10:51 | 全般

夏期休暇のお知らせ

c0108065_17315644.jpg
2018年8月12日(日)~16日(木)の間、手づくり輸入住宅のホームメイドでは夏季休暇を頂きます。

休暇前に建築のご相談や各種お問い合わせを希望される方は、お早めに!

お電話の方は、TEL:0561-75-4087 へ。(お休みの期間中は留守電になりますので、上記ご相談・お問い合わせリンクよりご連絡下さい。再開後にお返事させて頂きます。)


[PR]
by mikami-homemade | 2018-08-04 13:41 | 全般
c0108065_15322978.jpg


2年前に起こった熊本県の大地震。その後の復興も道半ばという
報道もあります。

そんな中、複数の大学が被害の大きかった益城町に入って、建物の
状況調査を行ったそうです。

その速報値を「日経xTECH」がまとめたものがこちらです。

大きく損壊したという判断の「崩壊」や「倒壊」、「大破」で、殆どの
住宅が解体された状況が分かります。

ただ、殆ど壊れなかったという判断の「小破」や「軽微」でも、
30%~50%を超える家屋が解体されたという状況です。

破損が少ないということから判断すると、建物は比較的新しく
耐震性も確保された家であったろうことが窺えます。

そういう状況でも解体されたということは、住む人がいなくなった
空き家であったり、今後の地震を恐れて他の土地に移ってしまったり
した人もいたのだろうと思います。

そこには、日本が抱える高齢化の問題や地方の過疎化の問題が
垣間見えます。

ただ、それだけで済まされるものではないとも思います。

耐震性があっても家そのものの価値がない、貴重な街の財産という
建物になっていない陳腐な住宅だとも言えるのではないでしょうか。

デザインや素材が素敵な建物であれば、直して住みたいという
人もいるでしょうし、中古住宅として市場に流通することも
可能なはずです。

今や耐震性があるというのは、当たり前の日本です。今、行政や
住宅業界が一体となって推進しようとしているのが、長期優良住宅
や住宅の性能アップです。

でも、そんな住宅でも魅力がなければ、今回のようにすぐに壊される
のが日本の現状です。

欧米のように、普遍的なデザインや高品位な素材で家づくりを
することをもっと考えるべき時代ではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-07-18 15:44 | 全般
c0108065_12272618.jpg


昨日、会社の窓ガラスに遮光シートを張りました。

農業用の網のようですが、もう5年以上使い続けています。

多少網がほつれてきた部分もありますが、これだけ長く使えれば
ほんとお値打ちだと感じています。

正面から網を見ると、網の向こうが見えるのですが、このように
角度を付けて見ると真っ黒で何も見えません。

つまり、水平方向からの光(間接光)は通しますが、真上からの
太陽の光(直接光)は室内に入れないというスグレモノです。

まあ、多少見栄えが悪いという向きはありますが、エアコンなどの
文明の利器を使わず、出来るだけ自然の状態で仕事が出来るように
していたいと思います。

それでも、梅雨が終わったら、エアコンを使わずにはいられない
んでしょうねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-27 12:40 | 全般
c0108065_10451112.jpg


昨日、朝の通勤時間を襲った大阪北部地震(まだ仮の名称ですが)。

地震自体の規模としては、然程大きなものではなかったのですが、
大阪では直下型の地震であった為、被害が拡大した感じです。

でも、今回住宅への被害は、最小限であったと言っても過言では
ありません。ほぼ無傷だったようです。

これは、すごいことだと思います。今の基準で耐震化されていない
住宅も多かったはずですが、日本の家は軽く、揺れに対しては
しなやかに対応するということが功を奏したと思います。

ただ、社会の混乱は酷かった。あらゆる鉄道は一日ストップし、
人々は家にも帰れず会社にも行けず、大きな停電やガス漏れが
発生し、水道管が至る処で破裂した。

いくら家の強度が上がったとしても、脆弱な社会インフラが
直下型地震では成す術なく崩壊してしまったのです。

この程度と言っては語弊がありますが、より大きな東海・東南海
南海地震が同時に発生したらどうなるでしょう。

復旧まで何日も掛かるというレベルではなく、東北の大震災の
ように何年、何十年も掛かることになるかも知れません。

勿論、家へのダメージも今回の地震のようにはいかないでしょう。

少子高齢化で職人は不足し、資材も足りない状況となるはずです。
皆さんは、そういう状況になったらどうしますか?

天災は、地震だけではありません。強烈な雨風のスーパー台風や
竜巻・突風、20m以上の高さのある津波、火山噴火による降灰。

私たちは、あらゆる災害について今から考えるべきでしょう。

でも、輸入住宅は意外と復旧が早いかも知れません。
資材は、災害の影響がない北米から調達するのですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-19 11:06 | 全般
c0108065_13405382.jpg


2018年04月、(株)エクセルシャノンは、国交大臣認定で国内初の
”網”なしトリプルガラス仕様 樹脂製防火窓 「Type TG(遮炎性能)」
を全国発売したとのこと。

(このメーカーは、元々北米のサッシ技術を導入して製造・販売を
している会社です)

ペアガラス仕様では、他社でも防火仕様のサッシが販売されていますが、
今回は更に断熱性能の高いトリプルガラスです。

2030年までに新築住宅外皮の断熱性能向上を政府が目標に掲げており、
特に開口部の断熱化が要求されつつあります。

樹脂製サッシで防火認定を”網なし”のトリプルガラス仕様で取得して
いるのですが、どうやっているのでしょうねぇ?すごい技術的な秘密が
あるんでしょうね。

まあ、防火なんてものは、実際には多少延焼時間を遅らせるだけで、
火災をシャットアウトするなんてことは不可能なことだと思いますから、
防火・準防火地域で断熱性の高い樹脂サッシが使えるということに
意義があると思います。

防火認定取得は、費用も時間も手続きでも大変なことですから、
輸入サッシ・メーカーがこれを敢えて取得することはあり得ませんが、
性能の高い輸入サッシが国内のどこでも使えるようになるといいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-05-17 13:50 | 全般
c0108065_10570188.jpg


私たち 建築業に携わる会社は、一定規模の工事をするに当たり
国交大臣や県知事から許可を頂かなければなりません。

そして、許可を受けてから毎年その年度の会計状況を報告した
上で、更に5年毎に許可更新をしています。

行政としては、大きな金額になる建築工事を行う会社に対して
一定の信頼性を担保させる為に許可制を取っているのだろうと
思いますが、実際には分譲を手掛ける建築デベロッパーが
多額の負債や工事を残して倒産してしまうなんてことがありますから、
本当に意味があるのかどうかは、ちょっと疑問です。

まあ、そう言いながら行政に従ってホームメイドも許可更新をして
きているというのが現状ですが・・・。

建築に携わる人は、どちらか言うと勉強よりも体を動かすことを
得意としているように思いますから、書類手続きや簿記といった
面倒な事務仕事は苦手なはずです。

かく言う私も、大学では経営学科に所属していたとは言え、然程
勉強もせずバイトや旅行に明け暮れていましたから、こうした
ことをやるには重い腰を上げなければやれません。

今年の4月に5年の許可が満了し、更新手続きをしなければ
ならなかったのですが、なかなかやれずとうとう期限ギリギリに
なってしまいました。

事業年度の報告(届)も出さなければいけなかったものですから、
休みの日に会社に出てきて書類を一生懸命まとめました。

ずっとやってきたことですから、やり出せば意外とスムースに
やれるものですが、勉強と同じで溜めていると大変です。

その汗の結晶が、この申請書と許可証です。
一夜漬けでなく、今度はもう少し早めにやらないといけませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-05-13 11:03 | 全般