輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2018年 01月 ( 31 )   > この月の画像一覧

c0108065_09335139.jpg


最近の輸入シャンデリアには、キラキラ輝くクリスタルが
付けられたものが多くあります。

スワロフスキーなどの有名クリスタル・ガラスが採用された
ものは、輝きが違いますよね。

ただ、そうしたシャンデリアでもクリスタルを落としてしまったり、
小さな子供さんが外してどこかに行ってしまったりして、
なくなってしまうこともよくあります。

でも、そういう場合に備えて、追加が可能なクリスタルが
北米では販売されているんです。

大きさもいろいろあるようですから、皆さんのお好みに合った
ものを選べるのもいいですね。

勿論、今のシャンデリアは少し淋しい感じがするということなら、
クリスタルを増やすことだって出来るのです。

インテリアのチョイスに幅があるって、素敵なことですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-31 09:39 | 輸入設備
c0108065_10591689.jpg

こちらは、天井を飾るシーリング・メダリオン。

まん丸のものが多い中、四方八方に装飾が飛び出しているような
デザインで華やかですよね。

シーリング・メダリオンは、通常発泡ウレタンを成型して作られて
いますが、元々は大理石を彫刻したり石灰を固めて作られていた
ようです。

リビングやダイニング、寝室などの照明器具に台座飾りとして
使われますが、やはりシャンデリアのように豪華な照明に
取り付けるのが最も効果的かも知れません。

大きなものもありますが、こちらの写真のものは直径46cmと
比較的小ぶりですから、大袈裟なシャンデリアでなくても
大丈夫です。

女の子のお部屋に付けた3~4灯くらいのシャンデリアでも
十分お洒落に見せられるはずです。

ただ、シーリング・メダリオンを至る処に付けてしまうと、
くどい感じがして反って見せ場がどこにあるか分からない
といったインテリアになりますから、注意が必要です。

引き算がどれだけ出来るかによって、デザインの洗練度が
変わってきますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-30 11:08 | 輸入住宅
c0108065_10573193.jpg


こちらは、暖炉や薪ストーブの熱や炎から人間やペットを守る為の
ガード・スクリーン。

表面にはステンレス製の細かな網が張ってあって、炎は見えても
灰や火の粉は外に出てこないというものになっています。

薪ストーブは、耐熱ガラスのフタが付いていますから炎の心配は
ありませんが、本体に触ればやけどを負うかも知れません。

特に小さな子供さんやお年寄りは、ふとした拍子に手や足が
触ることがありますから、用心しなければなりません。

そんな時にこのガード・スクリーンがあれば、万一の際でも
安心ですよね。

スクリーンの上のフレームには素敵な装飾も施されていますから、
インテリアのオブジェとしても絶好です。

冬の一番寒いこの時期ですが、本場北米製の美しいガード・
スクリーンは如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-29 11:01 | 輸入設備
c0108065_11444869.jpg


こちらは、サッシ・メーカー不明の北米製モーティス・ロック。

掃出しサッシに取り付けられていたロック金物なんですが、
ご覧のように小さなバネが飛び出しています。

これは、ロック・ラッチと呼ばれる鍵爪を出し入れする際に
使われるバネなんですが、こんなに小さなものですから
長年使用していると劣化して金物から脱落してしまうのです。

こうなると鍵を掛けられなくなりますから、防犯上心配ですね。

窓メーカーも分からないし、部品の調達先も分からないということで、
私共に相談を頂いたのですが、すぐにどういった部品か見当が
付きました。

基本的にこういったパーツは、部品メーカーが汎用品として
製造しているものが多く、各部の寸法やデザインを確認してもらった
処、今回も調達可能な部品であることが分かりました。

サッシ部品を手に入れる場合、メーカー名やサッシの品番、製造時期
がはっきりしていることが一番ですが、汎用品と思われる部材に
ついては必ずしも詳細情報は要りません。

ただ、そうでない専用品が使われているケースも多いですから、
図面や仕様書など出来るだけ家の資材についての情報を保管して
おくことをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-28 11:53 | メンテナンス
c0108065_16561510.jpg


何やら巨大なシャンデリアかと思いきや、実はこれは照明付きの
シーリングファンなのです。

クリスタルのボールがいくつも付いていて、如何にもゴージャス
という雰囲気の天井扇じゃありませんか。

照明の台座の上に透明のファン・ブレードが見えますが、こちらは
リトラクタブルで広げることが可能です。

ファンを強く回して空気を撹拌したい時に、このブレードを広げて
大きな空気の流れを作ることが出来ますし、そういった必要がない
時には、ブレードを閉じてシャンデリアとして使えるのです。

最近、アメリカではこうしたゴージャス系デザインのファンが
数多く出てきています。

インテリアの装飾として、リビングの照明として、部屋の温度調節
として機能する美しいシーリングファンは如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。






第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-27 17:05 | 輸入設備
c0108065_12403682.jpg

こちらは、北米の輸入シーリングファン。

通常は、ブレードが4枚又は5枚のものが主流ですが、こちらは
敢えてシンプルな2枚ブレード。

また、ブレードの付き方も船の櫓を漕ぐようなデザインになっていて
お洒落な感じがしませんか。

本体は、くすんだ銀色のニッケル色。そこに卵の殻のような照明の
シェードが付いています

全体の直径は48インチ(約1.2m)ですから、日本のリビングでも
それ程邪魔には感じないかも知れません。

輸入照明メーカーではこうしたスタイリッシュな天井扇も作って
いますから、照明器具と一緒に調達しては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-26 12:49 | 輸入設備

雨漏りした窓枠周辺

c0108065_15381121.jpg


こちらは、ローウェン(Loewen)社製フレンチ・ケースメント・サッシ
の室内側を写した様子です。

内装の壁は塗装したドライウォールで仕上げられていますが、塗料が
石膏ボードから剥がれて何ヶ所かにクラックが入っています。

また、サッシの周囲に回してある化粧枠のケーシングも、合わせ目が
開いてきて割れた状況が見受けられます。

何故そうなったのかは、これから検証していかなければ分かりませんが、
窓枠から雨が侵入してそれが室内側まで入り込んだ状況です。

こういうケースでは、サッシの窓枠の防水が悪くなったのか、外壁や
屋根に空いた隙間から雨が侵入して、それがサッシの周囲を伝って
入ってきたということが考えられます。

何れにしても、表面的に取り繕って補修することをしないで、
原因箇所を特定した上で元から直すという修理が必要ですね。

こういう場合やってはいけないのは、サッシの悪くなった部分を交換
するだけとか、外壁を防水する為に外装を塗装するだけといった
対処療法を実施することです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-25 15:52 | メンテナンス
c0108065_10365382.jpg


こちらは、カナダ ローウェン社製のケースメント・サッシ
(横方向に開いていく窓)の化粧木枠を外した様子です。

木枠の下に隠れていたマルチポイント・ロック(複数の箇所で
一度にロックが掛かるシステム)の金物が露出しました。

手に持っているのは、ロックレバーのハンドルですが、これを
窓の木枠に固定する為の金物部品が折れて欠損してしまいました。

こうなるとレバーの回転軸が動いてしまい、レバー・ハンドルを上下
させてもロック金物が連動してくれませんから、鍵が掛からなくなって
しまいます。

Loewenから固定部品を取り寄せて、交換作業をしてやれば
元通りに作動するようになりますが、木枠を外す作業は慣れていないと
難しいかも知れません。

勿論、作業をする為の道具だけでなく、新しい部材を取り付ける前に
加工する為の道具も必要です。

それにしても、最近ローウェン製の窓のメンテナンス・修理の案件が
多いですねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-24 10:47 | メンテナンス
c0108065_10172131.jpg



こちらは、北米のステンレス製キッチン・シンク・セット。

角がピン角(直角)になった輸入シンクは、スタイリッシュで格好いい
ですよね。

こうしたシンクは、加工技術が高くないと作れませんが、そのうち
日本でも流行すると思います。

さて、そんなキッチン・シンクですが、写真にある通り付属の
アクセサリーがたくさんあります。

洗い物の皿やフライパンなどが、金属の底に直接当たらないように
メッシュのワイヤー・ガードがあったり、小さな果物などを漬けて
おけるラックやまな板、巻き式の水切りやストレーナー(排水金物)
までありますね。

通常、こうしたものはオプションとして別売されるものですが、
これらが全て付属していますから、そりゃ便利ですよね。

勿論、このシンクに専用で設計されていますから、全てシンク内に
きれいに納めることが可能です。

輸入のものであれば、ステンレス・シンクもこんなに美しく楽しい
んですから、料理も美味しくなるかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-23 10:26 | 輸入設備
c0108065_13572633.jpg


今朝、名古屋市天白区のお客様のお宅でペラ(Pella)社の輸入サッシ
について調査を行ってきました。

上げ下げ窓のダブルハング・サッシですが、下側の建具(ボトム・
サッシュ)のガラスが割れてしまったので修理をご希望されています。

幸いペアガラスの外側のガラスのみが割れただけですから、多少断熱性
は低くなるものの防犯・防雨性には問題はありません。

写真のように相当な割れ方をしていますが、2階の高い位置にある
窓ですから泥棒が割ったということは考えられませんが、誰かが石を
投げ付けたか、ペアガラス特有の問題である熱割れによってガラスが
割れたと考えられます。

ただ、窓の外側には網戸が付いていますから、もし石であれば網戸の
スクリーンも破れてしまうでしょうから、熱割れが原因と考えるべき
かも知れません。

何れにしても、ガラスが割れてしまったアルミクラッドの木製建具
の場合、ガラスのみの交換は出来ませんから、建具ごとペラ社に
再製作をお願いすることとなります。

製作から交換まで少々お時間が掛かりますが、ちゃんと直りますから
ご安心下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。




第2回プラチナブロガーコンテスト



[PR]
by mikami-homemade | 2018-01-22 14:11 | メンテナンス