輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2018年 02月 ( 28 )   > この月の画像一覧

c0108065_11183785.jpg


愛知県常滑市で玄関ドアの金物メンテナンスをしてきました。

こちらのドアをご覧頂いて、ラッチがドア枠に当たる受け金物
(ラッチ・ストライク)の長さが少し長いと感じませんか。

標準のストライク・プレートだとドア枠より短すぎて、ストライク
として機能しません。そう、ラッチがストライクより先にドア枠に
当たってしまう状況となります。

これは、一番外側に取り付けられたブリック・モールディングと
呼ばれる化粧枠がドア枠と同じ面になるように取り付けられた為に
発生してしまうトラブルです。

施工した大工さんや設計者が、そういった納まりのことを知らなかった
のだろうと思いますが、修正せずに無理な取付けを続けた結果変になって
しまったという輸入住宅は多いですね。

私たちは、そういうおうちの為にこのように舌の長いラッチ受けの金物を
輸入しました。

納まりの悪い玄関ドアだと感じていらっしゃる方は、こうした特別の
金物を使えば問題解決するかも知れませんよ。

<関連記事>: こういう玄関ドアの処は、意外と多い

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-28 11:24 | リフォーム
c0108065_13004478.jpg


岐阜県山県市のペットクリニックさんで外壁の塗り直し工事や
タイルポーチの滑り止め工事を行っていますが、私たち ホームメイドは
それに合わせていろいろな作業も実施しています。

クリニックさんの看板やその照明の防水塗装や屋根瓦の洗浄処理など、
様々なことをやっているのですが、足場があるような機会でしか
出来ないような作業もあるのです。

その一つが、輸入サッシの防水処理。通常、外壁の塗り替えの際に
防水をするのは、外壁とサッシの枠の境い目にあるコーキング目地。

こうした場所は、コーキングが痩せたり、表面劣化を起したりします。
ですから、雨漏り防止でコーキングの打ち直しや打ち換えをするのです。

ただ、最近殆どの住宅で導入されているペアガラス部分については、
何も対策を実施しないのが実情です。

昨日もブログの記事に書かせて頂きましたが、ペアガラスは構造的に
内部結露を起したりしますし、ガラスと窓枠との間から雨水が内側に
侵入することもあるのです。

そういう場合、アルミクラッドのような木製サッシは、知らないうちに
室内側の木部が黒ずんできて最悪腐ってしまいます。

そうなると、サッシの建具を交換しなければならなくなりますから、
その費用と手間もたくさん掛かってしまいます。

そうならない為に、私たちは足場のある外壁塗装工事の際には、
ペアガラスの周囲や窓枠のつなぎ目など、雨漏れの恐れがある箇所に
防水処理を施します。

勿論、やたらめったらやってしまっては、雨や湿気が侵入した場合の
水抜き箇所まで潰してしまうことになりますから、輸入サッシのどこを
防水すべきか注意が必要です。
何れにしても、輸入住宅の外壁塗装をお考えであれば、ガラス周りの
防水工事を専門家と一緒に行うことをお勧めします。

そうすれば、要らぬトラブルも少なくなるはずですよ。

そうそう、輸入サッシによっては、ガラスが屋外側からしか外せない
構造のものもありますから、交換の際は足場は必修です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-27 13:13 | 外装工事

内部結露したペアガラス

c0108065_20130736.jpg


外壁の塗り替え工事をさせて頂いている現場ですが、日曜に
足場に載って輸入樹脂サッシの防水処理をさせて頂きました。

その際、2階にある窓ガラスに水滴が付いているのを見付けました。

ガラスの表面に水が付いているのかと思い、手で触ってみましたが、
手に水は付きません。

サッシのペアガラスの中に水が入り込んでいる、いわゆる内部結露
でした。

こちらのペアガラスは、室内側がスリガラスになっていて、中からは
水滴が見えません。

ですから、お客様も気付かずに過ごしておられたみたいです。

外から足場に載って見ない限りは分からないトラブルでした。

こういうこともあるんですね。幸いこのサッシは室内側から
交換作業が可能なサッシですから、ペアガラスさえ輸入すれば
何とかなると思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-26 20:20 | メンテナンス
c0108065_19545060.jpg


浴室に取り付けられたメーカー不明の輸入樹脂サッシですが、
窓を開閉するオペレーター・ギアが脱落しています。

築10年ちょっと経っている輸入住宅ですが、お風呂に入った後も
あまり窓を開けるようなことをしなかったのかも知れません。

輸入サッシは気密性が高い分、屋外へも湿気が逃げにくいので、
サッシの部分に溜まった水分や湿気が滞留します。

そういう状況が長い間続けば、窓の金物類も錆びて劣化が進みます。

このように窓から脱落してしまうくらい劣化してしまうと、
オペレーター自体も交換ですし、その周囲のウィンドウ・ヒンジや
ブラケット等の金物も交換しなければいけないかも知れません。

アルミクラッドのような木製サッシについては、常々雨の後には
窓を開けて乾燥させましょうと呼びかけていますが、樹脂サッシも
同様に窓を開けて乾かすことをお勧めします。

輸入住宅はいろいろと手間は掛かりますが、手間を掛ければ
掛けただけ、長持ちしますし愛着も湧きます。

いいものを長く使おうという考え方の皆さんは、メンテナンスを
忘れないようにして下さいね。

勿論、悪くなったこの部品については、ちゃんと北米から輸入して
修理をしますから、安心して下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-25 20:01 | メンテナンス
c0108065_10541778.jpg


現在、外壁の塗り替え工事を行っている岐阜県山県市のペットクリニック。

塗り替えをご相談頂いた際に、クリニックのタイル・ポーチの床が
ツルツル滑るので何とかしたいというご要望も伺いました。

ご自身でもホームセンターで市販されているものを塗ったことがあると
いうことでしたが、すぐに効果が薄れてしまい役に立たなかったとのこと。

最近では屋外の床用としてノンスリップ仕様のタイルも多く出回って
いるようですが、昔はそういった気の利いたものはなかったかも
知れませんね。

玄関ポーチは結構雨ざらしになりますから、いつも滑ることを知っている
人なら用心するでしょうが、ペットクリニックのように新しいお客様も
いらっしゃるような場所では、ちょっと危険かも知れません。

特に、ワンちゃんや猫ちゃんを抱っこしているような場合は手が塞がれて
いますから、滑ったらケガをする恐れがあります。

今回私たちはクリニックがお休みのタイミングを見計らって、耐久性のある
タイルの滑り止め剤を塗るつもりです。

皆さんのおうちでも滑りやすいタイルや石の床でお困りでしたら、
私たちにご連絡下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-24 11:03 | 塗装工事
c0108065_10431594.jpeg


輸入住宅の玄関ドアや勝手口ドアには、隙間をなくして気密を高める為の
パッキン材 ウェザーストリップがドア枠に付いています。

柔らかいスポンジのようなウレタン材を塩化ビニールの樹脂で包んで、
ドア枠の四方をガードしています。

ウェザーストリップは、クッション材としてドアの戸当りとしても機能して
いますから、常にドアの開閉で衝撃を受けますし雨風の影響もありますから、
10~15年毎に交換が必要となります。

写真は、15年以上経った勝手口ドアの敷居(ボトムシル)付近。

縦と横とにウェザーストリップが装着してありますが、表面の塩ビが
破れて中に入っているウレタンもボロボロになってきています。

こうなってしまうと気密性能やクッション性も失われ、すきま風が
入ってくるばかりか、強い台風の際には雨が室内に入ってくるかも
知れません。

私たちはこうしたウェザーストリップの材料を常にストックして
いますから、交換したいという方にはお分け出来ますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-23 10:53 | メンテナンス
c0108065_11310401.jpg


輸入サッシの網戸ですが、網戸をサッシに固定しておく為には
メーカーによっていろいろな方法が用いられます。

一番簡単なものは、板バネを使って固定するものですが、
網戸ピンを窓枠の溝に差し込んで固定する方法もあります。

こうした方法の固定は、マーヴィン(Marvin)やハード(Hurd)、
ローウェン(Loewen)といったアルミクラッドの木製サッシに
使われていることがしばしばです。

写真は、古いマーヴィンのダブルハング・サッシに付いている
網戸を拡大したものですが、固定ピンが劣化して欠損してしまったのか
ピンの代わりに仮止め用の釘を差してあるようです。

釘の頭にピンク色の樹脂が付いていますが、鉄の細い釘では
すぐに錆びてなくなってしまうかも知れません。

大して高いものではありませんから、網戸の固定部品は少し余分に
調達しておいても損はありません。

固定部品がなくなって網戸が落下してしまえば、網戸フレームが
曲がってしまったり、網のスクリーンが破れてしまったりします。

そうなると、費用も高く付いてしまいますからご注意下さい。

<関連記事>: 網戸の固定ピン、劣化していませんか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-22 11:42 | メンテナンス

正統派の赤レンガ

c0108065_09035970.jpg

久々に外壁に積むカナダのレンガをご紹介したいと思います。

このレンガの名前は、セント・ジェームス。

MAXブリックと呼ばれるサイズの大きなレンガで、赤いレンガの
中に黒っぽいレンガが所々に含まれているデザインになっています。

こうした配色は、以前私たちが施工したヘリテージ・ブラウンという
レンガと同じですが、こちらのレンガの赤い色は少し明るい感じが
します。

デザインはオーソドックスな赤レンガですから、白いサッシや屋根の
軒ラインとの相性もピッタリです。

また、2階部分のサッシに付けられたオーバル形のラウンド・トップを
囲む縦積みのレンガやキーストーンも美しいですね。

是非皆さんも外壁に本物のレンガを積んでみては如何でしょうか。
こればかりは、本物でしか味わえない重厚感と美しさがありますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-21 09:15 | 外装工事

100年後に、もう1軒

c0108065_10383124.jpg


初めて家づくりをされる皆さんは、新築の建物に目一杯の力を
注ぎます。

一世一代の大きなイベントですから、その気持ちはよく分かりますし
それくらいの熱意でないといいおうちは出来ないと思います。

気持ちだけでなく、その時自分が用意出来る資金も住宅ローンを
組んで目一杯使います。

そうやって出来上がったおうちは、本当に素晴らしく喜びも
ひとしおではないでしょうか。

ただ、そこで注意して欲しいのは、その家を維持していく為の
メンテナンス費用です。

私が最近お客様にお話しするのは、「メンテナンス費用は、10年毎に
新築費用の10%程度を掛けて下さい」ということです。

外装を保護する塗り替えや防水処理、給湯器などの住宅設備の交換、
ドアやサッシの調整メンテナンスなど、定期的に行わなければならない
補修は必ず必要となります。

これは車の維持管理と同じで、人間が造ったものであれば手入れが
必要ということです。

でも、多くのご家庭では子供たちの教育費や車の買い替え、旅行など
の出費が重なって、家のメンテナンス費が頭にない人がたくさんいます。

そういう場合、いざ外装の塗装が切羽詰まった状態になっても、それに
目を瞑って放置してしまうなんてことになる訳です。

一度悪くなった家を元に戻すのには、更に多くの費用が掛かりますから
最終的には家を建て替える方が手っ取り早いと考えるかも知れません。

それではせっかくの財産をゴミにしてしまい、また新たなローンを
組むしかなくなります。

新築する時にもう1軒分の資金も用意しておくべきとは思いませんが、
10年毎に必要な資金の確保を念頭に置いて、生活設計をしていく
ようにお願いしたいと思います。

新築する皆さんには、少なくともそういう覚悟を持って家づくりを
考えて欲しいです。

100年経った時に10回分のメンテナンスをしている訳ですから、
その時はもう1軒建つくらいのお金を使っていると思いますが、
30年で建て替えするよりは何軒か分の新築費用がご家族の手元に
残っているはずです。それが財産になるのです。

そして将来の補修費用を抑えたいという方は、初期投資は必要ですが、
レンガ積みの外壁や天然スレートの石の屋根材がお勧めです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-20 11:06 | メンテナンス
c0108065_10433271.jpg


アメリカン・スタンダード社で作られているGreen Tea Collection
というシリーズのバスタブです。

欧米の人は、寝転ぶようにお風呂に入りますから、バスタブの全長は
1.8mにもなります。

また、寝転んだ際に首を支えられるように、ネック・サポートなるものが
写真手前側に取り付けられています。

日本では浴槽は部屋の壁際に設置するのが普通ですが、バスルーム
(欧米では洗面スペースも含みます)の中央に鎮座させているところも
インテリアのアピール・ポイントです。

ゆったりした美しいバスタブの中で、マッサージ・ジェットの泡に体を
委ねる至福のひととき。

あなたの家づくりでもこんなバスタブは、如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-02-19 10:51 | 輸入設備