輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2018年 06月 ( 19 )   > この月の画像一覧

c0108065_10451112.jpg


昨日、朝の通勤時間を襲った大阪北部地震(まだ仮の名称ですが)。

地震自体の規模としては、然程大きなものではなかったのですが、
大阪では直下型の地震であった為、被害が拡大した感じです。

でも、今回住宅への被害は、最小限であったと言っても過言では
ありません。ほぼ無傷だったようです。

これは、すごいことだと思います。今の基準で耐震化されていない
住宅も多かったはずですが、日本の家は軽く、揺れに対しては
しなやかに対応するということが功を奏したと思います。

ただ、社会の混乱は酷かった。あらゆる鉄道は一日ストップし、
人々は家にも帰れず会社にも行けず、大きな停電やガス漏れが
発生し、水道管が至る処で破裂した。

いくら家の強度が上がったとしても、脆弱な社会インフラが
直下型地震では成す術なく崩壊してしまったのです。

この程度と言っては語弊がありますが、より大きな東海・東南海
南海地震が同時に発生したらどうなるでしょう。

復旧まで何日も掛かるというレベルではなく、東北の大震災の
ように何年、何十年も掛かることになるかも知れません。

勿論、家へのダメージも今回の地震のようにはいかないでしょう。

少子高齢化で職人は不足し、資材も足りない状況となるはずです。
皆さんは、そういう状況になったらどうしますか?

天災は、地震だけではありません。強烈な雨風のスーパー台風や
竜巻・突風、20m以上の高さのある津波、火山噴火による降灰。

私たちは、あらゆる災害について今から考えるべきでしょう。

でも、輸入住宅は意外と復旧が早いかも知れません。
資材は、災害の影響がない北米から調達するのですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-19 11:06 | 全般

輸入網戸を作ります

c0108065_10275556.jpg


最近、輸入サッシの網戸を作って欲しいというご依頼が増えてきました。

やはり、梅雨時になって部屋が湿気ってきますから、窓を開けたい
ですもんね。

今回もミルガード(Milgard)社の窓の網戸を2枚と今後の修理用に
網戸のコーナー材や取っ手の予備も購入したいという相談でした。

写真のものは、シングルハング・サッシの網戸ですが、恐らくこれと
同じ形のものが破損したので、これを参考に調達して欲しいという
ことだと思います。

以前にも記事に書いた通り、ミルガードは日本に販売代理店がありません。

また、日本向けではあまりアフターサービスに積極的ではありませんから、
私たち ホームメイドで適合する部材を輸入して、同じ形状・大きさの
網戸を作ることとなります。

輸入の網戸は、国産のものよりも比較的丈夫に作られていますが、
10年以上経っていれば落下させて曲げてしまったり、プラスチックの
コーナー材や取っ手、グラスファイバー製のスクリーンなどが
劣化したりしてくることは仕方ありません。

国内のサッシ屋さんやリフォーム業者では、製作を引き受けてくれる
ところはないでしょうから、私たちが何とかするしかありません。

どこの輸入サッシ・メーカーのものにしろ、製作前にはいろいろ詳細を
お伺いすることになりますが、出来上がりは新築時の新品と全く同じ
になりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-18 10:39 | メンテナンス
c0108065_11511878.jpg


この写真は、今朝沖縄タイムスのNETニュースに掲載された
「台風6号で瞬間風速62mを観測した伊江島空港事務所の窓ガラス」。

サッシのアルミ・フレームは曲がり、ガラスは粉々に砕けている。

でも、この台風は、然程強いというフレコミもなく、現に今日の
午前中には温帯低気圧になってしまっている。

地球温暖化は、普通の台風でも何某かの特別な能力を与えてしまう
恐ろしい環境変化と考えてもよさそうである。

日本の住宅(建物)は、東南海地震といった強い地震に耐えられる
という住宅メーカーの宣伝文句で建築されています。

でも、ハリケーンのような強い台風や竜巻のような突風に耐えられる
といったアメリカにあるような建物は一つとしてありません。

安さを追求するあまり、サッシ・フレームを薄くして、窓やガラスの
強度を最小限にしていないだろうか。

災害は、地震や津波だけではないことを忘れてはいけないのです。

これから新築・リフォームをお考えの方は、突風対策を施した
輸入サッシを導入することも必要かも知れませんよ。

<関連記事>: スーパー台風・突風対応型高強度輸入サッシ

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-17 11:58 | 輸入住宅
c0108065_17345669.jpg



メーカー不明の樹脂サッシのケースメントです。

このサッシには、マルチロックという機能が付いていて、1ヶ所で
操作すると4ヶ所の位置でロックが掛かります。

白い矢印がロックレバーで操作する位置、赤い矢印が実際に
鍵が掛かる位置です。

お値打ちバージョンのサッシでは、操作箇所とロック箇所は
それぞれ1ヶ所。

それも操作がしやすいように、窓の下の方の高さにありますから、
窓の上の方が窓枠に十分引き込めないということが起こります。

つまり、窓の建具(障子)が、垂直になっておらず、建具の上部
が屋外側に倒れ込んだ状態で窓が閉まるということになります。

これを繰り返していると、建具のディメンションが徐々に
崩れてきて、そのうち鍵が固くなったり、ロックが出来ない
というトラブルにもなるのです。

そういう点では、マルチロックは防犯性や気密性が高くなりますし、
建具の歪みも極力抑えることが出来るので安心して使えますが、
絶対に歪まないという過信は禁物。

もしマルチロックに不具合が出ると、シングルロックより
修理部品の点数が多くなりますし、その分コストも掛かります。

日頃より窓の金物や気密パッキンの掃除や手入れを怠らない
ようにしたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-16 17:49 | 輸入設備

修理後の雨漏れ検査

c0108065_15495245.jpg



お金を頂く程のことではなかったのですが、ちょっとだけ
気になっていたメンテナンスがあったので、少々遠かったですが
伺いました。

岐阜県海津市の輸入住宅で以前バルコニーの床が腐ったという
記事を書かせて頂きましたが、修理後久々にお伺いした次第です。

雨がオーバーフローしてバルコニーの床がプールのようになって
バルコニーの構造を腐らせ、シロアリまで入り込んでいたと
いう酷い状態のバルコニーでした。

修理の後、特に問題は発生していませんが、雨水等が構造内に
入り込んでいないか、今回サーモカメラでチェックしました。

その際の状況を報告書という形でまとめたのが、こちらです。

上の映像は、サーモカメラで撮影した建物の温度状況。
下の映像は、サーモカメラで同時に撮影した建物の写真。

お布団が干してあったりした部分は、日陰になっているので
温度が少し低くなります。

また、構造の柱材がある部分も空気があるスペースより温度が
低くなっているようです。

しかしながら、全体的に温度分布が均一で、雨漏れや湿気が溜まって
局所的に温度が下がっているという所はないようです。

それにしても、外壁や内装をめくらないで内部の雨漏れチェックが
出来るなんて、すごい世の中になったものです。

雨漏れや内部結露、家の断熱でお悩みの方は、如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-15 16:05 | メンテナンス
c0108065_15274924.jpg


静岡からハード(Hurd)社製アルミクラッド・オーニング・サッシの
ペアガラスが割れてしまったという相談を頂きました。

やはり、ガラスが割れたままでは、防犯や台風などが心配ですね。

どうして割れたのかは不明ですが、19年前に施工された木製窓の
建具を調達するというのは、国産サッシではあり得ないことですね。

サッシ・メーカーに寸法やガラスの種類、格子のあるなし、アルミの
外装色や施工時期等を連絡した上で、今回も新しい建具を製作可能
との回答がありました。

但し、室内側の木部は無塗装で出荷されてきますから、防水塗装や
外装の防水処理は私たちの方で行います。

因みに、ハードは既にシエラパシフィック・ウィンドウズという
会社になってはいますが、ハード時代のサッシのアフターサービスは
今の処全く問題ないようですから、ご安心を。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-14 15:38 | メンテナンス
c0108065_10021800.jpg


上げ下げ窓のダブルハングですが、ご覧のように上窓(アッパーサッシュ)
の下枠の木が腐っています。

こういう場合、上窓自体を新しいものに交換するか、それが出来なければ
木製の下枠部分だけを加工して付け替える方法があります。

ただ、このサミット(Summit、Wenco)という窓メーカーは、別の
メーカーに吸収されて今は存在していません。

ですから、もう新しい建具を作り直してもらうことが出来ないのです。

また、このメーカーのサッシは、窓構造に問題があり、外側をカバー
するアルミと木部との間に内部結露が発生するリスクを抱えています。

ということは、下枠を付け替えても、結露してまた同じように腐って
くるという恐れが生じることも覚悟しなければなりません。

であれば、安心出来る別の輸入サッシ・メーカーの建具を既存の
窓枠にはめこめれば、この不安は解消されるはず。

そこで考え出されたのが、旧ハード(Hurd)社の現シエラパシッフィック
(Sierra Pacific)のユニバーサル・サッシ・パック・キット。

既存の窓枠の高さに合わせた寸法で上下の建具を製作し、建具を両サイド
で挟み込んでいるサイド・ジャムを新しい建具に合わせたデザインの
ものに交換するのが、このキット。

窓枠をそのまま使い、そこに新しい上下のサッシュを入れれば
木製サッシを修理することが出来るのです。

慎重且つ正確に既存の窓の寸法を計測する必要がありますし、場合に
よっては既存の窓枠側を加工する必要もありますが、外壁や内装を
触って窓全体を交換するよりは、リフォーム費用や時間をセーブ出来る
かも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-13 10:16 | リフォーム

時間が経っても美しい

c0108065_12010319.jpg


こちらは、四日市市の輸入住宅で17年前に施工されたドライウォール

淡い天窓からの光が差し込んで、美しい光と影の陰影が出来ています。

お客様に話を聞いてみると、当時体の大きな外人の職人さんが
この内装の施工をしてくれたそうな。

実は、私も彼のことはよく知っていて、彼がアメリカに帰るまで
何軒かドライウォールの仕事をしてもらったことがありました。

外人さんと聞くと、日本人よりも仕事が雑でいい加減というふうに
思われる人もいるかも知れませんが、決してそういうことはありません。

逆に、変な日本人の職人よりもずっとまじめで仕事に対する知識も
豊富でした。

吹抜けということもあり、壁のコーナー部分は垂直にクラックが入って
いましたが、壁や勾配天井の平面には割れが一つもありません。

また、アーチになった壁の部分には、角を丸くするブルノーズが
入れられていて、優しさを感じるインテリアに仕上げています。

こういうインテリアが、日本でも増えることを願って止みません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-12 12:07 | 内装(造作)工事
c0108065_13362117.jpg


ペラ(Pella)社製のアルミクラッド・サッシに取り付けられている
マルチロックが掛からないというトラブルです。

一番下に見えるロックレバーを下に降ろすと、上にある2つの鍵爪が
室内側に引き込まれて鍵が掛かるという仕掛けですが、レバーが
これ以上下げられず鍵爪も中途半端な位置で止まってしまうのです。

こういうトラブルは、以前岐阜の現場でもありましたが、鍵爪を
作動させる金物が破損して、欠損した欠片が部品の中で作動を邪魔
しているというのが原因だと思います。

破損した原因は、はっきりしたことは言えませんが、無理な力で
ロックを操作し続けたことかも知れません。(経年劣化も考えられます)

こういう場合、ロックのシステムが隠れている窓の木枠を一旦外して
金物を露出させなければ交換することは出来ません。

これがなかなか面倒な作業なんですが、それしか方法はないんです。

更にここは、階段の途中に付いている窓ですから、足場的に大変です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-11 13:45 | メンテナンス
c0108065_12152805.jpg


ウィンテック(WinTech)社の樹脂サッシに取り付けるペアガラスが
アメリカから入荷してきました。

サッシ・メーカーにオーダーして調達する方法が一番ですが、会社が
なくなってしまったり、そういったアフターサービスにあまり
積極的ではなかったりする場合は、他社にガラスの製作をお願いする
しか方法はありません。

そういう調達ルートがあるというだけでも、本当にラッキーだと
思いますし、困っているお客様の力添えになれることは幸せでもあります。

今回も実際に割れたガラスの寸法を計測し、全く同じサイズの新しい
ペアガラスを作ってもらいました。

ペアガラスには白い飾り格子も入っていますし、ガラスは普通の透明
ガラスではなく、目隠しの型ガラス(表面がブツブツしたデザインの
ガラス)になっています。

輸入の樹脂サッシで、ガラスが割れたりペアガラスが曇ったりして
困っているという皆さん、ちゃんと直せますから相談して下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-06-10 12:24 | メンテナンス