輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2018年 09月 ( 21 )   > この月の画像一覧

c0108065_14041839.jpg


恐らく2000年より前に設置された輸入のアルミクラッドサッシ
だと思われますが、ガラスに何か不具合があるので交換したい
というご相談でした。

こちらの木製サッシは、スチール製外部ドアで有名だった
ピーチツリー(Peachtree)社のダブルハング・サッシです。

ドアは、どこの輸入住宅の勝手口にも付いていましたが、
サッシの方は珍しかったように思います。

今現在、ピーチツリーという会社は存在しませんから、アフター
メンテナンスは金物部品を除いて不可能な状況になっています。

今回のペアガラスについても、建具(障子)からガラスが外せる
構造であれば、交換可能ではありますが、頂いた写真を観察すると
どうやら木枠又はアルミ枠を壊さないと、ガラスは取り出せない
ようでした。

こうした構造は、ガラスをガッチリ挟み込む点で強度や防犯性も
いいように思いますから、マーヴィンやハードなどのアルミクラッド
サッシで多く採用されています。

ただ、ガラスが割れたり曇ったりした場合は、建具ごと交換
しなければなりませんから、痛し痒しの処がありますよね。

今回は、その建具も手に入りませんから、この大きさに近い
他社のサッシに交換する以外方法はありません。

雨染みもあるようですから、雨漏り防止の観点からも新しい
アルミクラッドサッシに付け替える方がいいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-21 14:16 | メンテナンス
c0108065_17292168.jpg

ハード(Hurd)社の古い高級バージョンにヒートミラー仕様という
ペアガラス・サッシがありました。

ペアガラスの内部に断熱性能の高い熱遮断フィルムを張ったもので、
見た目は殆ど透明なガラスと変わりませんでした。

ただ、20年も経過すると、このフィルムが剥がれたり、曇ったりして
景色がよく見えなくなることがあるようです。

また、剥がれたフィルムのクズが、ペアガラス内部の底に溜まって
見苦しく感じるかも知れません。

取り敢えず、ガラス内部に水が入って腐食を起こしている訳でも
ないですし、隙間が生じて気密性が失われることもありません。

ただ、晴れているのに曇った景色しか見えないというのは、
何か変な感じですよね。

そう感じる人は、ハードのLOW-E断熱ガラスが入った建具に
交換するのがいいかも知れません。

確か昔、カナダのローウェン(Loewen)社のアルミクラッド・サッシ
でもヒートミラー仕様のガラスがあったような記憶がありますね。

何れにしても、窓メーカーがアフターサービスをしてくれるうちに
交換しておきたいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-20 17:44 | メンテナンス

雨が染みると割れやすい

c0108065_13584259.jpg


短い通り雨が降った直後に15年以上経った輸入住宅の屋根の
写真を撮りました。

カラーベスト・コロニアルと呼ばれる薄いコンクリートの板で
出来たスレート瓦(本物のスレートではありません)。

こうした国産の材料は、表面に塗装を施すことで雨や太陽から
屋根材を保護しています。

ただ、環境条件の厳しい屋根という場所では、塗装はあまり長く
持ちません。

昔は塗り替え時期を15年なんて言っていましたが、地球温暖化で
紫外線が強くなった昨今では10年くらいしか持たないのです。

さて、写真の屋根材に話を戻してみましょう。全体的に屋根が
乾き始めていますが、屋根材が重なってみえる部分だけは
雨水が染みた感じになっています。

私が思うに、屋根材の塗装自体は既にその役割を果たしていない
ような気がします。

通常であれば、防水塗装によって雨は表面に浮いた状態になり、
流れ落ちる感じであるはずですが、塗装が機能していないと
コンクリートが雨水の一部を吸ってしまいます。

染み込んだ水が屋根材の下(防水シートの上)まで到達したり、
水が傾斜に沿って徐々に屋根材から出てきたリしている感じが
します。

屋根の表面に張ってある屋根材が劣化したとしても、すぐに
雨漏れすることはありません。それは、防水シートが本来の屋根
であるからです。

でも、防水シートをカバーしている屋根材の劣化が進み、台風の
強い雨風や補修の際に人が載ったりすると、屋根材が割れたり
脱落したりする危険が生じますから、このままではいけません。

それは、カバーがなくなれば、防水シート自体が劣化を起こし
雨漏れの原因ともなるからです。

もし皆さんのおうちの屋根も同じような状態になっているようなら、
表面の汚れを落とし、シーラーと上塗りの防水塗装を早めに実施
したいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-19 14:14 | メンテナンス

排水フタの脱落

c0108065_14464403.jpg


愛知県豊田市の輸入住宅にお邪魔して、コーラー(Kohler)社の
バスタブ(浴槽)のメンテナンスをしてきました。

ご覧のように排水口に差し込んであった排水フタの部品が外れ、
開閉ハンドルで操作出来なくなっています。

このフタの部品は、比較的簡単にハンドルと連動出来るようになる
はずなのですが、うんともすんとも動いてくれません。

仕方がないので、原因を探るべく排水口の上の方にあるハンドル
部分を外して、配管の中の様子を見てみました。

するとそこには接続する為の部品がどこにもありません。

以前はフタの開閉を操作出来ていたということですから、接続
部品自体は存在しているはずです。

もしかしたら、部品が劣化・欠損して配管内に脱落したのかも
知れませんが、そういう場合は何とか取り出さなければなりません。

今回は、使えそうな道具も何もなかったので再度挑戦となりますが、
何とか接続部品を取り上げたいと思います。

多分、根気と時間が必要で面倒な作業となるのでしょうが、
やれる人がいなければやるしかないですよね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-18 14:57 | 輸入設備
c0108065_22041441.jpg


古いハード(Hurd)社のアルミクラッド木製サッシは、小さな
針の付いたバタフライ型のグリルピンで飾り格子を取り付けて
いました。

こうした格子の留め方は、他の輸入サッシでも採用されていましたが、
新しい製品では違うやり方に変えてしまったものも存在します。

旧ハード社のシエラパシフィック社のサッシでも、既に違う取付け方に
なっています。

透明のプラスチックで出来た蝶々のようなデザインは、少しお洒落な
雰囲気を醸し出しますが、装着してしまうとご覧のようにギザギザ
した部分が見えるだけで、あまり主張をしなくなります。

こうした小さな部品は、まだアメリカ国内で手に入れることが可能
ですから、破損してしまっても交換することが出来ますよ。

勿論、様々なグリルピンも手に入るはずですから、お困りの方は
ご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-17 22:13 | メンテナンス
c0108065_23170687.jpg


昨日は、35年以上前に卒業させて頂いた昭和高校で文化祭が
ありました。

私がいた頃は、学校の中だけでやっていた行事でしたが、
今は入学希望の中学生やその親御さん、他校の生徒さん、
OB・OGの卒業生の皆さんにも開放され、俄然盛り上がる
イベントになっています。

そんな文化祭ですが、OB・OGの同窓会でも何か貢献出来ないか、
皆さんに存在をアピール出来ないか、ということで何年か前から
焼きそばや唐揚げ、天むすを提供する屋台ブースを出しています。

1棟と2棟の間にある中庭の一角にテントを立てて、おやつ程度
の食事を出す訳ですが、素人集団の我々には結構なハードルが
あるのです。

今回は、先日行われた同窓会の総会で、同窓会の会長につかまって
しまい、手伝いをしろと言われて仕方なく出動したのが本音です。

朝6時前に起きて、7時半には高校に到着。でも、既に生徒さん
たちは相当数準備の為に校内をうろうろしているではありませんか。

自分たちも文化祭の時は、生徒会の名目で1日だけ学校に泊まって
朝の静かな校内を楽しんだ記憶がありますが、そんな子供たちも
いたんじゃないでしょうか。

で、朝早いからと余裕をかましていた私ですが、先輩方から
すぐに唐揚げを揚げ始めろという指令を頂き、仕込みからいろいろ
教えて頂きました。

開場となる午前9時には随分商品が机に並び、少し休もうなんて
考えていましたら、あれよあれよという間に生徒さんが並び、
10時過ぎには天むすと焼きそばが完売。

唐揚げもすぐに底を付き、行列は25m以上。

教室の出し物も全く見れず、昼食も取れず、午後3時前の
終了時間までただただ唐揚げを作り続けた私たち。

でも、そのお陰で過去最高の売り上げになりました。
そのお金は、材料代を引いて同窓会の費用に充てられます。

同窓会は、基本現役の生徒さんたちの支援や公費では賄えない
学校の設備を充実させたりすることにそのお金を使います。

70周年の時は、全教室にエアコンを設置する為に貯めた基金も
取り崩してお金を使いました。

勿論、ブースの私たちも、ボランティアのお手伝い。
そういう気持ちが、昭和高校を支えているという自負もあります。

今回の記事は、家づくりとは何ら関係がないお話でしたが、
たまにはこういう奉仕活動もやるんですよ(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-16 23:32 | 独り言
c0108065_18540518.jpg


愛知県の輸入住宅にお住まいの方から、アンダーセン(Andersen)
のダブルハング(上げ下げ窓)に付いているバランサーの吊り糸が
切れたので交換したいというご相談を頂きました。

そのおうちは、新築から28年の月日が経っているとのことですが、
一度もバランサーを交換したことがないそうです。

通常、10~15年程度で交換時期を迎えるバランサーですから、
おおよそ倍の年月を使い続けたというのは驚異的かも知れません。

バランサーの糸が切れると、重い建具(障子)をバランサーが
持ち上げてくれなくなりますから、上げるのに相当な力が必要
ですし、上げてもすぐに落ちてきてしまうので、破損の危険が
生じます。

ですから、糸切れを起こしたサッシについては、開かずの窓に
なってしまい、長年空気の入れ替えも出来なくなるという
パターンが多いのです。

今回のご相談では4ヶ所程度のサッシで糸切れを起こしている
ようで、他にもダブルハングは10ヶ所もあるそうです。

ナローラインのバランサーについては、メーカーは未だに供給を
続けていますから、交換不能に陥る心配はありませんが、
交換作業は慣れていないと結構大変です。

同時期に製造された窓やバランサーは、メンテナンスのタイミング
もほぼ同時期来ていると言っても過言ではありません。

今回悪くなった4ヶ所のバランサーを交換する案もありですが、
近いうちに他も糸が切れて交換に伺うことが想定されますから、
長い目で費用を抑えたいのであれば、全てのダブルハングの
バランサーを交換しておいた方が安上がりな気がします。

また、何ヶ所か建具の木枠が腐ってきているという不具合も
あるということですから、建具の交換と一緒にウェザー
ストリップの交換や外側のガラスや枠の防水処理をやっておく
のが一番だとも思います。

ただ、長年蓄積されたたくさんの不具合を一気に全部直すと
いうのは、費用も時間もそれなりに必要となりますから、
予算とタイミングを考えながら優先順位を付けて修理する
ことを行って欲しいと思います。

だからと言って、不具合を更に長いこと放置してしまうと、
更に修理費用が上がってしまうことにもなりかねませんから、
対処は出来る限り早めにすることを心掛けて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-15 19:05 | メンテナンス
c0108065_12505834.jpg


久々に輸入のキッチン水栓金具をご紹介しようと思います。

それは、北米では有名なデルタ(Delta)社のAddisonという製品です。

直線的なシンプル・モダン系のデザインとは一線を画して、流線形の
スタイリッシュな形をしています。

こういうデザインは、やはり国産にはないものかも知れませんね。

この水栓金具は、デザインだけではなく、機能・性能という点でも
最新のものを導入しているようです。

まずは、タッチ・センサー。水栓金具に触れるだけで、水を出したり
止めたり出来るというスグレモノ。この機能は、コンセントから電源を
取るのではなく乾電池を使用しますから、停電の時でも大丈夫。
電池の寿命も2年以上だそうですから、頻繁に交換する必要もありません。

次に止水バルブであるセラミック・カートリッジですが、セラミックで
出来た止水弁にダイヤモンドを混合し、通常の輸入水栓の10倍以上の
耐久性となっているそうです。

半永久的と言われるセラミック・カートリッジですが、長く使っている
と時折水漏れすることがありますから、耐久性を向上させたバルブを
使っているなら更に安心出来ますよね。

そして、長く使っていると気になるのが、吐水口の水垢。これも
吐水口部分の特殊なゴムを指でなぞるだけで取れるように作られて
いるのです。

最後に、シャワー・ヘッドですが、本体とは磁石の力でくっついて
いますから、シャワーホースを伸ばしてお使い頂いた後簡単に元の
位置に戻すことが出来ますから、ホースが出たままになることは
ありません。

他にもいろいろな仕掛けがあるようですが、それは実際にお使い
頂いて確かめて頂くのもいいかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-14 13:03 | 輸入設備
c0108065_13402745.jpg


8月の半ばくらいに、建設業者向けの新聞社から取材をしたい
というご依頼を頂きました。

名古屋市近郊の田舎にある小さな建築ビルダーの私たちですから、
それ程話題性がある訳でもありませんし、大したお話も出来ません。

その新聞社は建通新聞社というところで、主に公共工事の動向や
それに係る建築業者や大型案件を紹介しているらしいのですが、
私たちのような民間向けの事業をしている会社も紹介していきたい
ということでした。

記者の方とも結構話がはずんで2時間以上お話をしました。

いつもホームページやブログで書かせて頂いていることばかりですが、
輸入住宅というニッチな業界で仕事をする意味や戦略は理解して
頂けたような気がします。

文字数も限られた中でこうして記事にして頂いて、皆さんにどれ程
伝わるかは分かりませんが、たまにはこういうことも必要かも
知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-13 13:54 | 輸入住宅
c0108065_15351387.jpg


先日、とある商業施設へ行ってきました。その建物には下屋が
あって、手の届きそうな場所に屋根が来ていました。

ふと見ていると、私たちもよく使う屋根材のアスファルトシングル
が張っているではありませんか。

そこで撮った写真が、こちら。

破風(はふ、ケラバとも言う)と呼ばれる屋根の端は、ガルバリウム
鋼板の鈑金材で納められています。

破風の部分は、屋根材の横面が露出しますから、雨が屋根材の下に
入り込むリスクが生じます。

特に重ね張りをするアスファルトシングルやカラーベストのような
薄い屋根材では、重なり部分に隙間が生じます。

そういう弱点をカバーする為に、こうした鈑金材で処理するという
のは、極々普通のことではありますが、そうでない施工も見られます。
(北米では、ここにシングル材を下張りするケースもあります)

次に、鼻隠しと呼ばれる軒先部分ですが、こちらは通常のアスファルト
シングルが1枚張られているだけでした。

一番下に見える鈑金材の上に、2枚薄い屋根材が張られているように
見えますが、実はベースとなる薄い材料の上に化粧のものが接着した
状態で1枚の屋根材という構成のものですから、屋根材は2枚では
なく、1枚なんです。

アスファルトシングルの軒先の施工は、通常捨て貼り用のシングル材
(スターター)を下地材として取り付けてから、通常のシングル材を
重ね張りしなければなりません。

こうすることで、強風による雨の吹き上げ(雨漏り)等から屋根を
守ることが可能となります。

ただ、以前から申し上げているように、通常屋根材と言われて
いる表面材は、防水を司る本来の屋根材ではありません。

その下に敷かれている下地材のアスファルトルーフィングが
屋根材としての防水機能を果たしていますから、これを如何に
太陽光や風雨からカバーしていくかが、アスファルトシングルの
役目となっているのです。

<関連記事>: 絶対ダメじゃないけど、・・・ (2018年8月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-12 15:53 | 外装工事