輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

<   2018年 09月 ( 30 )   > この月の画像一覧

c0108065_19531611.jpg


こちらは、先日お客様の輸入住宅で不具合を起こしたクレストライン
(Crestline)社製のアルミクラッド輸入サッシ。

雨漏れをしていたことに長年気付かず、最近窓を開けることがあった時
こうなっていることを発見したそうです。

短手方向にあるはずの木枠の殆どが、腐って脱落しているのが
分かります。

実は、このサッシの建具(障子)は、上下を逆さまにして撮影しました。

つまり、腐った建具枠は、下側の枠ということです。

雨は、当然のように上から下へ流れます。外装のアルミ枠のつなぎ目や
ガラスとアルミ枠とが接する部分が、雨が入り込む一番リスキーな
場所と言えます。

そういった場所から入った雨水が、木枠の下へと落ちていき、
外に排出されることなくサッシの内部で溜まってしまうのです。

外に水が出てくれば、気付く機会も多くなるかも知れませんが、
出てくる時は木枠に穴が明くくらい既に相当腐っている状況である
ことが殆どです。

こうなることを予防するには、出来るだけ全ての窓を開ける習慣を
付けることと、雨が降った翌日はアルミクラッドのサッシが乾く
ように風を通してあげることです。

特別面倒な作業ではありません。当たり前のことを普通にやれば
いいのです。ただ、たまには防水塗装やコーキングもして下さい。

今非常に強い台風24号が名古屋の手前まで来ています。皆さんの
おうちにも被害がないことをお祈りしています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-30 20:08 | メンテナンス

デザインを変えて美しく

c0108065_19274994.jpg


愛知県のお客様から洗面にある輸入の水栓金具が古くなってきたので、
交換したいというご相談を頂きました。

白いレバーや台座のクラシックなデザインの洗面水栓ですが、
蛇口の頭に付いているはずのポップアップのツマミがなくなって
いますし、同じくポップアップの排水口のフタもありません。

長年使っていると、こういう場所が錆びて欠損してしまうことは
よくあることです。

特に日本の洗剤は結構強いものもありますから、金属が溶けて
しまうこともしばしばです。

今回お客様と相談させて頂いて、同じような雰囲気で少しデザインを
変えたものをアメリカから調達しようと考えています。

せっかくの輸入住宅ですから、国産の水栓金具で雰囲気を壊したく
ないですもんね。

また、新しいものが付きましたら、レポートさせて頂きます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-29 19:37 | 輸入設備
c0108065_15352224.jpg


こちらは、サーマツル(Therma-Tru)社のファイバーグラス製
木目調玄関ドア。

マホガニー色と呼ばれるエビ茶色の高級感のある玄関ドアですが、
塗装が剥がれて木目も薄く感じられるようになりました。

ファイバーグラス製のドアは、グラスファイバーの繊維を樹脂で
固めた表面パネルの上に木目を模した型を押して作られています。

ですから、無塗装の状態では、味気ないプラスチックの扉といった
感じなんですが、木目を描き出す専用の塗料で上手に塗装をすると、
木製のドアと見分けが付かないくらいリアルな木目が浮かび上がります。

ただ、本物の木製でもこうしたファイバーグラス製の玄関ドアでも、
10年もすれば塗装は劣化してくるものです。

木製ドアの塗装の劣化は、木の劣化を招き表面の木が剥がれたり、
木自体が割れたりする原因となります。

ファイバーグラス製の木目調ドアの場合は、樹脂自体が劣化を起こし
木目を作り出す凹凸が少なくなったり、塗料の乗りが悪くなったり
します。

いつまでも美しい輸入の玄関ドアを維持していきたいのであれば、
ドアの調整メンテナンスと共に、塗り直しを行って欲しいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-28 15:50 | 塗装工事
c0108065_22063865.jpg


こちらは、先日お客様の輸入住宅で吹き飛ばされたアスファルト
シングルの屋根材を撮った様子です。

横方向に一列、二列といった具合に、美しい屋根材が剥がれています。

この他にも先般から続く台風で、屋根材が剥がれたおうちが、いくつも
あるのですが、どこでどんな強さの風が吹くか分からない状況では、
どんな屋根材であろうと、絶対剥がれない保証はありません。

ただ、写真をよく見ると、剥がれた屋根材の場所には黒いシートの
ようなものが覗いています。

実は、これが本当の屋根材(防水材)であるアスファルトルーフィング
という材料です。

これがしっかりしている限り、屋根から雨漏りをすることは
ありませんから、ただちに屋根にリスクが生じることはありません。

それにしても、月曜くらいにまた名古屋周辺に強くて大きな台風が
やってきます。

今年は、温暖化のせいか強烈な台風が多いですから、また他の
お客様のお宅で屋根が破損しないか心配ですが、自然現象では
手の施しようがありませんね。

何れにしても、台風による家のトラブルには十分お気を付け下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-27 22:28 | メンテナンス

網戸の取っ手も適宜交換

c0108065_09474240.jpeg


北海道のお客様から輸入サッシの網戸のメンテナンスについて、
お問い合わせを頂きました。

主に樹脂サッシの網戸には、取り外し(取付け)を行う為の
取っ手(つまみ)部品が付いています。

これを持ち上げるように引っ張ると、網戸を外すことが出来る
のですが、プラスチックで出来ている部品なので劣化によって
引き千切れてしまうかも知れません。

特に窓の外側に網戸が付いている場合は、長い間太陽や風雨に
曝されることによって、素材の柔軟性が失われてしまうのです。

でも、こうした部品は、国内のサッシ屋さんでは手に入りません。

輸入住宅という小さなマーケットの為に、わざわざ北米から輸入
してたくさんの在庫を持つということはやってくれません。

私たちは、輸入サッシやドアの修理の為にいろいろなパーツを
北米から調達しています。

ですから、お客様からの要望があれば、こうした取っ手を手に
入れることは可能です。

10年以上お使いの輸入サッシであれば、一度網戸の状態をチェック
してみては如何でしょうか。そして、スクリーンや網押さえのゴムの
交換もお忘れなく。

常に家をいい状態にしておくことは、家を長持ちさせる秘訣でも
あるのです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-26 10:04 | メンテナンス

洗える郵便受け

c0108065_13383005.jpg


昨日、玄関のドアや外壁に取り付けるレタースロットについて
ご紹介しましたが、今日は室内側で郵便物を受け取る為の商品です。

その名もスネイル・サック。アメリカでは普通郵便のことを
スネイル・メール(Snail mail)と呼びます。

スネイルとはカタツムリのことを指すのですが、アメリカの郵便は
とにかく遅い。日本のようにどこでも翌日配達されるというような
素敵なシステムはありません。

だから、それを揶揄して、アメリカ人は「カタツムリ郵便」と
呼ぶのです。

そうした郵便物は、いつどのくらい来るか分かりませんから、
常にたくさん入る郵便受けが欲しいのですが、これは大きめの
袋のような形をしています。

写真では少し分かりにくいかも知れませんが、玄関ドアのスロット
の裏側(室内側)にマジック・テープのようなものでこの袋を
留めておきます。

布で出来ていますから結構丈夫ですし、郵便物のインクなどで
汚れても、取り外して洗ってきれいにすることも可能です。

マジック・テープも手紙やA4程度のカタログでしたら、十分その
重さにも耐えることが出来ます。

この郵便入れのバッグの片隅には、カタツムリのイラストも刺繍
されていますから、アメリカ人のユーモアも感じますよ。

レタースロットは付けたが、玄関土間の床に郵便が散乱して困って
いるという方も、是非如何でしょうか?

<関連記事>: 輸入のドアにしか付かないんです (2018年9月24日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-25 13:51 | 輸入住宅
c0108065_13565935.jpg


郵便受けを玄関先に設置せず、輸入住宅の玄関ドアに穴を明けて
レタースロットを取り付けてある光景を見たことがある方も
多いでしょう。

勿論、玄関の脇の壁にこうしたものを取り付けてあるおうちも
多いとは思いますが、ドアにスロットが付いているとデザインの
アクセントにもなって素敵です。

こうしたレタースロットは、国産のアルミドアに後付けする
ことは出来ません。それは、ドアの内部に取り付ける為の下地が
ないことが原因です。

輸入のドアであれば、素材が木製であったり、グラスファイバー製
のものでも下地を挿入することが出来ますから、比較的簡単に
取り付けることが可能です。

写真のものは、ツヤを抑えたブラッシュド・ニッケル色ですが、
当然ゴールド色やアイアン・ブラックなども存在します。

ただ、こうしたスロットを付けても、室内側で郵便を受け止める
ものがないと困っている方もいるでしょう。

でも、アメリカにはそういったグッズも売られていますから、
安心して下さい。

それについては、また明日ご紹介させて頂きますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-24 14:07 | 輸入住宅
c0108065_15581122.jpg


大雨や台風の時、2階にあるベランダがプールのように浸水し
掃出しサッシのレールから水が溢れてきたという経験をした
ことはありませんか。

室内に雨水が入ってくるだけならまだしも、サッシの下の部分から
建物構造の壁の方にも水が入り込んで、1階の壁や天井にも雨漏り
したなんてことになったら、それこそ大変です。

こういうトラブルは、バルコニーの床の排水が間に合わなく
なったことで起こる訳ですが、その殆どは避けることが出来た
ことかも知れません。

写真のように、排水口周辺や雨水を集めて流す中樋というスペース
にゴミや砂が溜まってしまうと、水が思うように流れてくれなく
なってしまいます。

これを長年放置しておくと、排水口が目詰まりを起こし、雨水が
竪樋の中を流れなくなってしまい、ベランダの床に水が溜まる
ことになります。

また、ベランダの床の防水施工を太陽光から守り、長持ちさせよう
ということで、人工芝や置きタイルのようなものを敷き詰める
お客様もたくさんいます。

ただ、こういうことをすると、ゴミや砂が溜まりやすくなり、
その上こういった敷物でその下の状況が見えなくなります。

つまり、敷物の表面はきれいなのに、その下に溜まった汚れは
どんどん蓄積されてくるということになります。

それが極限まで達すると、大雨の時にバルコニーがプールの
ようになるのです。

それを防ぐ為には、ジョイント・マット(人工芝)や置きタイル
を全て撤去して、ベランダに溜まったゴミを全てきれいにする
ことを行いましょう。

こまめに掃除をし、その上で床のFRP防水を10年に一度
塗り直しをすることで、健全なベランダの床を維持することが
可能となります。

これからまだまだ大きな台風や大雨がやってくるかも知れません。

晴れて天気のいい今のうちに、バルコニーや雨樋の清掃をして
みては如何でしょうか。

そうすれば、大きな補修をすることなく、美しく大切なおうちを
安く維持管理出来ることとなるのです。(家の修理や不具合は、
日頃の掃除やメンテナンスといった生活習慣の改善で、ある程度
避けることが出来るはずです)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-23 16:10 | メンテナンス
c0108065_13103951.jpg


東京のお客様から、ミルガード(Milgard)社のスライディング
パティオドア(片引きの掃出しサッシ)の窓枠から水が入ってくる
という相談を頂きました。

何でも外からガラスに水を掛けると、ハメ殺し(FIX)側のドアの
下枠に水が溜まって、室内側に侵入してくるということらしい。

通常は、サッシ枠やドア(建具)の枠のどこかに水抜きの穴が
明いていて、そこから外へ雨を排出するという構造になっている。

勿論、台風のような強い雨風の時は、気密性の高いサッシの場合、
僅かな隙間を狙って雨が吹き込もうとする為、そこから室内へ入って
くるということはよくあることです。

ただ、単純にガラスに水を掛けたくらいでは、水を跳ね返して
しまうはずです。

もしかしたら、水抜き穴がベランダの床のFRP防水を施工した際に
塞がれてしまったか、サッシの周囲を防水する際にコーキング等で
埋めてしまったかしたのが原因かも知れません。

あとは、ガラスと建具枠との間の隙間から水が中に入って、
それが室内側に出てきているということも考えられます。
(そういう状況が長く続くと、ペアガラスも内部結露を起こす
危険性が高まります)

でも、そういう場合に備えて、ガラスの下には水抜き穴が隠れて
いるというのが、多くの輸入樹脂サッシの作り方です。

そんな場所にも汚れやゴミが入り込んで、穴を塞いでいるので
しょうかねぇ?

何れにしても、原因を突き止めて有効な対策を打つことが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-22 13:25 | メンテナンス
c0108065_14041839.jpg


恐らく2000年より前に設置された輸入のアルミクラッドサッシ
だと思われますが、ガラスに何か不具合があるので交換したい
というご相談でした。

こちらの木製サッシは、スチール製外部ドアで有名だった
ピーチツリー(Peachtree)社のダブルハング・サッシです。

ドアは、どこの輸入住宅の勝手口にも付いていましたが、
サッシの方は珍しかったように思います。

今現在、ピーチツリーという会社は存在しませんから、アフター
メンテナンスは金物部品を除いて不可能な状況になっています。

今回のペアガラスについても、建具(障子)からガラスが外せる
構造であれば、交換可能ではありますが、頂いた写真を観察すると
どうやら木枠又はアルミ枠を壊さないと、ガラスは取り出せない
ようでした。

こうした構造は、ガラスをガッチリ挟み込む点で強度や防犯性も
いいように思いますから、マーヴィンやハードなどのアルミクラッド
サッシで多く採用されています。

ただ、ガラスが割れたり曇ったりした場合は、建具ごと交換
しなければなりませんから、痛し痒しの処がありますよね。

今回は、その建具も手に入りませんから、この大きさに近い
他社のサッシに交換する以外方法はありません。

雨染みもあるようですから、雨漏り防止の観点からも新しい
アルミクラッドサッシに付け替える方がいいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-21 14:16 | メンテナンス