人気ブログランキング | 話題のタグを見る

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

引き手が届きました

引き手が届きました_c0108065_20473559.jpg


先日、ポケットドア用取っ手(引き手)部品が破損したので、交換品を
手配するという記事を書かせて頂きましたが、予定よりも随分早く
入荷してきました。

丁度他の調達部品の出荷があったので、それに運よく載せてアメリカから
届きました。

この部品は、単に壁に隠れたドアを引っ張ってきて開閉するという空錠
タイプと、それに加えて内鍵が掛けられるタイプの2つが存在します。

今回入荷してきたのは空錠タイプで、鍵を掛けることは出来ません。

鍵付きにするのは、トイレ用のポケットドアや場合によっては洗面用に
使うこともあるかも知れません。

この部品は真鍮(しんちゅう)の無垢材で出来ていますから、ちゃんと
ケアをすれば、美しいアンティークブラスになってくれると思います。

こうした部材も長年使っていると、破損することもあるでしょうから、
そういう場合はご相談下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2024-02-26 21:01 | 輸入設備

白熱電球を交換出来ます

白熱電球を交換出来ます_c0108065_12561370.jpg


地球温暖化抑制の観点から白熱電球や蛍光灯の国内生産が終了して、
随分時間が経っています。

でも、相変わらず電球の温かみや雰囲気を好きでいらっしゃる方も
多いのではないでしょうか。

そこで、今回アメリカから輸入した電球が、こちら。

岐阜県海津市で外装リフォーム中の輸入住宅に付ける輸入の玄関灯に
取り付ける為に手配をしました。

E26と呼ばれる一般的な電球ソケットに対応していますから、白熱球の
代わりとして問題なく使えます。

また、蛍光灯のようにピカッと白い光を発するものでなく、白熱電球の
ようなオレンジがかった温かみのある光で照らします。

こちらの電球は、オレンジ色をしたLEDのフィラメントが4本入っていて、
まるで古いエジソン球のように光るのもいい感じです。

これであれば、レトロな雰囲気にも合うでしょうし、白熱球のような
電気や熱も減らすことが可能です。

(因みに、このLED電球は800ルーメンスの光を発するのに8Wしか
電力を使いません。また、その寿命は15,000時間以上です)

それから、明かりを調節する調光機能にも対応していますから、
本物の白熱電球のようにお使い頂けます。

ライトがオブジェクトの色を引き出す能力 (つまり、演色) を測定する為に
使用されるCRI(演色評価数)も、「80 +」 ですから、洋服の色も
よりカラフルに、よりビビッドに見えるはずです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2024-02-25 13:04 | 輸入設備
雨が降ると当たってきます_c0108065_20295060.jpeg


以前別件でおうちのメンテナンスをさせて頂いたお客様から、玄関ドアの
メンテナンスをして欲しいというご相談を頂きました。

輸入の木製ドアは、高級ドアで有名だったバファレン(Bufferen)製。

木目の感じからすると、素材は優しい木目の米ツガ(ヘム・ファー)の
ような気がします。

ドアが僅かに傾いている為に、雨が降ってドアの木が膨らむと、向かって
右上部分がドア枠に当たって、ドアクローザーでは閉まらなくなってしまう
らしいのです。

また、晴れの日はドアクローザーで閉まるものの、デッドロックのサムターンが
固くて回らない(強く引っ張ってドアを閉めないと、デッドロックバーがドア枠の
受け金物のヘリに当たってバーがストライクの穴に入らない)そうです。

こういう状況の場合、ドアがその重さで戸先側へ倒れ込んでいるだけでなく、
ドア自体が歪んでいることが考えられます。

となると、単純に2次元方向だけを直すというよりは、3次元でドアの位置を
直さないと全ての不具合を解消することは難しいと思います。

腕のいい建具屋さんであれば、こういう難しい仕事も工夫して直してしまう
はずですが、そういう建具屋さんは本当に少なくなりました。

でも、私たち ホームメイドは、こういう難しい調整も難なくこなします。

それは、こうした不具合をいくつも見てきましたし、それをどうやったら
直せるのかを常に考えて作業をしてきたことが糧になっています。

勿論、そういった経験や知識の他にも、作業の為にドアを固定する道具や
ドアを水平にする道具、重いドアを持ち上げて高さを調整する道具など、
様々な特殊工具や材料も準備していきます。

直しようがないくらいに曲がったりひねったりしているものもあるかも
知れませんが、特殊な場合以外殆どの輸入ドアの修理・調整は可能です。

あと、木の膨張・収縮をある程度抑える為には、ティンバーケアのような
木部専用の屋外防水塗料で塗装しておくことが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2024-02-24 20:40 | メンテナンス
ヒサシがあると、雨漏れ対策にもなります_c0108065_18501895.jpg


こちらは、現在リフォーム工事を行っている岐阜県海津市にある輸入住宅。

リビングの掃出しサッシ(スライディングパティオドア)の前には
大きめの石張りテラスがあって、なかなか素敵です。

ただ、東向きのペラウィンドウ(Pella)製掃出しサッシは雨風の当たりが強く、
雨漏れによる不具合がありました。

そこで、今回掃出しサッシの上に大きめな雨除けのヒサシ(キャノピー)を
後付けすることとなりました。

如何でしょうか、このデザイン。私の友人の金属加工屋さんに頼んで、
本物のアイアン製キャノピーをオーダーで製作してもらいました。

重量は80kg程度あると聞いていますから、下からだけでなく上からも
吊って強度を出しています。

色もサッシの外装色に合わせて、少し薄めの緑色にしていますから、
雰囲気はバッチリだと思います。

少し費用は掛かりましたが、せっかくのリノベーションですから、市販の
安いヒサシで雰囲気を台無しにする訳にはいきません。

新築から何も手を入れていないという方は、メンテナンスのついでに
何かひとつ素敵なことをやってみると、家は随分よくなりますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2024-02-23 19:00 | リフォーム
これを直すにはテクニックが必要_c0108065_16400542.jpg


福岡のお客様から、掃出しサッシ(スライディングパティオドア)の
鍵が破損したので交換したいというご相談を頂きました。

こちらのロックケース(バックセット)のロックラッチが破損して
動かなくなっているようです。

ですから、ロックケースだけの問題であれば、ハンドルやロックレバーを
交換する必要はないのですが、連動して壊れていれば同時に交換しなければ
なりません。

この輸入サッシのメーカーは、ヴァイスロイ(Viceroy)。

カナダでも結構手広くやっていたメーカーですが、何年も前に倒産して
しまいました。

また、ヴァイスロイのサッシに使われている部材は、非常に特殊なものが
多く、こちらのロックケースやハンドルセットも他社では見掛けない
代物です。

それでも、私たち ホームメイドは代替の交換部材を調達することは可能
なんですが、写真の正面に写っているフェースプレート(カバー)だけは
手に入れることが出来ません。

フェースプレートの奥にあるロックケース本体は入手可能ですから、
既存のフェースプレートを本体から外して、新しい本体に付け替えて
やれば使えるようになりますが、両者を接続する部分が鋳物で出来て
いる為に、取り外したり固定したりする時に割れて破損する可能性が
非常に高いのです。

そういうことを慎重に作業しても、恐らく難しいと思いますので、
破損した場合の補修方法を考えておかなければ、リスクの高い仕事に
なるかも知れません。

また、ロックラッチが破損した原因は、部品の経年劣化ではなく
無理に操作をしたことだと思いますので、ロックが楽に掛けられる
状況までドアの建て起こしを調整してやらないと、また同じトラブルに
なりますよ。

こうした部材の破損は、殆どが何もメンテナンスしていないことが
原因の調整不足ですから、輸入サッシは悪くありません。

でも、住宅メーカーや工務店のケア不足を棚に上げて、これを製品不良だと
主張する業者さんもいるらしいです。

何とも情けない話だと思いませんか?そういう点で、日本には建築のプロは
少ないんでしょうね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2024-02-22 16:52 | メンテナンス