人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

防湿シート

c0108065_101741.jpg

建物の下から湿気が上がってこないように防湿シートを敷きます。
# by mikami-homemade | 2009-09-21 10:01

型枠バラシ・埋め戻し

c0108065_9385926.jpg

クラック等の確認
c0108065_939659.jpg

埋め戻しを始めます。
c0108065_9391456.jpg

後々、埋め戻ししたところが沈下しないように、セメントを混ぜ転圧をかけ、水を撒きながら、埋め戻しをします。
c0108065_9392450.jpg

周りと同じように砕石を敷き転圧をかけます。
# by mikami-homemade | 2009-09-20 09:36

深基礎立ち上がり 打設

c0108065_9322621.jpg

打設前の最終チェックです。型枠の高さ・幅・かぶり・位置をみます。
c0108065_9323499.jpg

打設中ピンクの水糸で型枠のずれを確認し調整します。
# by mikami-homemade | 2009-09-17 18:30
ベースコンクリートの高さ250ミリに印をつけます
c0108065_829185.jpg

配筋に対してコンクリートのかぶりを60ミリとります
c0108065_8304066.jpg

打設です、バイブレーターをかけます(分離しないようかけすぎ注意)
c0108065_8315882.jpg

完了、鉄筋のずれを確認
c0108065_833534.jpg

# by mikami-homemade | 2009-09-15 18:33

深基礎配筋

深基礎の鉄筋が組みあがりました。
c0108065_8213425.jpg

c0108065_8214696.jpg
c0108065_8215454.jpg

コンクリートのかぶり、間隔、太さ、位置など打設前に確認です。
# by mikami-homemade | 2009-09-14 08:15

深基礎部の位置だし

c0108065_9215134.jpg
c0108065_9215956.jpg

水糸にあわせ、下のコンクリートに配筋・型枠の位置を記します。
# by mikami-homemade | 2009-09-12 08:09

内部掘り方 

今日は内部掘り方の確認です。
c0108065_9555515.jpg

c0108065_9561197.jpg

赤い水糸が立ち上がり基礎天端+50でしたから
50+450(基礎立ち上がり)+220=720
ちょっとわかりづらい写真です。
c0108065_957611.jpg

c0108065_9573878.jpg

フェンスの設置も完了しました。
# by mikami-homemade | 2009-08-28 18:38

外周と深基礎掘り方

今日も掘っています。
c0108065_17572922.jpg

c0108065_1892773.jpg

上から、貫板の天端が基礎天よりプラス50ミリになっていますから50+350(基礎立ち上がり)+100(ベース天)+250(根入れ)+30(捨てコン)+120(砕石)になっております。
c0108065_17581961.jpg
c0108065_17583081.jpg

深基礎部分も確認済みです。大きな家なので明日まで掘り方はかかりそうです。
# by mikami-homemade | 2009-08-27 18:11

深基礎部の根切り

朝から掘りはじめたとのことで14時頃現場に到着。重機を使っている職人さんが「地盤が堅くて仕事が進まないね~」とのこと。
地盤調査の結果がとても良かったことを思い出し、「お施主様には、いいことですね」と。
c0108065_19352713.jpg
c0108065_1935426.jpg
c0108065_1936524.jpg

c0108065_19512944.jpg
c0108065_19521121.jpg

赤い水糸が基礎の一番上より+50ミリです。
したがって一番底から200+50+250+1,600+50=2,150です。
# by mikami-homemade | 2009-08-26 19:36

配置確認

水盛遣方(みずもりやりかた)です。

水盛遣方とは、基礎の水平や位置、寸法、基礎の芯の位置を確認することを言います。

水盛というのは、昔は水平を出すのに気泡管式の水準器などはありませんので、木枠に水を張り水平を取ったことに由来するようです。
水糸や水杭など「水」ということばがよく出てきます。水平を確認することに関係があるようです。
この後の流れとしては、遣方にしたがい、根切りと言って土を掘り、地業と言って砕石を敷き詰め、捨てコンと言って、鉄筋を組むための水平な場所を作るためのコンクリートを打ちます。
c0108065_1921993.jpg
c0108065_19211766.jpg

# by mikami-homemade | 2009-08-25 19:05