人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
これじゃあ、水は抜けないですよ_c0108065_12241722.jpg


昨日、大治町にある輸入住宅のサッシ・メンテナンスを行ってきました。

様々な作業を行ったのですが、今日はその一つをご紹介しましょう。

写真は、2階のベランダに取り付けられたミルガード(Milgard)社製掃出し
サッシの下枠レールの部分を写したものです。

シルバーのレールの周辺が黒ずんでいるのが分かります。

ここは元来白い樹脂で出来ていますから、こんなに黒くなることはありません。

こちらのおうちは、周囲を畑に囲まれており、周りの家も少し離れた位置に
あることから、風当たりも少し場所です。

ですから、風に運ばれて細かな砂ボコリや排気ガスの油汚れなどが飛んできます。

また、南東からの台風の強い風雨が、このサッシを直撃します。

お客様曰く、台風や強い雨の時にサッシのレールに雨が溜まり、サッシ枠を
乗り越えて室内側に水が溢れてくるそうです。

普段、この部分を見ても水抜きの穴のようなものは見られないのですが、
実は金属レールを外すとサッシの両サイドに小さな水抜き穴が見えてきます。

そこから外に開けられたドレンホールへと雨水が流れていって、排出される
という仕組みになっています。

サッシを開閉したりすれば、砂やホコリは自然と溜まっていく状況ですし、
戸車が付いたドアの下はどうしても僅かな隙間が明いてしまいます。

ですから、何も掃除しなければ、砂ボコリが徐々に下枠内に溜まっていき、
そのうちレール下の水抜き穴を塞いでしまいます。

その後、台風で雨が下枠内に吹き込んでくれば、自ずと雨が溜まってしまい
排出出来ない水が室内へとオーバーフローすることとなります。

輸入サッシが高性能な為に、高い気密性が反って雨を呼び込んでしまう
ということはあるのですが、それに加えて日頃の掃除不足が台風の際の
大きなトラブルとなることを意識しなければいけません。

レールを外して掃除するとレールを曲げてしまう恐れもありますから、
素人の人にはお勧めしませんが、半年に一度レール枠だけでもきれいに
して頂ければ、ある程度オーバーフローを防げるように思います。

勿論、水抜き穴が詰まってしまいどうしようもないという場合は、
私たちのような専門家に依頼して、分解掃除をしてもらうように
して下さい。

あと、雨の当たりが頻繁だったせいか、ペアガラス内のスペーサーに
ヒビ割れや錆びが出てきています。取り敢えず、ガラスの周囲等に防水
処理はしましたが、近い将来ペアガラスの交換が必要だと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-23 12:35 | メンテナンス
セルコさん、どうしたのかなぁ?_c0108065_20284352.jpg


最近、ヴァイスロイ(Viceroy)社製掃出しサッシのドアハンドルについて
多くのお問い合わせを頂くようになりました。

写真はお客様から頂いたものですが、ドアからハンドル等の部品を外して
撮って頂いたようです。

ハンドル自体には問題がなさそうですが、ロックレバーが折れたり
曲がったりして、交換を希望されています。

このお客様以外にも、ハンドルが破損したというお問い合わせを数件
頂いております。

ハンドルは、プラスチックで出来ていますから、鋳物で出来たハンドル
と比べて、どうしても劣化が早くなる傾向にあります。

特に、南向きの掃出しサッシだと、屋外側のハンドルは紫外線に
曝されますから、割れやすくなると思います。

ヴァイスロイのサッシは、セルコホームさんが標準仕様として
新築する住宅用に使っていましたが、20年以上前の輸入住宅ブーム
の際はいろいろな住宅メーカーもカナダから調達していました。

しかしながら、輸入量としては大手のセルコさんが断トツで、ヴァイスロイが
急になくなるまでずっと調達していたように思います。

ただ、ヴァイスロイはサッシ用の部材をオリジナルに近い形で
装着していたので、なくなってしまってからは交換部品の調達には
お手上げの状態かも知れません。

そういう状況ですから、末端のお客様も頼る処がなくて私共 ホームメイド
に藁をもすがる思いでご相談を頂いているのだと思います。

私共は独自のルートで様々な輸入住宅用の部材を調達していますが、
小さな会社で出来ることは大きな会社ならもっと簡単に出来る
でしょうから、輸入住宅産業発展の為にもアフターサービスは
しっかりマンパワーを掛けてやっていって欲しいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-22 20:40 | メンテナンス

2重構造の建具枠

2重構造の建具枠_c0108065_13315263.jpg


昨日、リッチモンド(Richmond)社のダブルハングサッシの建具修理
について記事に書かせて頂きましたが、今回は同社の開き窓、ケースメント。

同じメーカーのものでも、サッシの形式が違うと構造も違います。

ダブルハングの場合は、建具本体の木枠の上にアルミのカバーがぴったり
と張り付くように作られていました。

リッチモンドのケースメントは、室内側の木枠の部分と屋外側のアルミ枠
の部分がそれぞれ独自の構造で出来ており、それが合わさることで1つの
建具となっています。

写真は、ガラス交換の為にその建具を分解して、合わさっていた木枠と
アルミ枠とを分離させた状態です。

中央部の幅が狭い部分が、それぞれの枠が組み付けられる部分で、それぞれの
幅の広い部分が主要なフレームとなります。

そういった点では、それぞれのフレーム自体が密着する構造ではないので、
フレームからの雨漏れで木枠が腐るというリスクは低いかも知れません。

ただ、ペアガラスをアルミ枠と木枠の双方で挟み込み、その固定の為に
両面の防水テープをそれぞれに付けるというやり方をしますから、
アルミ枠の防水テープが劣化すれば、雨がガラスの奥へと入り込み
そこに接する木枠に腐りが発生するリスクは存在します。

ですから、アルミとガラスが接する部分の防水をテープだけに頼らず、
ちゃんと防水コーキング等で処理しておかなければ、将来の雨漏れには
対応出来ないと思います。

普段アルミクラッドのサッシを分解することはありませんが、分解可能な
サッシをチェックすることで、窓の構造的な弱点や注意点を把握出来る
ということはいい経験と対策への知識を得る機会となります。

それから、劣化した防水テープを中途半端に取ると、反ってそこから
雨が侵入する隙間を作ってしまいますから、テープのウレタン素材は
十分に剥がさないと意味はありません。ただ、これをきれいに剥がす
には相当な苦労や時間、適切な道具が必要です。

素人の人や下手な職人がやると、いい加減にやって失敗しますから
注意して下さいね。まあ、実際にやったことがないと分からないかも
知れませんが・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-21 13:46 | メンテナンス
あの腐った木製建具が、この通り_c0108065_17403815.jpg


昨日、リッチモンド(Richmond)社のダブルハングサッシの木製
建具枠の補修の様子を記事に書かせて頂きましたが、ペアガラスを
入れ換えて、アルミカバーを装着したのがこの写真。

内部結露を起して、ガラスの中が曇った状態でしたが、見事に
美しくなっていますでしょ。

アルミクラッドのカバーも、濡れた手ぬぐいで汚れをきれいにしてから、
元通りに木枠へ取り付けました。

当然、アルミカバーのつなぎ目やペアガラスの周囲には、防水コーキングを
入れてありますし、ペアガラスの屋外側と室内側のそれぞれに防水テープも
付いています。

建具を一度分解して構造も十分に理解していますから、どこが雨漏れの
弱点になるかをチェックして、木枠が腐らない対策も施しています。

ですから、オリジナルの状態よりもより一層雨漏れに強い建具に変わって
いるのです。

ただ、万一雨が建具内に侵入した時のことも考えて、ちゃんと水抜きに
なり得る箇所は敢えて防水処理をしない状態にしてあります。
(当然、オリジナルの状態でも防水処理はされていませんでした)

解体作業を始めてから組み上がるまで、1週間以上の時間を掛けて
仕上げていますから、修理原価は度外視ですね。

でも、こういうことをすることで経験も積めますし、輸入サッシについて
理解を深めることも出来る訳ですから、トライする価値はあります。

ただ、道具や材料の準備もしないで闇雲に修復を行えば、破損や復旧
不能なんてことにもなりかねませんから、素人のお客様がいきなり
やってみるというのはお止め下さいね。

また、防水処理はあくまで一時しのぎですから、10年毎にガラスの
周囲等の防水をやり直す必要があることをお忘れなく。
(お客様の中には、これでもう一生大丈夫と勘違いされる方も
たまにいらっしゃいますから・・・)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-20 17:53 | メンテナンス
ガラス交換するだけでも大変なのに・・・_c0108065_12530514.jpg


こちらは、熱海のお客様からご依頼を頂いて、ペアガラスの交換を
しているリッチモンド(Richmond)社製のアルミクラッド・サッシ。

通常、アルミクラッドの窓は、建具に不具合が生じたら建具ごと交換
という形なんですが、輸入販売していたトステムでは交換建具の調達
はしてくれないので、建具を分解してガラス交換をしなければなりません。

お客様からは単純にガラスを交換して欲しいというご依頼でしたので、
交換作業を請け負ったのですが、実際に建具を取外しに行ってみると
建具の一部が雨漏れで腐っているという状況でした。

そんな話は聞いていないと言って、別途そういう作業費も見積もれば
いいのでしょうが、簡易の修復であればやってあげると現場でお客様に
お話ししてしまいました。

交換用のガラスを手配するに当たり、建具を分解してガラスの実寸法を
計測しなければならないのですが、フタを開けてみると木部の腐りは
予想以上に広がっていました。

ご覧の通り、左下の大きな部分が欠損した状態になっていましたから、
木用のパテを使ってある程度成形したのがこちらです。

本来であれば、新しい木材を使って、木枠自体を加工したりするのが
いいのでしょうが、木枠が全て悪くなっている訳ではないので、
アルミカバーがしっかり装着出来るくらいまで修復をしました。

この後、ペアガラスを装着する訳ですが、専用の防水テープや防水
コーキングを丁寧に使いながら、元通りのサッシュに組み上げていきます。

こういう陰ながらの努力は、組み上がってしまえば見えなくなって
しまいますが、私たちは手間暇掛けて輸入住宅の修理を行います。

それにしても、お金にならない作業なのによくやりますよね。
但し、その分時間は掛かりますので、ご了承下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-19 12:58 | メンテナンス
不規則な出入りの鍵爪(ラッチ)_c0108065_12582348.jpg


こちらは、昨日交換して取り外した輸入掃出しサッシ用ロックケース。

モーティスロックとかモーティシーロックと呼ばれる防犯性の高い
ロック金物ですが、防犯性が高い分破損してロックが掛かったままになると
解除するのも厄介な代物です。

マーヴィン(Marvin)社インテグリティ(Integrity)シリーズの
スライディング・パティオドアに使われていたものですが、マーヴィン
以外の窓メーカーでも多く使われています。

このロックケースは、ロックレバーをキーホールに差し込んで操作する
ことで、小さなバネが鍵爪(ラッチ)をアクションさせる仕組みです。

本当に小さなバネですから、10年以上使い続けているとそのうち
バネが弱くなったり、劣化して外れてしまったりします。

そうなると、鍵爪の出入りが制御出来ず、鍵が掛かったままになったり
逆に鍵を掛けられなくなったりします。

写真のようにラッチが中途半端に出るといった状態は、バネが既に
不具合を起していることを意味します。

ロック金物は、破損すると即防犯の問題に直結しますから、最近調子が
悪いと感じたら、調子が悪いものを含めて家中の掃出しサッシ全てで
交換することをお勧めします。

また、その際はドアの建て起こし調整や鍵の掛かり調整、ハンドル部分の
ビスの緩みなどをメンテナンスすると、また長く使えるようになりますよ。

トラブルのタイミングは、点検をする絶好の機会です。単純に部品交換
するだけなら、素人の皆さんでも出来ますからね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-18 13:06 | メンテナンス
外へ逃げるのを防止します_c0108065_14495232.jpg


今日は、マーヴィン(Marvin)社製インテグリティ(Integrity)の開き窓、
ケースメントの不具合確認をしてきました。

木部の腐りで建具交換が必要なサッシですが、建具以外にも不具合がないか
確認する為にお邪魔しました。

開閉金物については、錆びやビスの欠損が見受けられるものの、概ね良好
ですから、付属の金物以外は必要ないかと思いました。

そして、確認を終了しようと窓を閉め掛けた処、窓のヒンジ側のサッシ枠に
何やらビス穴のようなものが2つ明いていました。

よく見ると、建具側に付いているインターロック金物と対になっているはずの
金物がサッシ枠にはないようです。

インターロック金物とは、窓を閉める際に建具のヒンジ側の方が、屋外側へと
逃げていかないように吊元を保持する部材です。

建具の戸先側については、ロック金物でサッシ枠へ引き込む機能が付いて
いますが、ヒンジ側には引き込む動作をするものがありません。

窓を閉める際に、自然とそれをさせる金物がインターロッキングなのです。

どこの輸入サッシ・メーカーのものでも、ケースメントサッシにはそういう
金物が付いていますから、是非ご自宅のものもご確認下さいね。

今回、この部品が欠損していますから、改めて部品調達をしたいと思います。

やっぱりちゃんと現場を確認しないと、お客様だけでは見逃している
ことがありますねぇ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-17 14:57 | メンテナンス
珍しいキー(鍵)付きドアノブ用です_c0108065_17123196.jpg


20年以上前にお客様の輸入住宅に取り付けられたドライブイン・ラッチ。

頭の部分に四角いフェースプレートが付いておらず、円筒形の形をした
デザインになっています。

こちらは、タイタン(Titan)というブランドで販売されていたクイックセット
(Kwikset)社のドアノブ、ドアレバーに取付けされていました。

この金物の鍵爪の部分には、金属の突起のようなものが付いていますが、
勝手口ドアなどキー付きのドアノブ用に作られたものとなります。

この突起があるとドアを閉めた時に鍵爪が動かなくなり、泥棒が何かで
鍵爪を引っ込めるという操作を出来ないようにしてくれます。

ただ、玄関ハンドルや室内ドア等に用いられる空錠タイプと違い、この
キーロック・タイプは非常に僅かしか使われていませんでした。

また、頭の部分が丸いドライブイン・ラッチ自体も、近年国内の輸入住宅
では使われていませんから、一般の皆さんが手に入れるのは難しいかも
知れませんね。

こうしたラッチ部品は、普段よく使うドアに装着されていますから、
10~15年程度で消耗・劣化してきます。

私たちなら、このタイプのドアラッチでも調達することは可能ですから、
ラッチが破損して困っている方は相談して下さい。

あと、ラッチだけでなく、長年の使用でバネが弱ってきているドアレバーも
あるでしょうから、その場合はラッチと一緒に交換するといいですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-16 17:21 | メンテナンス
この写真だけでははっきりしませんが・・_c0108065_12392232.jpeg


とあるお客様からサミット(Summit)社製と思われる掃出しサッシ用
網戸の戸車の調子が悪いので、部品を入手したいという相談がありました。

どういったものか分からないので、網戸から部品を取り外して、戸車単体
での写真や詳細寸法が分かるものを案内して欲しいとお伝えしました。

それで頂いた写真がこちらですが、戸車を外すのに少し時間が掛かるらしく
以前撮った写真をお送り頂いたそうです。

ただ、単純に網戸の戸車と言っても、車輪の直径や装着ビスの位置、部品の
構造・デザインといった差異で部品が様々存在します。

ですから、網戸から戸車の一部が見えているだけという写真では、適合する
部品を特定することは出来ません。

この状況で多分この部品だろうと適当に判断したら、きっと間違った部材を
調達してうまく網戸に取り付けられなかったなんてことになるはずです。

ちゃんとした部品を入手するには、もう少ししっかりした情報に基づいて
適合するものを特定する必要がありますね。

また、こうした部品は単純に網戸のフレームに装着されているというもの
ではなく、網戸フレームの別の部品と一緒になっているケースもあります。

そういう場合は、網戸自体を分解しないと戸車が外せないなんてことも
ありますから、取外しが結構厄介なことになるかも知れません。

勿論、これを交換することで網戸の開閉が見違えるようにスムースになる
とは思いますから、挑戦してみる価値はありますよ。

そして、戸車だけでなく、網戸の水平バランスや高さの調整、レールの
掃除といったことも一緒にやらないと、完璧な仕事にはなりません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-15 12:50 | メンテナンス
グラグラだったドアも元通り_c0108065_12022233.jpg


昨日、掃出しサッシのドアハンドル等を交換したという記事を書かせて
頂きましたが、今回はカナダのパシッフィック・リム(Pacific Rim)社製
キッチン・キャビネット。

キッチンのコーナーに設置された吊戸棚なんですが、コーナーキャビネット
のドアは2枚のドアが直角に折れ曲がるように付けられています。

その折れ曲がりの部分を連結する為に、特殊な形状をしたL型ヒンジが
取り付けられているのですが、ドアの重量が掛かる上に2枚のドアを
途中で連結しているという役目から、負荷が自然と大きくなるところに
なります。

ですから、丈夫なステンレスで出来ているとは言え、可動部が曲がって
しまったり、部品が折れてしまったりして、ヒンジがドアを支えられなく
なってしまいます。

そうなると、キャビネットのドアが脱落してしまう状況になりますから、
他に不具合が出ないうちに出来るだけ早く金物を交換して、正常な状態に
戻してやる必要があります。

ただ、一般のお客様は、こんな輸入部品をどうやって調達したらいいか、
見当も付かない状況だと思いますから、分かっていながら放置してしまう
ことが多いのも実情です。

でも、そうしていると、今度はドアに固定する為のビスが抜けてきたり、
ドア自体が割れてきたりしますから、余分な費用も掛かりますし、
交換部材の調達や修復にも時間が必要となってきます。

今回は、幸いメーカーからヒンジを取り寄せて調整するだけで、無事に
元通りに直すことが出来ましたが、せっかくの高級輸入キャビネットを
全交換しないといけなくなることすら起こり得ます。

トラブルを小さなうちに摘み取っておくことが、余分なお金や心配を
掛けなくて済む第一の秘訣です。

その為には、まず信頼のおける輸入住宅の専門家を見付けておくことと、
そういった人とうまく連携出来る関係性を築くことが大切ですよ。

自分たちで家の面倒を見ることが出来るならいいですが、将来の部材の
調達や施工という面では専門ビルダーに頼らざるを得ませんから・・・。

近くて安いからと言って、輸入資材の取り扱いを知らない業者さんに
お願いすると、間違った取付け方や施工不良が発生する恐れもあります
から、反って修理が大変になるなんてことはよくあることです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方はお問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

タグ:
# by mikami-homemade | 2020-11-14 12:19 | メンテナンス