輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_13594851.jpg


神奈川のお客様からハード(Hurd、現シエラパシフィック)社の
ダブルハング・サッシについて、修理のお問い合わせを頂きました。

一見何事も問題ないように見えますが、上窓と下窓とが重なり合う
「召し合わせ」と呼ばれる部分が黒く腐ってきているようです。

お客様は、息子さんが窓を閉め忘れた時があって、それが原因で
上窓建具の下枠部分の木が腐ってきたのではないかと後悔されて
いましたが、そういう状態では雨が木枠に当たることはありません。

いつも言いますが、ガラスとアルミ枠とが接する部分やアルミ枠
同士のつなぎ目部分の防水が切れて、雨水が中に侵入します。

中に入った水が、徐々に木枠を内部から腐らせていきますから、
すぐに表に現れない分、発見が遅れてしまいます。

また、お客様はペアガラスの中が曇ってきているサッシが、2~3枚
あるともおっしゃっていますから、同様の原因でペアガラスの中に
水や湿気が入り込んでしまっているのは明らかです。

この建具の不具合は、新しい建具を既存の窓枠に適合させる必要が
ありますから、窓の両サイドの樹脂製ジャムライナーを交換すると共に
上下の新しい建具を挿入してやれば、元通りに戻ります。

勿論、新しい建具は、木部を防水塗装して、ガラス周りも念入りに
防水処理をしてから、交換を行わなければいけません。

ペアガラスが曇ってしまったという窓は、ガラスだけを交換する
ことが出来ませんから、同様に建具毎交換する必要があります。

ただ、現状特に問題がないサッシがあるなら、将来問題が発生しない
ように、外側からガラス周囲を含めた防水処理を実施することを
お勧めします。

出来ればそれは、外部足場を設置する外壁塗装工事の際にやって
頂きたいものです。(10年おきに定期的に行うのが理想です)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-11 14:31 | メンテナンス

これでは湿気が入ります

c0108065_13475601.jpg


グラスウールの断熱材は、水分や湿気が繊維の中に入り込むと
断熱性能が極端に落ちてしまいます。

それを防ぐ為に、ビニールの袋に入れて密封しなければならないと
いうことを以前記事に書かせて頂きました。

私たちは、自然素材の羊毛やセルロースを断熱材として使いますから、
ある程度の水分や湿気があっても吸放出することが可能です。

ただ、ガラスの細かな繊維で出来たグラスウールは、そういう訳には
いきません。一度付いたらいつまでもジクジク留まってしまうのです。

そういう特性を知っていればいいのですが、そういう勉強をしていない
大工や工務店・住宅メーカーも多く、袋を破ってしまったり、場所の
大きさに合わせてカットした状態で断熱材を入れる家も後を絶ちません。

屋根裏は仕上げをしていないので、どういう施工をしているのかが
よく分かりますが、ご覧のようにこの現場は中のグラスウールが露出して
しまっています。

つまり、外壁用に張られた断熱材も同じような施工をされていますから、
壁体内結露や雨漏れなどを起こしているケースでは、せっかくの
断熱材も意味がなくなってしまう恐れが生じるのです。

そりゃ、いちいち袋をテープで密封していれば、それだけ時間も手間も
掛かりますから、安い契約や賃金でそこまでやろうとは考えない訳です。

価格を比較して安い方と契約をするというのは、一時の満足には
なりますが、実際には見えない部分で損をしている、手を抜かれている
ということを忘れてはいけません。

資本主義という世界では、安くていいものというのは幻想でしか
ありません。いいもの、いい施工を家づくりで期待するなら、
見積で判断するのではなく人や企業の理念や信用で判断すべきです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-10 14:05 | 断熱材入れ工事
c0108065_16593892.jpg


昨年、家の妻壁の高い処に付けられている飾りの換気ガラリについて
記事を書かせて頂きましたが、その時は家の外から見た状況で雨漏れ
のリスクのお話をさせて頂きました。

その時は、もしかしたらという想像の域で書かせて頂いていたのですが、
その確信を得る為に先日外から写真を撮ったおうちの屋根裏に潜入して
きました。

狭くて入りづらい点検口からどうにか体を入れて、広い屋根裏空間に
入った瞬間、遠くから光が来るのが分かりました。

その方向を見ると、換気ガラリの大きさに合わせて、構造用合板が
丸くくり抜かれていました。

やはり、単なる飾りのガラリではなく、通気を目的にした換気ガラリ
であることがはっきりしました。

換気ガラリの裏には、虫除けの細かな金属メッシュが張ってありますが、
台風のような強い雨風が吹けば、必ずここから雨が入り込んでいた
はずです。

幸い構造材の木や敷き詰められたグラスウールの断熱材は、乾いている
状態でしたが、何ら雨仕舞がなされてはいませんから、たくさんの
雨水が下の階の天井や壁に落ちてくるのも無理はありません。

ここの建築会社で輸入住宅を建てたという皆さんは、強い風で雨漏れが
するということで困っていらっしゃるでしょうね。

また、こういうことに気付かずに、雨漏れは外壁のせいということで
塗り替えだけを念入りにしている場合もあるかも知れません。

勿論、そんなことでは雨漏れを解決出来るはずはありませんから、
何度も何度も高いお金を掛けて修理を繰り返すんでしょうね。
(但し、複合的に外壁にも不具合があるケースもあります)

原因とそれへの対応を誤れば、いつまでも悩まされるだけですから、
お金を掛けてでも輸入住宅を熟知した専門家を見つけることが
重要と思いますが、如何でしょうか。

<関連記事>: 換気ガラリは、飾りだけ? (2018年10月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-09 17:34 | 外装工事
c0108065_15270219.jpg


愛知県のお客様から窓メーカー不明の台形出窓(ベイ・ウィンドウ)
に付いているケースメント・サッシのロック金物が破損したので
手に入らないかという相談を頂きました。

ご覧のように、レバーが根本からポッキリと折れてしまって
鍵が掛けづらくなっています。

こちらの金物は、鋳物で作られていますから、非常に硬い分、強い力や
衝撃に弱いという特性を持っています。

恐らくこのサッシの鍵が徐々に掛けづらくなってきて、どうにか
ロックを掛けようと、思いっきりレバーを下に降ろしたらポッキリ
折れてしまったという感じではないでしょうか。

こうなると、ロック金物自体を新しいものに交換する以外に修理する
方法はありませんから、アメリカに部材を注文することとなります。

ただ、この金物を交換すれば、問題は解決するのかという疑問は残ります。

つまり、何故このロックが掛けづらくなったのか?という原因を
解決しない限り、また同じトラブルが起こるはずです。

ケースメント・サッシは、オペレーターと呼ばれる開閉金物によって
窓を開け閉めするのですが、可動する建具(障子)を支える為に
窓の上下にウィンドウ・ヒンジと呼ばれる部材が取付けられています。

このヒンジ金物が長年の使用で曲がってしまい、建具の水平・垂直や
適正な位置が本来とはズレてしまっている可能性がありますし、雨や
湿気に曝されて木製の建具が歪んできているということも考えられます。

そうなると、建具が窓枠に十分引き込まれなくなり、ロック金物と
建具との距離が離れてしまう状態となります。

それによって、通常軽く操作出来るロックが、力を入れて無理に
操作をしないと建具が閉まらなくなるということになります。

ロック金物のレバーが折れたということは、原因に対する結果であって、
その原因を窓調整で解決しなければ、何度も交換を余儀なくされるかも
知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-08 15:40 | メンテナンス
c0108065_18140386.jpg


クランクハンドルが壊れたので、新しいものを調達したいと
埼玉の方からご相談を頂きました。

こちらの輸入サッシは、20年程前に施工されたカナダ ローウェン
(Loewen)社製ケースメント・サッシですが、金物類はそろそろ
交換すべき時期を迎えているようです。

ご覧頂いたようにハンドルの裏には小さなマイナス頭のビスが
付いていて、これでハンドルをオペレーターに固定します。

今回は、ハンドルのみが悪くなって開閉に支障をきたすように
なったとのことですが、よくあるのがオペレーターの回転軸が
根元で折れてしまって、ハンドルが空回りする不具合です。

お客様の多くは、この軸の部分もクランクハンドルの一部だと
勘違いをして、オペレーターを手配しないでハンドルのみを
ご購入頂くということがあります。

それでは、いくらハンドルが新しくなったとしても、空回りする
不具合は全く解決しませんね。

今回はそういうことがないとのことですが、私たちにご依頼頂く際は、
写真を交えて出来るだけ多くの情報を寄せて頂けると、不具合箇所の
特定がスムースになりますと。

ハンドルだけでなく、ハンドルカバーなどもよく割れたりしますから、
他の輸入サッシ・メーカーのものを含めて、きちんと直すように
してもらえれば、愛着ある美しい輸入住宅を維持することが出来るはず。

そういう気持ちが、家族や財産を守ることにつながりますから、
どうぞ心して下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2019-02-07 18:25 | メンテナンス
c0108065_10084947.jpg



ドアのヒンジやレバー、ラッチ。サッシのロックやオペレーター、
バランサー。ビルトイン・ガレージの金物など、輸入住宅には
開閉や可動する金物が数多く使われていますから、経年劣化や摩耗、
金属疲労といったトラブルは避けられません。

また、塩ビやゴムで出来たウェザーストリップと呼ばれる気密パッキン
材が、窓やドアの枠に固着して剥がれなくなることはありませんか。

こういうことになる前に、私たちが使うのがこのシリコン・スプレー。

様々なメーカーから販売されていますから、ホームセンターで手軽に
手に入れることが出来るものなんです。

お客様の多くは、潤滑剤と言えば「Kure 556」が思い浮び、これを
鍵穴などに差していませんでしょうか。

でも、この製品は基本的に油なので、それがホコリや汚れ、ゴミを
呼び寄せてしまい、反って機能を阻害することがあることを忘れては
いけません。

ですから、スプレーしても表面がスベスベ、サラサラで、動きを
滑らかにするシリコン素材のものが、家のメンテナンスに最も
適していると思います。

最近動きが悪いとか、ギシギシ音がするという場合は、このシリコン
スプレーをお使い頂くといいかも知れません。

(勿論、車などの油が必要な機械ものもありますから、潤滑油自体が
全てダメという訳ではありませんよ)

ただ、ドアやサッシが傾いたり、下がったりして適切に作動しなく
なった場合には、こうした応急処置をするのではなく、ちゃんと
建具調整や部品交換をすべきですから私たちのような専門家に
相談するようにして下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-06 10:26 | メンテナンス
c0108065_15545503.jpg


2階のバルコニー周辺から雨漏れして、下の階の部屋の天井や壁に
大量の雨水が落ちてきたという話は、珍しくありません。

それは、輸入住宅に限らず国産住宅でもよくある話です。

つまり、その原因は輸入の資材に拠るものではなく、雨仕舞といった
施工上の問題であることが多いからです。

そう、いくらいい素材のものを使っていても、それ自体やその周辺の
施工方法・手順に間違いがあると、家にトラブルが発生するのです。

ベランダは、その構造上雨が溜まりやすく、風のバルコニー内で巻き
上がるケースが多く見受けられる為、弱点になる場所を予め意識して
そういった場所の防水処理を行う必要があります。

また、新築時にそういった施工を行っていても、経年劣化で防水部分に
穴が明いたり、割れが生じたりすることもありますから、何年かに
一度点検補修・メンテナンスを行うことを怠ってはいけません。

写真のおうちの場合、バルコニーの床に施工されたFRP防水には
問題がなさそうですが、その立ち上がり箇所や外壁下端の水切り材の
施工、掃出しサッシの周囲の防水処理、バルコニーの手摺壁の雨仕舞や
バルコニーに接する屋根との取り合いなど、リスキーな納まりを
している場所が多数見受けられる状態でした。

この状態では、水をそれぞれの箇所に掛けるなどして、雨漏れ試験を
実施しない限り、雨漏れ箇所の特定は難しいかも知れません。

一箇所だけのことならいいのですが、複数の不具合が連動して起きている
ことも考えられますから、なかなか手間の掛かる仕事になりそうです。

雨漏れは構造を腐食させる恐れがありますから、出来るだけ早めに
対処するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-05 16:08 | 外装工事
屋根上の太陽光パネルが「燃える」、3つの原因 (2019年2月4日 日経ビジネス)

c0108065_18000410.jpg


最近、ソーラー発電の装置から出火して火災になっているケースが
続発しているらしいです。(上記リンク記事参照)

その原因は、メンテナンスをしなかったという整備不良や施工時に
ちゃんとした取付けを行わなかったという施工不良、万一に備えて
施工されるべき不燃材の施工の欠落。

訪問販売してくる業者は、何ら見ず知らずの人間でしょうから、
口車に載せられるとやり逃げの憂き目に遭うかも知れません。

信用出来る業者に頼むべきですから、出来れば家を施工した
ビルダーにお願いするのが間違いは少ないと思います。

それは、家のメンテナンスについて将来に亘って責任があるという
点で変なことは出来ないと考えるからです。

また、太陽光の設備についても10年おきに点検・整備が必要ですから、
屋根や外壁の塗り替え等のメンテナンス時期に合わせて同時に
補修が行えるという点でも有効です。

ただ、今後の太陽光は、設置価格が下がるとは言え、売電に期待が
持てる程高い利益が上がると考えるのは間違いです。

基本は自身の家の電力を自力で賄うということと、地震などの万一の
災害でも電力インフラを確保出来るようにすることの意義を念頭に
入れて設置するという考えを持って下さい。

これで生活費を賄おうなどと勧誘する業者は、オレオレ詐欺と
然程変わりはないと考えるべきかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-04 18:00 | 定期点検

相当放置してましたね

c0108065_12282471.jpg


バルコニーに出る為の輸入の掃出しサッシですが、ハメ殺し(FIX)
側の固定ドア下端の木製フレームがゴッソリなくなっています。

新築から20年以上経過した輸入住宅ですが、外側のアルミ板の
裏側が露出するまで木が腐っているというのは、あまり見たことが
ありません。

これだと泥棒が足で蹴飛ばせば、簡単にドアが外れてしまう状況
でしょうから、生活するのもちょっと怖いかも知れません。

こちらのサッシは、マーヴィン(Marvin)社のものですが、ペアガラス
とアルミ板とが接する部分に雨が侵入してこうなったようです。

ただ、中身が腐ってなくなるまでには相当な時間も掛かりますし、
その前に専門家へ何らかの相談をしていれば、ここまでのことには
ならなかったかも知れません。

台風や大雨の際にはサッシのレール部分に溢れる程の雨水が溜まって
大変なことになっていたそうですから、可動側のドアに腐食がなかった
だけでも幸いでした。

因みに、このベランダの下になる部屋の壁に雨漏れがあったという
不具合も発生したようですが、このサッシが原因かどうかは
まだはっきりしない状態です。

このドアで隠れているサッシ枠のコーナー部分に隙間が生じて、そこから
雨水が構造に染みているようなら、サッシ枠の防水処理が必要ですが、
ベランダの床防水の処理やサッシ枠と外壁材との取り合い部分も
非常に怪しい状態となっています。

そういう点で、しっかりと原因調査をした上で対策を打たないと、
抜本的な雨漏れ補修は出来ません。

何れにしても、もう少しおうちに手を掛けてあげて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2019-02-04 12:41 | メンテナンス
c0108065_11390294.jpg


昨日、クイックセット社製の古い玄関ドア用ハンドルセットの
防犯対策前の様子を記事に書かせて頂きました。

今日は、セキュリティ部材を装着して防犯対策をした後の様子を
ご覧に入れたいと思います。

一見あまり変化がないように見えますが、デッドロック・バー
(カンヌキ)がドアの隙間から見えないように黒いガードプレートが
装着されています。

ハンドルセットは本来金色のものであったと思いますが、経年変化で
茶色くなっていましたから、ガードプレートも敢えて金色ではなく
黒のものを選びました。

そうすることで、周囲との調和が取れて、新しいガードプレートでも
違和感が出ないようになっています。

このガードプレートは、ステンレス製で厚みが3.4mmもありますから、
空き巣でもガードプレートそのものを破壊して侵入することはまず
出来ないと思います。

つまりドア本体を壊すような大胆な犯行でない限り、ロックを解除
して室内には入ることが出来ないと思います。

そして、次に問題となるのが、鍵穴です。

今までのキーシリンダーも、国産のものに比べると防犯性は高かった
とは思いますが、安全性を更に高める為にディンプルキーのタイプに
交換しています。

これは、耐鍵穴壊し性能は5分未満、耐ピッキング性能は10分以上
といった高い防犯性能を誇ります。

また、シリンダーの色は、アンティークブラス(古金色)としました。

ただ、キーをなくしてしまったという場合は、どんな対策をして
いても防ぎようがありませんから、その点はご注意を!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-02-03 11:54 | 外装工事