輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_12042055.jpg


一見何も問題なさそうな輸入の樹脂製オーニング・サッシ。

写真では分かりませんが、窓を開閉する為のオペレーターという
部品のアームギアが空回りをして、ハンドルを回しても開かなく
なってしまったそうです。

輸入サッシのメーカーも不明で、建てた建築会社も倒産していて、
私共の記事をご覧になって問い合わせを頂きました。

写真を見る限りよくあるサッシ部品のようですから、比較的簡単に
アメリカから調達出来るように思います。

それにしても、輸入住宅にお住まいの方で相談先のない人は、
本当に多くいらっしゃいますね。

今回の場合、交換作業はお客様自身で行えるとのことですが、
遠く離れたお客様で交換作業がご自身では出来ないという方は、
費用的にも時間的にもご負担をお願いしなければなりませんから、
心苦しい限りです。

ただ、私共のような人間がいなくなれば、もっと大変なことに
なるでしょうから、何とか事業を継続していかなければと思う
今日この頃です。

あと、窓が閉まらないからと、無理にハンドルを回したりしては
いけませんよ。そういう場合は窓の調整をすべきですし、
ギアを傷める元ですから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-22 12:12 | メンテナンス

ガレージもスマホで開閉

c0108065_09090974.jpg


輸入のガレージドアを開閉させる為の電動オープナーの有名メーカー
リフトマスター(Lift Master)。

作動させるドライブ・レールには、最も静かに動くベルト・ドライブ
を採用していますから、昔のようにチェーンがガタガタ大きな音を立てて
動くといった騒がしさはありません。

この電動オープナーの最大の特徴は、Wifiを利用してスマホやスマート
スピーカーのような機器によっても作動することです。

一般的には車載リモコンか、ガレージ内の壁付けスイッチによって
ガレージドアを開閉させる訳ですが、スマホでも操作が可能なんて
時代ですよね。

また、バッテリーを内蔵していることから、地震や雷などで万一停電と
なっても、40回程度は外部電源がなくても操作が可能です。

こうした機能は、今までの国産ガレージドアには採用されていない
ものですから、スマートハウスというトレンドに近い家づくりになる
かも知れませんね。

また、暗証番号で操作出来るキーパッドをガレージの外に取り付ければ、
リモコンやスマホを持っていないお年寄りや子供たちでもガレージを
開けて簡単に家の中に入ることも出来るのです。

庭で作業をしている時にガレージドアを開けようと思っても、丁度
リモコンが手元にないなんて時にもキーパッドがあれば便利ですよね。

勿論、空き巣や泥棒が外から開けようとしても絶対に開けられない
というのは、以前のガレージ・オープナーと変わりません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-21 09:21
c0108065_12195891.jpg


輸入住宅の中古物件を扱う不動産屋さんから、輸入サッシの修理・
メンテナンスが出来ないかという相談を頂きました。

インシュレート(Insulate)社のサッシのようで、サッシの数も
20本近くあるようです。

写真のように、バランサーが落ちてしまい、窓の上げ下げが
出来なくなっている窓は、5ヶ所程度のようですが、全くバランサー
の交換をやってこなかったようですから、全ての窓の部品交換が
必要だと思います。

その他にも、ペアガラスの内部結露や掃き出しサッシの部品交換など、
修理箇所は多岐に亘るようですから、ちゃんとメンテナンスするには
現地調査を行わなければなりません。

それにしても、どうしてここまで窓を放置していたんでしょうねぇ。

今まで住んでいた方の家づくりに対する思いや覚悟が、足りなかった
のかも知れませんね。

家は新築したら終わりというものではありません。一生住み続けて
いきたいなら、定期的にお金を掛けてメンテナンスすることを
お忘れなく。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-20 12:55 | メンテナンス
c0108065_12044717.jpg


輸入の掃出しサッシは、ペアの強化ガラスが入っていますから、
防犯性は高いものの開け閉めするのに重さを感じるかも知れません。

そういう時は、思いっ切り横に引っ張りますから、しっかりした
戸当り(ドアストッパー)がないとドアを破損しかねませんね。

ただ、そうした衝撃を吸収する為の戸当りが、ゴムや塩ビの樹脂
だったりすると、どうしても劣化してしまうもの。

この写真の戸当りも頭の部分がボロボロになってしまい、戸当りの
機能も怪しくなってきています。

写真のものは、インシュレート(Insulate)社製スライディング・
パティオドアの戸当りですが、こうしたものはいつでも取替えが出来る
ように、汎用品で出来ていることがアメリカでは一般的です。

日本では手に入れることがなかなか難しい部品ではありますが、
ホームメイドならちゃんと調達出来ますよ。

輸入住宅の消耗部材でお困りの方は、部品の詳細寸法や色・形状、
必要数量などを確認の上、ご相談下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-19 12:10 | メンテナンス
c0108065_16494104.jpg


こちらは、アンダーセン(Andersen)社製のナローラインシリーズ
のダブルハング・サッシ。

建具(障子)枠に若干黒ずみが見受けられますから、サッシの
雨漏れがないか少々気になりますが、一番の問題はガラスの割れ。

白い樹脂製の飾り格子には特に破損等がないようですから、室内側
からの衝突によってペアガラスが破損したということはないようです。

ということは、屋外側に鳥などが当たって外側のガラスが割れたか、
温度や熱射の変化によって熱割れ現象が発生したかの何れかでしょう。

比較的古い輸入サッシですが、熱割れは新しいガラスにしか
起こらないというものではないようです。

勿論、バードストライクは、どんなサッシでも常に起こり得る
トラブルです。

アンダーセンの場合、こういうトラブルでは建具ごと交換となりますが、
下窓だけを交換するとなると新旧で多少木部の色の違いが気になるかも
知れません。

また、現在アンダーセンのサッシは、LOW-Eと呼ばれる断熱ガラスが
標準ですから、新しいサッシのガラスには薄っすら色が付いています。

勿論、断熱ガラスではない普通のガラスも選択出来ますが、価格は
LOW-Eガラスと同じですから、どうするかはお好みに拠るところです。

ですから、上下共の建具を交換するということも考慮すべきかも
知れません。また、樹脂製の格子は劣化して割れやすくなって
いますから、新しい木製格子に交換する必要もありますね。

当然古いダブルハングであれば、建具を吊っている両脇のバランサーも
同時に交換しておくことをお勧めします。

当然交換の際には、ガラスの防水処理やティンバーケアなどによる
木部の防水塗装をすることを忘れてはいけません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-18 16:50 | メンテナンス
c0108065_11545289.jpg


先日、入荷した際にご紹介したワンレバーのクリスタル水栓を
お客様の洗面台に取り付けしました。

国産の洗面台でしたが、写真のようにきれいに納まりました。

ペットクリニックの待合室にある手洗いですから、今後も多くの
お客様が使われるものと思います。

今までの国産の蛇口でもお使い頂く分には遜色はなかったと思いますが、
少しでも素敵な気分になって頂けるのであれば、水栓金具のリニューアル
をやっても損はありませんよね。

ペットが病気になって来院される訳ですから、ただでさえ心配な気持ち
になるものです。

そうした飼い主さんの気持ちが少しでも和らぐようになれば、交換
させて頂いた私たちとしても嬉しい限りです。

どうぞ皆さん、末永く大切にお使い下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-17 12:43 | 輸入設備
c0108065_14221981.jpg


北米の樹脂サッシ インシュレート(Insulate)社製のハメ殺し窓。

FIXサッシとも呼ばれますが、写真のようにペアガラスの内部が
崩壊しています。

中に入っている気密材のスペーサーが、バラバラになっていますし、
錆び付いた粉のようなものもたくさん出ています。

シングルハングやケースメントのような開閉可能なサッシもガラスの
内部結露を起しますが、ハメ殺しのサッシも同様の不具合を起します。

窓枠や建具が樹脂で出来ているサッシは結露に強いと言われていますが、
それは室内の湿気が窓によって冷やされる結露が発生しても、木製枠
ではないから腐らないというだけのこと。

雨などの水分が、樹脂枠とペアガラスとが接する部分から入り込んで
しまった場合は、中で水分や湿気が滞留してしまい、反ってペアガラス
のスペーサーを劣化させる原因にもなります。

写真のようになってしまうと、ガラス自体が少しガタついてきている
かも知れません。そのうち窓から脱落するでしょうから、ペアガラスを
交換すべきです。

今回ご相談を頂いた輸入住宅では、こうしたサッシがいくつかある
ようですから、不具合調査を含めて時間と費用が掛かると思います。

尚、この現象は国産・輸入を問わずペアガラス・サッシに発生します。
輸入住宅じゃないから大丈夫なんて、気を緩めないで下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-16 14:26 | メンテナンス
c0108065_13281395.jpg


24年前のローウェン(Loewen)社の木製開き窓(竪辷り)に取り付けられて
いる古いヒンジです。

5本の金属アームで建具(障子)を支えていることから、5-Bar window hinge
と呼ばれていますが、このタイプのヒンジは現在生産しておりません。

こういう場合、どうしたらいいのと心配される方もいらっしゃると思いますが、
代替えになるウィンドウ・ヒンジは必ず存在します。

ただ、代替えの部材は、長さや大きさ、形状や取付け穴の位置が既存のものと
異なってきますから、取付けは慎重に行う必要があります。

特に樹脂サッシで取付け穴が微妙にずれている場合、穴をうまく明けられ
なかったり、穴を明けたことでフレーム強度が落ちてしまうことも
ありますから、輸入サッシの専門家と相談しながら交換作業をして下さい。

それにしても24年前のサッシでも交換部品の手配が可能なんて、
輸入サッシは素晴らしいと思いませんか。

手間・暇が掛かっても本気で家を長く使いたいというお客様には、
輸入住宅は持ってこいな気がします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-15 13:35 | メンテナンス
c0108065_10175803.jpg


「やまがたペットクリニック」様の洗面台に取り付ける為に
新しい洗面水栓金具を取り寄せました。

ワンレバーのトップには、大きなクリスタルのガラスが
はめ込まれています。

色は、ローズ・ゴールド。黄なびた感じの銅色のようでもなく、
淡いピンク色をした金色は、女性らしさを感じさせます。

水栓のデザインとしては、少しレトロに振っている感じがしますが、
そこがスペシャルな感じでいいですよね。

今まで付いていた洗面用のシャワー水栓は、国産のよくあるタイプ
でしたから、これに変わるとクリニックのお客様も驚くでしょうね。

クリニックの今回のリフォーム・リノベーションは、単に直すという
ことだけでなく、デザインを少しパワーアップさせることをテーマに
していましたから、その目的は概ね達成出来た気がします。

家のメンテナンスだけでなく、もう一歩進めた家づくりをしてこそ
生活が楽しくなるものです。

皆さんも、そういう気持ちで家の将来計画を立てるようにして下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-14 10:29 | 輸入設備
c0108065_11022783.jpg

九州のお客様からローウェン(Loewen)社製ケースメント・サッシの
ロック金物が破損したので、部品の調達をしたいというご相談を
頂きました。

このタイプのレバーロック金物は、ロック・キーパー(ロック受け)
に内蔵されたプラスチック部品が噛み合うことで鍵が掛かるという
仕組みです。

そのプラスチック部品が写真のように割れてしまって、ロック出来なく
なっているというのが、今回の不具合です。

あまり陽が当たるような場所ではありませんが、それでも常に外気と
接している窓部品ですから、15年くらいで樹脂が劣化してくるのは
止むを得ないかも知れませんね。

このロック金物は、ローウェンだけでなくキャラドン(CWD)など
の多くの輸入サッシに使われています。

部品メーカーで製造されている汎用品ですから、万一窓メーカーが
なくなる事態になっても部品の調達は可能です。

もしこうした部品の破損によって鍵が掛からないという輸入サッシが
ありましたら、詳細をご連絡下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-13 11:16 | メンテナンス