人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_13431240.jpg



こちらは、ローウェン(Loewen)製アルミクラッドサッシに
使われているロック金物です。

写真右の建具(障子)に付いているロック受けのフックが、写真左の
ロック本体の中に入って、サッシをロックするという仕組みで作られて
います。

ロックレバーを下げると、建具が窓枠側にグッと引き込まれ、窓の
気密が上がるということなんですが、強く引き込む為にロックの
内部構造には負担が掛かってしまいます。

これを長く使い続けていくと、内部の樹脂パーツが不具合を起し
鍵が機能しなくなるというトラブルが発生します。

ですから、この古いロック金物は、10~15年程度で交換するという
のが一般的かも知れません。

今回もお客様から新しいものを手に入れたいという相談を頂き、
注文手配をすることになったのですが、現在のものは本体の内部
構造が少し改善されたのか、ロック受けの形状も変化しています。

写真の窓は、下側が開いていくオーニングと呼ばれるサッシですが、
ローウェンの窓では横に開くケースメントサッシにもこの金物が
使われています。

部品が共通化されている為、交換部品の種類も少なくて済むことは
いいことですが、同じ時期にメンテナンスが必要になるという点では
一緒に交換手配をすることを考える必要がありますね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-24 13:58 | メンテナンス
c0108065_14125528.jpg


こちらは、ミルガード(Milgard)製輸入樹脂サッシのスライディング・
パティオドア(掃出しサッシ)。

一見何の変哲もない掃出しサッシのドアハンドルですが、実は鍵が
掛かったままロックの解除が出来なくなったのです。

このお客様は埼玉の方に住んでいるそうで、近くでは対応してもらえる
専門業者もいないとのことで、遠く愛知県の私たち ホームメイドに
ご連絡を頂きました。

こういうトラブルは、年に数件相談があるのですが、泥棒でも外から
鍵を開けるのが困難なドアですから、素人のお客様ではどうしようも
ありません。

私たちもこうして写真で確認しているだけですから、はっきりと
したことは言えませんが、輸入の工具や知恵と経験を駆使して解除を
試みます。

今までこういう状況で様々なメーカーの掃出しサッシのロックを
修理・メンテナンスしてきましたから、ロックの解除は可能だと
思いますが、今までとは全く違う原因や破損状況だとも限りません。

つまり、現場で状況を見ていない状況では、ある意味出たとこ勝負
ということでもあります。

お客様にとっては、遠くから出張費を掛けて来てもらったはいいが、
結局ドアが開かなかったり、破損した金物を交換出来なかったり
したら、お金を掛けただけ損と考えるのは仕方ありません。

そんなリスクを負ってでも、どうにかして鍵が開くようにしたいと
考えるのも人情ですから、そういう人の為であれば移動距離や
拘束時間の問題を横に置いて、出来るだけお役に立ちたいと思います。

さて、今回のお客様は、どうされるのでしょうか。私たちも無理
強いはしませんよ。

何れにしても、こうなる前に必ず予兆があるはずですから、
少し変だなと感じたら早めに相談して下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-23 14:22 | メンテナンス
c0108065_15460873.jpg


こちらは、ローウェン(Loewen)製輸入サッシのロック金物。

新潟のお客様から、この金物が傷んだので新しいものが欲しいという
ご相談を頂きました。

構造そのものは、国産サッシのクレセントと同じですが、素材は硬い
鋳物で作られています。

ですから、強い衝撃を受けるとパキンと割れてしまったりしますから、
無理に鍵を掛けることは禁物です。(だからと言って、鍵を掛けられない
のは防犯上不安ですから、早急にその原因を専門家に確かめてもらう
必要があります)

同じローウェンのダブルハングでも、製造時期やオプション設定によって
こうした金物部品が違ってくる場合がありますので、現在付いている
ものの形状や寸法をしっかりチェックしなければなりません。

お客様のおうちの近くには、ローウェンの部材を調達したり、修理を
したり出来る人間がいらっしゃらないようですから、愛知県からの
遠隔操作にはなりますが、出来るだけお力添えをしていきたいと思います。

勿論、どうしても私たちが修理をしなければならないという場合には、
出張してでも直しに伺いますから、大丈夫です。

後は、皆さんのおうちに対する思いがどれだけなのかが、家の寿命を
決定すると言っても過言ではありません。

まあ、私たちも何年この仕事を続けられるか、分かりませんけどね・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-22 16:07 | メンテナンス

足場がないと外せません

c0108065_16060011.jpg


こちらは、アルパイン(Alpine)製ケースメント樹脂サッシの建具を
下から撮った写真です。

いかにも屋外から撮影したように見えますが、実は手を伸ばして
自撮りをする要領で写真に撮りました。

こちらは、窓を開閉する為のオペレーターに不具合があって、その
オペレーターがどういった形状をしているかを確認する為に撮ったのです。

建具の樹脂枠には、相当水気が溜まっていたのか、緑のコケのような
ものが付いています。

オペレーターが壊れていたので、きっとあまり窓を開けられなかった
のでしょうね。

こうした写真などでオペレーター等の金物類は特定出来たのですが、
写真の矢印の部分のガイドレールが「コの字」の形状をしているのが
分かりますでしょうか。

この「コの字」の部分をオペレーター・アームが前後に動いて窓を
開け閉めするのですが、ガッチリ「コの字」で挟まれているので、
オペレーター・アームをレールから外そうとする際には、まずレールを
建具から外さなければなりません。

ただ、レールを固定しているビスが、建具の下の両サイドに付いている
ので、室内側から身を乗り出してビスを外すことは出来ません。

つまり、2階にこの窓が付いていると、外部足場を立てて屋外側から
建具のビスを外すしか方法がないのです。

だって、もし室内側から感覚だけでビスにドライバーを差し込められても
下手をするとビスを下に落としてしまい、失くさないとも限りません。

ケースメントの開閉金物を外したり取り付けたりするのに、室内で
作業が出来ないというパーツは初めて見ました。

こりゃ、普通のリフォーム屋さんや住宅メーカーでは、歯が立たない
仕事かも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


# by mikami-homemade | 2019-07-21 16:17 | メンテナンス
c0108065_20344768.jpg


こちらは、今日不具合調査に伺った輸入住宅のトイレドアです。

一見何の変哲もないドアレバーが写っているように見えますが、
よ~く見るとドアラッチのフェースプレートとドア枠側のストライク
プレートの位置が、上下に5mm程度ずれています。

実は、このトイレドアは、ドアを閉めようとしてもラッチが穴に
引っ掛からず開いたままになってしまっているのです。

つまり、内鍵を掛ける掛けない以前の話になっているんです。

そりゃ、これだけ穴とラッチがずれていれば、ラッチが引っ掛からない
のは当たり前ですよね。

これがどうしてこうなったかと言えば、長年のドアの開閉が頻繁だった
ことと、ドアが多少捻っていてドアヒンジの摩擦が大きかったのが、
原因のような気がします。

これを修理する為には、擦り減ったドアヒンジを交換すると共に
ドアの位置をもう少し上の方に戻してやって、ラッチの位置を
ストライクの正面に来るようにしてやることが必要です。

ただ、ドアがひねっている状況は、多少ヒンジの調整等でごまかす
ことは可能ですが、捻り自体を直すことは出来ませんから、一番
帳尻が合う位置に持ってくるしかありません。

これって、3次元で位置調整するということですから、普通の業者さん
ではなかなか難しい作業です。

ただ、こういうことも全て自然の摂理から考えることをすれば、
どう調整したらいいか自ずと見えてくるものなんです。

ドアが閉まらないとか、ドアが引っ掛かって開けづらいとかいう場合は、
思っている所が原因ではないことの方が多いですから、輸入住宅の
プロに相談するようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-20 20:44 | メンテナンス
c0108065_15103859.jpeg


こちらは、ミルガード(Milgard)製輸入樹脂サッシのシングルハング。

写真左のサッシは正常のようですが、右のサッシは建具(障子)が斜めに
上がっているようです。

窓は開くには開いているようですが、こういう感じになってしまうと
建具が窓枠に引っ掛かってしまって、開けるのにも一苦労です。

これは、建具の両サイドに内蔵されているチャネルバランサーと呼ばれる
吊り金物が、片方だけ機能不全を起こして建具を持ち上げられなくなった
ことが原因です。

ただ、この状態になるまでにはある程度長い時間が掛かっているはず
ですから、もう片方のバランサーも同様の劣化をしていると思います。

その場合、正常なバランサーもそんなに遠くない将来、不具合を起す
可能性が高いでしょうから、その時は窓自体が開けられなくなって
しまいます。(今は正常な隣の窓も、交換時期だと思います)

本来、バランサーは消耗品で10~15年程度で定期的に交換していく
必要がありますが、そういうことを知らずに輸入住宅で過ごしている
人はたくさんいます。

そんな人が突然窓の異変に気付いて修理のことを意識する訳ですが、
その頃には家を建てた住宅メーカーもメンテナンス・サービスが
出来ない状態になっていることが殆どです。

それは、新築の施工は出来ても、その後の修理について何ら知識を
持っていないということもありますが、輸入住宅の事業自体を
とうの昔に止めてしまったということも原因です。

輸入住宅に限らず、家というものはお金と時間を掛けてメンテナンス
を継続してこそ、その価値を維持することが可能です。

その為には、日頃からメンテナンスに協力してくれる専門業者を
見付けておく必要がありますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-19 15:21 | メンテナンス
c0108065_16341689.jpg


輸入サッシに取り付けられたプラスチックの小さな部品。

輸入サッシの中でもマイナーなものではありますが、この部品は
網戸をサッシ枠に固定する為に使われるバタフライクリップという
付属部品です。

正式名称は、リテイナー・クリップというのですが、サッシ1ヶ所に
対して4個のバタフライクリップが使われます。

ただ、太陽の紫外線等が当たる窓際にありますので、樹脂が劣化して
しまうことはある意味仕方のないことですから、10年以上でその寿命は
終わってしまうかも知れません。

本来、この部品は消耗品ですから、いつでも交換部品が手に入る状況で
なければいけないのですが、サッシ・メーカーが国内から撤退して
しまったか、輸入商社がそういったサッシの取り扱いを止めてしまった
ことで、入手が困難になりました。

どうにかこうした部品を調達しようとお客様からご相談を頂くことが
多くなっているのですが、特殊でマイナーな部品故にアメリカでも
購入出来る処は限られています。

現在、私たちはこうした部品を調達することが出来ますが、それが
出来る期間がどのくらいかは分かりません。

常に交換が必要となる部品については、調達の際に少し余分に購入
することが生活防衛となる気がします。

ただ、20年も前の部品が手に入るのは北米ならではであることも、
安心材料として覚えておいても損はありません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-18 16:43 | メンテナンス
c0108065_10115045.jpg



輸入のシングルハング・サッシに装着されているチャネルバランサー。

長い棒状の金属の端にプラスチック製のエンド・パーツが付いている
という形状をしています。

上げ下げ窓の開閉がスムースに出来ないという場合、サッシ枠の両サイド
に取り付けられているバランサーにトラブルがあると考えるのが普通です。

写真のバランサーは、バネ部品が破損したか、バネそのものが劣化して
錆びてしまったのか、建具を持ち上げる為の糸が戻らなくなっています。
(糸を巻き上げる滑車も、糸が外れて下に垂れています)

この糸(ヒモ)がバネの力で戻ることで、重い建具を吊り上げることが
出来るのですが、こうなると窓を開けられなくなってしまいます。

この不具合は、バランサーを交換すればちゃんと直すことが出来ますが、
エンド・パーツの形状や金属棒のサイズが少し特殊な気がします。

いつものものと安易に注文してしまうと、もしかすると装着出来ない
ということがありますから、細かな点も調査をした上で商品を購入する
ことが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-17 10:24 | メンテナンス
c0108065_19072976.jpg


日本ではまだ長梅雨が続いておりますが、アメリカ オレゴン州の
ポートランド郊外で毎年繰り広げられる高級住宅展示会が、7月末から
1ヶ月の間開催されます。

その名も、「ストリート・オブ・ドリームズ」。現地の有名デザイナーと
ビルダーが手を組んで、ゴルフコースの一角のような美しい場所に
最新トレンドを考慮したカスタム・ハウスをいくつも建てます。

それらを一般に開放してショーのように見せるのが、この企画。
(尚、ショーですから、チケットを購入しておく必要があります)

勿論、この展示会が終了した後は、一般の皆さんに家具類をそのまま
セットにして分譲されます。

アメリカの最新トレンドを見ることが出来るとあって、現地のお客さんが
大勢押し掛けるのですが、毎年日本やアジアの国々からも住宅メーカーの
マーケッターや輸入住宅ビルダーも見学にやってきます。

私もこの会社を興す前に一度見に行ったことがありますが、日本の
建売住宅と違って、本物の高級住宅の分譲ですから、それはそれは
圧倒されます。

輸入住宅のトレンドだけでなく、今後日本の住宅で流行りそうなデザイン
や色も知ることが出来ますから、一般の皆さんも必見かも知れません。

私もたまにはこうした本物を見に、お客様を連れて行きたいものですが、
なかなか時間が取れないのが悲しい処です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-16 19:23 | 輸入住宅

屋根裏部屋のカビ

c0108065_11112749.jpg


数ヶ月前に購入したという中古住宅。屋根裏部屋もあって、可愛らしい
外観をしていますから、気に入って買われたのだと思います。

ただ、気になることがあったようで、私共にご相談を頂きました。

それは、部屋のカビや水染みの跡。

主に屋根裏部屋が問題のようですが、写真のようにコーナーのジョイント
部分に黒くなった所が存在します。

また、アルミサッシの周囲のビニールクロスも剥がれてきていて、そこの
下地も変色しているといった状況でした。

お客さんやリフォーム業者は、雨漏れだと判断したようで、屋外側の窓の
周囲等にコーキングなどを施工して、それで補修を完了したようですが、
屋根裏などの高い場所にある窓は処理をしなかったようで、不安が残った
という感じだったのかも知れません。

まだ、現場を直接見た訳ではありませんから詳しい状況は分かりませんが、
私が推測するにこれは冬場の室内結露ではないかと考えています。

現在は、こうした部分は黒くはなっていますが、比較的乾いた状態ですし、
この梅雨のたくさんの雨でも雨漏れを起しているという状況は見受け
られないといった感じのようです。

また、現在は購入したばかりで人が住んでおらず、生活による水蒸気や
温度変化もありません。

ただ、これを解消する為には、室内の空気や熱を効率よく逃がしてやる
といった仕組みが必要ですし、ある程度抜本的な部分の工事をしないと
いけないかも知れません。

この家のように屋根裏がチェック出来るおうちはまだいいのですが、
屋根裏を閉じた空間にして見えない状態になっている家は、この問題に
気付かずカビや構造材の腐食が発生していることも多いですから、
一度天井を開けて屋根裏へ入ってみることが必要ですね。

ずっと暮らす家ですから、家族の健康を考えてカビや結露の問題は早く
解決しておきたい処です。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1) (2007年9月1日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-15 11:28 | メンテナンス