輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

和室を使ってますか?

c0108065_10142944.jpg


今回、知り合いの紹介で大手住宅メーカーが建てた国産住宅のリフォーム
を相談頂きました。

築10年ということですからまだまだ新しい住宅ですが、飼っている猫
などが傷めた和室の内装等をきれいにしたいとのこと。

障子紙なども破れて、結構傷ついている感じですが、床柱なども
拘ったものが使われているようです。

私たち ホームメイドは、輸入住宅専門のビルダーですが、元々お寺さん
を手掛けるような工務店で仕事をしていたこともあり、和室の施工は
得意な方です。

ただ、このお客様はこのスペースをトレーニング・ルームに改修したい
ということで、洋間への変更を希望されています。

新築当初は、客間であったりご両親が泊まりにきたりした時の為に
1部屋和室を作っておこうというケースが多いのですが、洋風な生活
スタイルに慣れた日本人にとって、畳敷きの部屋は使い勝手があまり
よくない存在になってきています。

それは、かしこまったお客様が家に訪れる機会が少なく、来客を
リビングに通してしまうケースが増えていることや、歳を取った
両親も布団を上げ下ろしするような生活が負担になることも
和室の使い勝手を悪くする原因です。

イグサやヒノキの香りのする和室の雰囲気は、気持ちを落ち着かせる
という点では好きなのですが、しばしばそこが物置部屋になって
しまっている状況を見ると、寂しいものがありますね。

何れにしても、大手メーカーの和室は、欄間や鴨居などの梁も構造的に
強度の必要がない飾りものであることが多いので、比較的簡単に
洋間に改修することは可能です。

今回私たちは、床の間や仏間、押し入れが並んだ壁に部分を
クローゼットに変更して、全面鏡となるように輸入のミラードアを物入の
折れ戸に使いたいと考えています。

そうすれば、鏡を見ながらトレーニングをするジムのような雰囲気に
なるでしょうし、個室として使う時には姿見として効果を発揮する
はずです。

出来るだけお金を掛けず、可もなく不可もない普通の部屋にするという
やり方もありますが、リフォームをするなら何かスパイスを加える
ことが家づくりには大切なことではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-23 10:35 | リフォーム

強い洗剤は使わない

c0108065_15190200.jpg


15年前に施工された洗面の輸入水栓に付属していた排水ドレン管が、
破断したので修理をしたいというご相談を頂きました。

ご覧のように銅の合金で出来た排水管が、途中で真っ二つに割れて
いるようです。

昔修理をしたのか、コーキングのような白い接着剤が破断面に
付いていますが、お客様が誤ってそこを触ってしまったとのこと。

何故このように破断してしまったのかは、頂いた写真だけでは
はっきりしませんが、よくあるのが強い洗剤での腐食です。

日本では髪の毛をも溶かしてしまうような排水管の洗浄剤が市販
されていますが、こうした化学物質が排水管の金属を腐食させ、
管を欠損させてしまうことがあるようです。

こういったトラブルを避ける為には、人にも自然にも優しい石鹸や
洗剤を使って、あまり配管に負担を掛けないようにしたいものです。

輸入住宅で美しい輸入の水栓金具をお使いの方は、是非注意をして
お使い下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-22 15:28 | 輸入設備
c0108065_13242555.jpg


いつも破損して薄汚れてしまった部材ばかりご覧頂いているので、
今日は入荷した新しい窓パーツをお見せします。

長い金属の筒の中からネジられた棒が飛び出してきているのが、輸入の
シングルハング・サッシに取り付けるスパイラルバランサー。

そして、その左にあるのが、この棒の先を引っ掛けるピボットシューと
呼ばれる部品です。

これらの部品を窓枠の両サイドにあるレールの中に仕込むことで、
上げ下げする建具を支える力を発揮します。

状態がよければ、螺旋状の棒がスムースに金属の筒の中に納まるのですが、
仕込まれたバネが劣化して錆び付いたり、ゴミや汚れが付着したりすると
棒が筒に引き込まれず、建具がうまく上がらなくなります。

そうなったら、こうした部品を交換しなければなりません。

ただ、窓の大きさや重さによって、スパイラルバランサーの長さや直径、
バネ強度が変わってきますから、調達には注意が必要です。

勿論、こうした輸入サッシのパーツは、日本で流通していませんから
海外から取り寄せなければなりません。

私たちのような輸入部材のプロに依頼して、部品の調達や取付けを
行うことで失敗のリスクは軽減出来ますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-21 13:40 | メンテナンス
c0108065_18511932.jpg


24年前に施工された輸入の玄関ドアに取り付けられていたハンドルセット。

ドアラッチを出し入れする為に、小さなバネが付いたこうした金物部品が
取付けられているのですが、そのバネが弱ってきたのか、ドアノブが
しっかり戻らなくなったようです。

こちらのハンドルセットを製造したのは、ウェスロック(Weslock)という
アメリカのメーカーのようですが、国内にはあまり入ってきていない
ような気がします。

アメリカのサイトを確認すると、玄関ハンドルやドアノブ・ドアレバーは
今でも製造しているようですが、日本で販売している資材会社は
ありません。

お客様はハンドルセットをお気に召していらっしゃるようで、外見を
変えずに中身のこの部品だけが欲しいということのようですが、
北米のドアノブ・メーカーは一部の部品だけを販売するということは
してくれません。

日本のお客様は、こういう部分交換を希望される人が多いのですが、
ドアノブは使用頻度が高く比較的消耗しやすい部材の為、北米の
メーカーは一部を交換してもすぐに他の部品も壊れてくると
考えているようです。

勿論、ドアラッチ(開閉の為の爪)やロックシリンダーは、よく破損する
部品ですから、この部分だけは交換用のパーツが売られています。

こういうケースの場合、新しいハンドルセットを購入して、中の金物
だけを古いハンドルセットに入れ替えるか、ハンドルセットごと交換
する以外に方法はありません。

ただ、古いハンドルセットの内部構造が新しいものと同じかどうかは
資料や部品図などがないので、私共では分かりません。
(メーカーでも、そういう詳しい情報を公開していないのです)

ということは、部品の入れ替えが出来るか出来ないかは、調達して
みないと分からないということになります。

新しいハンドルセットに丸ごと交換するにしても、取付け穴の位置や
ハンドルの大きさ・デザインが微妙に違うことも考えられるので、
取付けにはドア側の加工も想定しなくてはいけません。

何れにしても、今後どうしたいかはお客様次第ですから、それに
基づいてお手伝いしていくしかありませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-20 19:05 | メンテナンス
c0108065_16532303.jpg


現在国内で施工されている輸入住宅で使われているドアノブ・ドアレバー
のほぼ全ては、クイックセット(Kwikset)社製になっています。

それは、どの輸入資材商社さんでもクイックセットの製品しか
扱わなくなったことが原因です。

昔は、シュラーゲやボールドウィン、ワイザーやテイモアなどの
ドアノブ・メーカーのものが日本にも入ってきていたのですが、
市場の縮小と共に在庫を持って販売していこうという会社がなくなって
しまったのは寂しい限りです。

そんな独占状態のクイックセットですが、それでも全ての製品が日本で
販売されている訳ではありません。

多様性という観点から、私たち ホームメイドだけでもいろいろな
デザインのドアノブ類を紹介・販売していきたいと思います。

そこで今回ご紹介するのが、この「リド Lido」というドアレバー。

ウェーブがかったデザインのものは、コモンウェルス(Commonwealth)
という製品がありますが、それに少し装飾を加えてエレガントにしたのが
リドなんです。

色もこのゴールドだけでなく、シルバー(サテンニッケル)や古金色
(アンティークブラス)、黒系のベネチアンブロンズなどもあるんです。

勿論、トイレ用の内鍵付きや外部用のキー付きといったバリエーション
も揃っていますから、全て同じデザインのドアレバーにすることも
可能です。

北米でもコモンウェルスと同等の価格で販売されているようですから、
日本でも普通に手に入るようになるといいんですが、今は私共が
アメリカから直接輸入して提供させて頂く以外方法はありません。

少しオシャレなドアノブにしたいという輸入住宅好きの方は、
こんなドアノブを新築やリフォームに如何でしょうか?。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-19 17:05 | 輸入設備
c0108065_16031770.jpg


先日、建具の上に取り付けられたチルトラッチについてお伝えしましたが、
今日は建具を窓枠に固定するラッチ部分が、建具のフレームの中に内蔵
されたタイプをご覧頂きます。

写真がその内蔵型のチルトラッチですが、操作する為のレバー自体は
建具の上に取り付けられているのですが、固定の為のラッチの爪は
操作部から独立する形になっています。

2つのパターンのチルトラッチは、形状こそ違いますが、どちらも
機能的には同じです。

ただ、爪の作動部分がフレーム内に隠れていますので、太陽の紫外線
による劣化を避けることが出来るかも知れません。

万一操作部が劣化しても、ラッチ部の機能が失われなければ、
建具の固定に問題はありませんし、固定に問題がなければサッシの
開閉に支障が出ることをある程度遅らせることが出来るかも知れません。

ただ、何れにしてもプラスチックで出来た部品の劣化は、防犯性にも
係ることですから、消耗した部品の交換は早めに越したことはありません。

樹脂サッシの部品類の寿命を少しでも延ばす為に、たまには窓から
建具を外して、掃除やお手入れをして下さいね。特にラッチ部分に
汚れやゴミが付着していると、サッシの開閉が悪くなりますから。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-18 16:14 | メンテナンス

これはすごいでしょ!

c0108065_15230627.jpg


先日、旧ハード(Hurd)社のシエラパシフィック(Sierra Pacific)から
サッシの断面サンプルが届きました。

販売促進用に送ってもらったのですが、いくつも送ってきたので
事務所の中はサンプルで一杯です。

その中で対スーパー台風・対泥棒用のアルミクラッド・サッシ「FeelSafe」
と通常のペアガラスのアルミクラッドを並べてみました。

通常のペアガラスは、厚さ3.1mmのガラスが2枚入っていますが、
対スーパー台風・対泥棒用の高強度輸入サッシには、8.0mm厚の
トリプル構造ガラスが外側に装着されています。

トリプル構造の真ん中には、破壊防止用の2mm厚の特殊フィルムが
入っていますし、ガラスも耐熱ガラスとなっていますから、ハンマー
で割ろうとしても、バーナーで溶かそうとしても、突破されることは
ありません。

また、内側のガラスは強化ガラスとなっていますから、万一外側の
ガラスが破損しても台風の強い風で何かが飛んできても防波堤と
なってくれるのです。

流石に強力なハリケーンや犯罪から身を守る必要のあるアメリカで
製造されているサッシだけありますね。

この強靭な輸入サッシ「FeelSafe」のカットサンプルは、私共の事務所に
来ればいつでもお見せしますから、お近くにいらした際は是非お立ち寄り
頂きたいと思います。

勿論、このサッシを自社の商材としてお客様にお勧めしたいという
輸入資材の商社さんや住宅メーカー・工務店の皆さんも販売頂くことは
可能です。

その際は、是非私共 ホームメイドにご一報願います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-17 15:37 | 輸入設備
c0108065_16561328.jpg


上げ下げ窓の建具を固定しておく為に使われるのが、チルトラッチ。

建具内蔵型が多いのは、木製サッシのアルミクラッドですが、こうして
建具の上に取り付けるタイプは、シングルハングの樹脂サッシの多くに
見受けられます。

このチルトラッチは、建具を窓枠に固定して建具が上下する際でも
窓枠から外れないようにしておくものなんですが、ラッチの上に
付いているレバーを動かすと、固定が解除されて建具が室内側に
倒れ込むという仕組みです。

そうなることで、建具の外側を掃除したり、バランサーの交換や
建具の修理・メンテナンスを行えるようにもなります。

ただ、建具の上に取り付けるタイプのチルトラッチは、全体が露出
している為に太陽の紫外線を長年浴びてしまいますから、素材の
樹脂がボロボロに劣化してしまうという宿命があります。

建具や窓枠の方も樹脂で出来ていますが、こちらはポリ塩化ビニール
で出来ていて、チルトラッチのような硬質プラスチックではありません。

ですから、樹脂サッシ全体は意外に劣化も少なく長持ちなんですが、
チルトラッチは15年程度で新しいものと交換が必要です。

ただ、このチルトラッチは、サッシ・メーカーによってもシリーズに
よっても形やサイズも様々なものが使われていますから、既存のもの
と合致するような部材を調達しなければなりません。

ですから、海外メーカーからこの部品を取り寄せるには、正確な寸法や
形状、取付け穴の位置の確認が欠かせないのです。

こんな小さな部品にどれだけの時間や手間を掛けて調達するかを
考えると割に合わない商売かも知れませんが、誰かがやってあげないと
輸入住宅がこの日本からなくなってしまいます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-16 17:09 | メンテナンス

ロックケースは、消耗品

c0108065_13021308.jpeg


埼玉のお客様から、ローウェン(Loewen)社のスライディング・
パティオドア(掃出しサッシ)の鍵がうまく掛からなくなった
という相談を頂きました。

ロックレバーを上げ下げしても、鍵爪のロックラッチが出たり
入ったりしない状態になって、ロックが出来ないというものです。

輸入の掃出しサッシの場合、モーティスロックと呼ばれる防犯性の
高いロックケース(ロックセット)が用いられているのですが、
鍵爪を出し入れする為の小さなバネが経年劣化で飛んでしまうこと
があります。

こうなると、鍵爪がうまくアクションしなくなり、鍵が掛けられなく
なるという不具合です。

小さなバネを交換すれば直るのですが、バネ自体を個別に調達する
ということは出来ませんし、ロックケースも分解出来ない構造と
なっていますから、この金物を交換する以外に修理の方法はありません。

ただ、このロックケースという金物は、何十年も前から同じ形状、
同じ大きさのものが継続して作られていますから、20年も前の
輸入の掃出しサッシでも問題なく部品を調達することが可能です。

今回もこのロックケースを予備を含めて3セット程、カナダから
調達する準備をしています。

鍵がおかしくなってきたら、防犯性を考えて早めに交換するように
したいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-15 13:13 | メンテナンス
c0108065_14595424.jpg


輸入サッシのシングルハングやダブルハングといった上げ下げ窓では、
窓枠の両サイドにバランサーと呼ばれる開閉サポート金物が取付け
られています。

いろいろな種類や大きさがありますが、樹脂サッシのシングルハング
では、チャネル・バランサーという金属製の棒状のものが殆どです。

ただ、ここ半年くらいに掛けて、螺旋状の長い棒によって建具を
引き上げるスパイラル・バランサーの不具合相談が相次いでいます。

何故ここの処このパーツについての問合せが増えたのかは分かりませんが、
輸入住宅ブームから20年以上経って、バランサー自体の耐久年数に
限界を迎えたと考えるのが普通かも知れません。

ご覧の写真は、下窓(ボトムサッシュ)を室内側に倒して、片方の
バランサー・ピボット付近を拡大した様子です。

ピボットシューという樹脂製の部品にボトムサッシュが連結することに
よって、ピボットシューに差し込まれたスパイラル・バランサーの力が
ボトムサッシュに伝わるという構造です。

毎日記事をご覧頂いているお客様であれば、お分かりになるかも
知れませんが、昨日記事に書かせて頂いたコイル・バランサーでも
ピボットシューが窓枠内に内蔵されています。

ですから、コイル・バランサーでこれを外すのに相当苦労したように、
スパイラル・バランサーでも窓枠内からピボットシューを出し入れする
のは、専門知識がない人には難しいかも知れません。

スパイラル・バランサーが不具合を起こす原因は、内蔵されたバネの
経年劣化であることは間違いないですが、写真でも分かる通り
雨や湿気による錆や掃除不良によってゴミや油汚れが付着したことも
大きいように思います。

そういった点では、こまめに窓を開けて雑巾や潤滑剤を用いて
日頃のメンテナンスを心掛けることが大切ですね。

そうしたことが、修理までの時間を長くし、家のメンテナンスを
時期を遅らせ、費用を安くする最大の方法だと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-01-14 15:14 | メンテナンス