人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_16273560.jpg


愛知県一宮市の輸入住宅で主に外装の塗り替え工事を行うのですが、
この長梅雨の為、なかなか思うように職人の日程が決まりません。

まあ、ある程度予想はしていたことではありますが、ここまで毎日
雨が降ると外仕事は全く出来ない状態と言っても過言ではありません。

今日は、お客様の処に伺って、外壁や内装に塗る塗料 パラペイントの
色見本をお渡ししがてら、交換が必要なハーフサークル・ウィンドウの
サイズ計測をしてきました。

交換が必要と言っても窓そのものを交換する訳ではなく、枠に装着
されたペアガラスの交換です。

ご覧のようにペアガラスの内部に雨が入り込んで、雨垂れが幾筋も
付いています。

いつも申し上げるように、こうなるとガラスの周囲のスペーサーが
錆びてきたり、ガラスが曇って見えなくなってきますから、ガラスの
交換が必要です。

写真は、ガラスの周囲に付いていたガラスの押し縁を外した処です。

押し縁を外すと、ペアガラス全体が露出しますから、全体を容易に
測ることが可能となります。

ただ、この押し縁を外すのが相当厄介なんですね。当然ガラスが簡単に
外れないようにしっかり固定するものですから、押し縁そのものも
外れにくい形状になっています。

こちらは、輸入の樹脂サッシですから、あまり無理に外そうとすると
押し縁そのものが割れたりしてしまいます。

今回は、室内側に押し縁が付いていましたからまだいいのですが、
これが屋外側に付いていると、太陽の紫外線に曝されて樹脂が劣化して
固くなってきていますから、更に難易度は高くなります。

押し縁もガラスと一緒に輸入出来ればいいのですが、このサッシを
作ったヴァイスロイ(Viceroy)というカナダのメーカーは、既に
会社がないようですから、丸い形状の押し縁を入手するのは、
不可能に近いかも知れません。

ですから、こういう仕事は出来るだけ経験のある輸入サッシの専門家に
お願いしないと、反って修理箇所を増やすことにもなりかねません。

今回は、無事押し縁を外すことが出来ましたし、ガラスの寸法確認も
出来ましたから、あとはこのサイズ・デザインのガラスを作って
もらうだけです。

勿論、装着後にはガラスの周囲の防水工事も行いますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-14 16:40 | メンテナンス
c0108065_12554519.jpg


滋賀県のお客様から、ローウェン(Loewen)製ケースメントサッシ用
ロック部品が破損したので、交換部品が欲しいという相談がありました。

写真は、そのロック部品を外して裏返しにした状態ですが、ロック・
キーパー(ロック受け)に引っ掛かる白いプラスチック部品が
割れてしまっています。

これが割れてしまうと、キーパーをガッチリ掴んで建具を引き込む
ことが出来なくなりますから、鍵は掛からなくなってしまいます。

このロックが1つ付いているだけの窓だと、これが壊れると防犯性に
影響しますが、ロックが2つの時1つが壊れると建具の引き込み具合が
均一でなくなり、引き込み方に歪みが生じます。

そうなると、開閉金物やヒンジにも影響が出て、窓が傾いて動く
なんてことにもなりますから、取り敢えず鍵が掛けられるからと
放置しないで、早めにこの部品を交換することが必要です。

また、最近ではこのロック部品が改良されて、ロック・キーパーの
形状も少し変わりましたから、キーパーも同時に交換することを
忘れないで下さいね。

キーパーの取付け位置も微妙に変化しますから、よく注意して
正しい位置に固定することが大切です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-13 13:09 | メンテナンス
c0108065_12295734.jpg


こちらは、20年以上前に施工されたマーヴィン(Marvin)社製の
アルミクラッド・ケースメント・サッシ。

クランクハンドルを回して窓を開けようとするのですが、少し様子が
変でした。

通常は、ハンドルを回したら回した分だけ建具(障子)が開いていくのに、
十分に開いていかないのです。

よくよく見たら、ハンドルに連動して動くオペレーター・アームと、その
先にある建具とがやはり連動していません。

そこで少し手で建具を押し開けてみると、この通り。

建具の木枠にビス留めされているトラックレールが、木枠の一部と一緒に
外れています。

木はボロボロになって、まるで木の化石のようにも見えますよね。

これは、雨水がガラスやアルミの外装部分から侵入して、木枠を内部から
腐らせてしまった結果、木枠の下端が脱落してしまったのです。

お客様もずっと長い間窓を開けることがなく、窓への雨の侵入にも
気付かなかったことで、徐々に建具がこんな状態になってしまいました。

雨が降った後は、窓を開けて乾かしてあげることは勿論ですが、10年に
一度くらいはガラスの周囲やアルミのつなぎ目に防水処理をしてあげる
ことが大切ですし、木部の塗装もティンバーケアのような屋外用の
防水塗料を使うことを忘れてはいけません。

自然素材で出来ているものは、人間の気持ちや暮らしを癒してくれますが、
ケアをしないとすぐに悪くなるということを覚えていて欲しいものです。

今回は、メーカーに依頼して建具だけを調達しますが、防水処理や塗装を
交換前に行って、今後同様のリスクが少なくなるように施工する
予定です。

因みに、こういうサッシの雨漏りによるトラブルでも、火災保険で
補修費用が捻出出来るケースがありますから、一度保険会社に
相談することをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-12 12:44 | メンテナンス
c0108065_15402843.jpg


愛知県海部郡のお客様から輸入サッシやドアのメンテナンスについて
ご相談をいくつか頂きました。

いくつかの建材に対し、異なったトラブルが発生しているという
状況で、一度に全てをご紹介することは出来ませんが、その一部を
書かせて頂くこととします。

まずは、アメリカ アンダーセン(Andersen)社の両開きフレンチドア。

お庭に向かって、左右のドアが大きく開いていくフレンチドアは、
輸入住宅好きの方にとっては憧れでもあります。

今回、そんなドアの化粧パネルが剥がれてきて、ドアの中に雨水が
入り込んできているという相談でした。

写真の矢印の部分に隙間が生じ、そこから雨が中に侵入してきた
というトラブルです。(お客様自身で応急処置をしたようですが、
うまく補修が出来なかったようです)

アンダーセンの古いフレンチドアや掃出しサッシについては、この
表面材の剥がれが問題となるケースがよくあります。

以前にも4枚ドアの掃出しサッシで同じトラブルが発生し、建具のドアを
全て交換するという案件がありました。

表面材の密着が経年で悪くなるということは、避けられないことかも
知れませんが、やはり定期的に何らかの予防処置をすべきだと思います。

ガラスの周囲やドアパネルのつなぎ目など、雨が侵入しやすい場所に
防水コーキング等を使って防水処理をしたり、ドアの表面に塗装を
し直すことによって、そのリスクを少しでも軽減させる努力を
惜しんではいけません。

今回、どこまで雨漏れが進行しているのかは、現地調査をしてみないと
判断出来ませんが、補修か交換か何れかの対処が必要です。

何れにしても、サッシやドアの防水メンテナンスは、木製建材を
多く使う輸入住宅では必修です。

そうそう、こういうトラブルは台風のような強い雨風で発生する場合が
ありますから、そういう場合は火災保険の風災で補償してもらえる
かも知れませんから、一度保険会社にも相談してみましょう。

<関連記事>: 外装の化粧板が剥がれました (2019年4月19日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-11 16:01 | メンテナンス
c0108065_12014835.jpg



プラスチックの色も変わって、随分劣化した印象のある部品ですが、
これはアルパイン(Alpine)社製の引き違い窓の建具の下に装着
されて、レールの上をスムースに動かす為に使われます。

輸入サッシの引き違い(スライダー)は、片方の建具はハメ殺し
(FIX)になっているものが殆どで、片方しか動かない片引きサッシ
とも呼ばれます。

今回、お客様から窓の開閉が固くて窓を開けられないという
相談を頂き、現場調査を行いました。

お客様は、このローラー部品が不具合を起し、レールの上を転がらなく
なったことが原因だろうと考えていたようですが、実際にはそれだけ
ではありませんでした。

サッシ枠に歪みがあって、建具が左右するレール部分が湾曲している
ことが、動きを悪くしている一番の原因でした。

樹脂サッシは、柔らかくて柔軟性のある素材で出来ていますから、
建物自体に歪みが出たり、窓の周囲の部材から圧力が掛かると、
それがサッシに影響を及ぼすと考えられます。

構造から来ている問題を修正するには、基本構造を触らなければ
いけませんから、そこまでするかどうかはお客様次第ですが、
戸車部品の交換やレール部分のクリーンアップなどで出来る限り
スムースに動くように調整してみるつもりです。

写真は、不具合部品とそれが掲載されたアメリカの部品カタログです。

似たような輸入パーツがたくさんある中から同じものを見つけて、
それを調達するのはプロでなければ難しいかも知れませんね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-10 12:17 | メンテナンス
c0108065_17340675.jpg


こちらは、豊田市にある賃貸輸入住宅に取り付けられたアルパイン
(Alpine)社製樹脂サッシです。

上下にサッシを組み合わせた大きな複合サッシですが、そこに使われている
ペアガラスが全て内部結露を起していました。

不具合が起きてから随分時間が経っているのか、ガラスの中は全面曇って
いますし、ガラスの周囲の金属スペーサーも相当錆び付いています。

アルパインというサッシ・メーカーは、国内では手に入らない状況となって
久しいですが、サイズに合わせてガラスを特注すれば、元通りに戻ります。

大家さんもいろいろ管理会社に相談したようですが、輸入サッシを直せる
人間が見つからず、店子のお客様から相当クレームを頂いていたようです。

私たち ホームメイドは、こうしたトラブルを全て修理することは可能
ですが、このサッシは外側からしかガラスを外すことが出来ませんし、
それもハメ殺しのFIX窓が2階に2つもあるので、外部足場を組まなければ
ガラスの詳細寸法も確認出来ず、交換作業も不可能です。

そういった意味では、特注ガラスの調達だけでなく、施工の費用も
結構掛かりますから、それまでしてメンテナンスをするかどうかは、
大家さん次第ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-09 17:59 | メンテナンス
c0108065_10535330.jpg


こちらは、輸入の木製玄関ドアですが、ドア枠とドアとの間にある
隙間が全くない状態になっています。

もう紙すら入らない状況と言っても過言ではありません。

玄関ドアの上には、大きめの屋根(ヒサシ)も付いていますし、
然程雨が当たる状況ではないように思えますが、この梅雨の長雨や
高温多湿といった環境で、ドアや建物の木が膨らんでしまって
いるようです。

恐らく天気が晴れて木も乾燥してくれば、それなりにこのトラブルも
解消してくるように思いますが、また同じ状況になってくれば
ドアが枠に当たって開けられなくなるかも知れません。

反対側のヒンジ側の隙間をチェックしましたが、こちらと同様
隙間が少なくあまり調整する余地がないというのも問題です。

こういう場合、ヒンジ側のドアの側面を少し削って、ある程度
隙間が出来るようにすることが求められますが、その加工や調整は
少し技術が必要です。

高級な輸入住宅であればある程、自然素材を多用して家づくりが
なされていますから、無機質な工業製品のようにはいきません。

その場所やその季節、家の造り方によって臨機応変にメンテナンス
してこそ、長く住むことが出来る輸入住宅となるのです。

そこで何もケアしてあげないようなら、自然素材で出来た輸入住宅は
その美しさを失い、どんどん悪い状態になっていきますから注意が
必要です。

長く何もしないでいいものが素晴らしいものではありません。
手入れをしてやることで、その美しさや質感を保ってくれるものが
本当に価値のあるいいものなのです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-07 11:09 | メンテナンス
c0108065_11142318.jpg


名古屋市にある輸入住宅にお住まいのお客様から、玄関ハンドルの
ドアラッチが充分に作動しなくなってきて、そのうちドアが開かなく
なるのではないかと心配しているという相談がありました。

ハンドルセットは、クイックセット(Kwikset)のもので新築から
10年以上経過しているかも知れません。

建ててもらった地元の工務店に連絡しても、1ヶ月経っても見積も
何もないので、これまで鍵屋さんに2回ラッチを交換してもらっている
とのことでした。

まあ、お客様と工務店との関係は、あまりいい状況にはないように
思いますが、メンテナンスをしないという姿勢は無責任な気がします。

お客様から写真をお送り頂いたのですが、ご覧のようにハンドルの上
にあるレバーを下げてもドアラッチの爪が最後まで入り切っていない
のが分かります。

また、お客様の説明では、このレバーはいつも下がった状態で上に
戻らない状況とのことでした。

よくある不具合は、ドアラッチが経年劣化して内蔵されたバネが機能
しなくなっているというものですが、既に何度かラッチを交換している
ということもあり、ラッチが主な原因であるとは言えません。

(クイックセットのラッチ部品も、10年以上経っていれば交換の必要が
ありますが、数年程度では壊れることはありません。但し、ドアが
下がってラッチの爪がストライクに引っ掛かるという状態の時は、破損の
リスクが高くなります)

恐らく今回のトラブルは、ハンドルセット側に内蔵されたバネ部品や
回転部品に何らかの問題が生じて、ラッチとの連動が充分でなくなった
ことが考えられます。

たまにハンドルの取付け位置等が規定と違っていて、ハンドルセットに
大きな負担が掛かってしまっていたなんてケースもあります。

今回そうしたケースかどうかは分かりませんが、クイックセットを
含めてドアノブ・メーカーは内蔵された小さなパーツだけを供給しては
くれませんから、ハンドルセットの交換をすべきだと思います。

これが完全に壊れてしまえば、ドアが閉まったまま開かなくなるという
ことも考えられますから、玄関ハンドルが変だなと感じたら早めに
専門家に相談するようにしましょう。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-06 11:26 | メンテナンス

雨の合間に塗り直し

c0108065_17153507.jpg


今日は、瀬戸市で木製玄関ドアの塗り直しを行いました。

随分前に作業をすることになっていたのですが、この長雨のせいで
順延となっておりました。

表面の劣化した古い塗装や汚れを紙ヤスリ等で剥がし、その上から
パラペイントの屋外用木部専用防水塗料 ティンバーケアのナチュラル
クリア色を2度塗りました。

部分的に木が削れて無塗装の状態になっていた処もありましたので、
そこだけタッチアップで着色塗料を塗りました。

まだ完全には乾いていない状態で写真を撮りましたから、少し色が
濃いめに写っているような気がしますが、明日にはもっとナチュラルな
感じに落ち着いてきていると思います。

ドアの下の方は少し白ボケした感じになっていますが、木自体が
少し劣化している状態なので、色が変わってみえるのは仕方ないですね。

何れにしても、これで雨がドアに当たっても水を弾いてくれますし、
太陽の紫外線からも木部を守ってくれますから、5~10年くらいは
塗り直しをしなくていいかも知れません。

こうして定期的にケアしてあげれば、木製ドアでもずっと使い続け
られますから、どうぞ皆さんもやってみて下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-05 17:26 | メンテナンス
c0108065_19001796.jpg


今日は、浜松で輸入住宅の現地調査を行ってきました。

1990年代中頃に建てられたおうちでしたが、アメリカ人の大工が
来日して建てたはいいが、その後のメンテナンスが出来なくなった
という状況でした。

アルミクラッドのマーヴィン(Marvin)社製木製サッシを主に使用
していらっしゃいましたが、木部の腐食でいくつかの窓は建具(障子)
を交換しなければなりません。

その他に、今では珍しいミルガード(Milgard)の輸入のアルミサッシ
もお使いでした。

その窓については、アルミなのであまりメンテナンスは要らないんじゃ
ないかとお思いの方もいらっしゃると思いますが、実際はそうでは
ありません。

窓枠の全部がいくらアルミで出来ているとは言え、必ずメンテナンスは
必要となるのです。(特にペアガラスは、内部結露の問題があります)

その一つが、このプラスチックで出来たトップガイド。

これは、シングルハングサッシの建具の側面に付いているもので、
長い棒状のチャネルバランサーが上に飛び出さないように
抑え込むストッパーの役目を果たしています。

ですから、これが壊れてしまうと、バランサーが建具の中に納まって
いることが出来ず、建具を吊り上げる機能が失われます。

チャネルバランサーを交換する際は、出来ればこの部品も一緒に
交換しておいた方が間違いなさそうです。

だって、樹脂で出来ていますから、長年の使用で必ず劣化して
いるでしょうからね。

<関連記事>: 不具合のあるバランサーは飛び出します (2019年4月5日)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

# by mikami-homemade | 2019-07-04 19:14 | メンテナンス