輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade
c0108065_11053594.jpg


昨日に引き続き、岐阜県山県市「やまがたペットクリニック」様の
内装の塗り直しについて書かせて頂きます。

外壁や屋根がきれいになりましたから、今度は室内もということで、
入口の風除室と診察室のドアとケーシングや廻り子、幅木、窓枠の
塗装を行いました。

入口や診察室は、人の出入りが多い場所ですし、たまにはお客様の
ペットが暴れて塗装が剥げてしまうなんてこともよくあるそうです。

ですから、外装を塗り替えた後に室内の塗装もきれいにしようと
いうことになりました。

クリニックとは言えお客様相手の仕事ですから、お客様を迎え入れる
場所は常に気持ちよくしておきたいですよね。

塗装が剥がれないように下塗り塗装を行ってから、上塗り塗装を
掛けますので、時間も手間も余分に掛かりますが、長くお使い頂く
為には大切な作業です。

作業は昨日完了していますから、今日来たお客様も何かきれいに
なったなぁと感じて頂いているのではないでしょうか。

新築してから一度も内装をメンテナンスしていないという輸入住宅も
多いと思いますが、是非室内の塗り直しをしてみて下さい。

きっと見違えるような美しいインテリアを取り戻せると思いますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。


[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-12 11:26 | 塗装工事
c0108065_15462511.jpg


14年前に新築してから初めての塗り替え工事をさせて頂きました。

こちらの輸入住宅は、岐阜県山県市にありますから、私共の会社からは
結構距離はありますが、輸入サッシや輸入玄関ドアのメンテナンスの
お仕事がご縁で工事をやらせて頂きました。

以前は、薄いベージュ色の外壁でしたが、長い間の汚れが壁や屋根に
付着して、結構黒ずんでいました。

今回、明るくしたいというお客様のご希望で、真っ白の輸入塗料を
使って塗り直しをしましたが、如何でしょうか。

冬の青空にもマッチして、明るく清潔な雰囲気になったのでは
ないでしょうか。

また、輸入住宅専門のホームメイドならではの仕事として、輸入サッシ
の枠やガラスの周囲に防水処理を施しましたから、雨漏れやペアガラス
の内部結露のリスクも相当低減出来ると思います。

今回塗った輸入塗料は、汚れも付きにくいという特性や、防水はするが
空気のように小さな分子は通すという特性を持ちます。

輸入の試験段階ですので、メーカーや商品名は控えさせて頂きますが、
色の美しさと長期間の耐久性は国産塗料では不可能だと思います。

外装のデザインや耐久性をアップさせたいというお客様がいらしたら、
是非ご連絡下さいね。勿論、こちらの建物を見に行ってもらっても
いいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-11 16:01 | 塗装工事
c0108065_13322818.jpg


24年前に知多のログハウスに施工されたローウェン(Loewen)社製
ケースメント・サッシ。

こちらのサッシは、外側にアルミカバーがされたアルミクラッドではなく、
全くの木製サッシです。

ログハウスのようなナチュラルなおうちには、木製サッシが似合いますが、
防水塗料があまりいいものではなかったのか、結構傷んできています。

それでも、お世話をして頂ける業者さんがいらしたので、ログも何とか
まともな状態を保っている感じです。

でも、24年も経つとサッシの金物類やウェザーストリップなどは、
錆び付いたり千切れたりしてもう限界を超えています。

そこで、私の方に相談を頂いた訳ですが、写真の金物がケースメントの
サッシに付けられているのは初めてでした。

私たちが以前見た時は、ケースメントではなく、下側が開いていく
オーニングと呼ばれるサッシに取付けられていたと思います。

同じローウェンでも、アルミクラッドのサッシには全く形式の違う
オペレーター(操作金物)が使われています。

珍しいタイプの金物ですから、国内では滅多に手に入らない
部品だと思います。

実物を拝見して部品の特定が出来ましたので、これからメーカーに
部品の調達を相談していきたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-10 13:44 | メンテナンス
c0108065_18031058.jpg


20年くらい前に施工した輸入住宅の掃出しサッシ。

マーヴィン(Marvin)社製ファイバーグラス・クラッドの木製
サッシですが、長年の使用でロックの掛かりが悪くなってきたようです。

ロックレバーを下げると、ラッチのフック(鍵爪)が飛び出して枠側の
ロック受けに引っ掛かる仕組みなんですが、全く掛からなくなりました。

ラッチのフックは作動するようなんですが、その飛び出し方が小さくて
ラッチ受けまで届かない感じです。

鍵爪を出し入れする為の小さなバネが破損して、鍵爪がブラブラに
なってレバーを下げてもうまく動かないという不具合が多いのですが、
今回のようにバネはちゃんと効いているのに、爪がうまく動かない
というのは初めてです。

多分、バネが少し伸び気味になっていて、鍵爪を大きく動かす力が
なくなってきているといった状態かも知れません。

何れにしても、もうすぐバネが切れてしまうかも知れませんし、
現状ロックが掛からない状態ですから、モーティスロックの金物を
交換した方がよさそうです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-09 18:11 | メンテナンス
c0108065_11212335.jpg


北米のインテリアデザイナー、サラ・リチャードソンのピンタレスト
に掲載された写真です。

2つ並んだベッドの上に、更に2つのベッドが配置されていますね。

壁は、上にあるベッドの高さで、デザインが切り替わっていて、
2段ベッドの上で寝る子供たちは、黄色い部屋で寝ている感じが
すると思います。

フロアに置かれたベッドは、恐らく市販されているものだと思いますが、
上に上がる階段や上側のベッドは、大工さんか家具職人の手作りでは
ないでしょうか。

素朴でシンプルなデザインですが、お部屋のナチュラルな感じには
よく合っている気がしますね。

恐らく一家4人の全てが、ここの寝室で眠るのだと思いますが、
私はこうやって家族全員で1つの部屋をシェアするという生活スタイル
には賛成です。

確かにご夫婦のプライベートという問題はあるでしょうが、それより
子供たちと両親とが一緒に過ごすことで、家族としての強い絆が
生まれるような気がするのです。

また、子供たちもパパやママと一緒だと、安心して寝ることが
出来るのではないでしょうか。これは、小さい時期の精神安定という
点では素晴らしいことのように思うのです。

私たちの世代では、家を建てる時にはそれぞれに子供部屋を持たせる
ことが当たり前でしたが、敢えて個室を作らないというスタイルが、
これからのトレンドのように思います。

勿論、勉強部屋も個々に持たせるのではなく、お母さんの近くに
いることが出来るダイニングやキッチンのスペースに座って
勉強やおしゃべりをするという間取りがいいとも思います。

時代によって、住宅に対する考え方も変化すると思いますが、
何を家づくりのテーマにするか、将来どう暮らしていきたいか
によって、新築・リフォームをすべきではないでしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-08 11:33 | 全般

ガレージドアの破損

c0108065_09003263.jpg


20年くらい前に横浜の輸入住宅で施工されたウェインダルトン
(Wayne Dalton)社製のビルトイン・ガレージドア。

大きなトーションスプリングは、以前交換したそうですが、その後
ご覧のようにドアのトップパネルに割れが入ってしまったとのこと。

こちらのガレージドアは、スチール製のようで表面に張られた薄い
鉄板によってドア自体の強度を出しています。

ですから、一部でも鉄板が破損してしまうと、ドア強度が徐々に落ちて
しまい、最後にはパネルが破断するという問題が生じます。

今回このように初期の段階でご相談を頂いたことは、安全上からも
よいことであったと感じています。

こうしたドアの断裂は、ドアに無理な力が掛かった結果であったり、
表面の鉄板が錆びて劣化してしまったりして起こります。

全体的なバランスの調整やレールの位置確認、バネ強度のチェック
などを行って、必要あれば部品を交換した上でガレージドアそのものを
入れ替えるというメンテナンスを行います。

また、電動オープナーも一度も交換したことがないということですから、
寿命もそろそろという状況ですので、こちらも交換となるでしょう。

あとは、名古屋から横浜までの距離を如何に解決するかが問題です。

ただ、ガレージドアの修理・メンテナンスを出来る職人さんも
減ってきていますから、何とか私たちがお手伝い出来ればという
気持ちでおります。

さて、どうなりますか。乞うご期待!

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-07 09:15 | 輸入設備
c0108065_09370854.jpg


20年前に輸入住宅を建てさせて頂いたお客様の処に伺ってきました。

何でもこの冬に雨が降ると、3階にある部屋のドアの上枠から水が
ポタポタ落ちてくるらしいのです。

昨日は朝から強い雨が降ることもあり、お昼過ぎに伺えばその様子が
見えるから来て欲しいと言われ、早速状況を確認させて頂きました。

でも、雨がしっかり降ったにも拘わらず、何故か雨漏れはどこにも
ありません。

お客様も不思議に思っていらっしゃる感じでしたが、経験上私は
雨漏れではないことにピンときました。

そう、これは屋根裏空間の結露ではないかと思います。

冬場は外気が冷たく、屋根の表面はひどく温度が低くなります。

逆に室内は加湿器や暖房を入れて、高温で湿気が多い状況となり、
その空気は上へ上へと上昇し、最後には屋根に近い屋根裏にまで
到達します。

そこで低い温度の屋根の裏側に触れて、湿気が水分に変化する結露が
発生し、天井の際からや壁の中を伝ってドア枠から出てきたのでは
ないかと思うのです。

こうしたことが雨漏れのように私たちの目に見えるようになるには、
それなりの時間が掛かります。それは、屋根裏が天井板で塞がれて
見えなくなっているからです。

そうした水分が天井の石膏ボードに染みて、カビが生える状況に
なる為にはある程度の時間を要します。つまり、不具合が蓄積されて
いるという状態にある訳です。

昨日は雨が降っていましたが、気温は名古屋で16度もありましたから、
屋根は冷えておらず結露が発生する条件にはなりません。

勿論、私の推測が間違っている可能性だってあるかも知れません。

その為に、出来るだけ早く天井の一部を開けて、天井裏の状況を
確認すると共に、屋根からの雨漏れがないかもチェックする必要が
あると思います。

輸入住宅の雨漏れトラブルを疑っていらっしゃる皆さん、構造が腐る
前にちゃんと原因を調査して適切な対策を打つことが大切ですよ。

<関連記事>: 屋根裏及び屋根裏部屋の結露対策(1)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-06 09:53 | メンテナンス
c0108065_10191080.jpg

こちらは、先日愛知県常滑市の輸入住宅で外したマーヴィン(Marvin)
社製掃出しサッシの建具(ハメ殺し側ドア)を外した様子です。

スライディング・パティオ・ドアとも呼ばれますが、輸入のものは
防犯性を強固にしていますから、取り外すのは相当大変でした。

不具合のあるドアはトリムラインという古いシリーズのもので、現在は
販売がされていませんが、交換用に新しいものを製作してもらいました。

ご覧のように、アルミクラッドのドアの下枠の木がボロボロに腐って
しまい、原形を留めていない状態です。

こうなってしまう原因は、2つあると思います。

1つは、屋外側のアルミ枠やペアガラスに隙間が出来て、中にある木部
の方にまで雨水が染みてしまったこと。

2つ目は、現場施工された塗料が、屋外用の木部用防水塗料でなかった
ということです。

私たちが修理の為に建具を調達する際は、外回りの部分を防水剤で
防水処理を行い、室内側の木部についてはパラペイントの木部専用塗料、
ティンバーケアで細部まで防水塗装を行います。

(但し、万一雨が入ってしまった際の水抜き箇所まで防水剤で塞いで
しまうと、反って木が腐る原因になりますから、輸入窓構造を熟知した
施工者に依頼することが大切です)

新築時の施工業者や通常の修理業者だと、外部の防水処理を行わない
ばかりか、木部塗装も内装用のウレタン塗装やニス、又は油性のステイン
を塗るだけで、防水性のある木部専用塗料を用いることはまずありません。

同じ不具合を繰り返さない為にも、輸入の木製ドアやサッシをお使いの
皆さんは、窓の内外について定期的に防水メンテナンスを行うことを
お勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-05 10:33 | メンテナンス
c0108065_11002057.jpg


19世紀に建てられたイギリスの巨大な温室、テンパレートハウス。

その巨大さから言って、温室というよりはガラスの宮殿といった方が
いいのかも知れません。

今回60億円を掛けて修理・改修をしたらしいのですが、150年も前に
建てられたものがちゃんと機能しているなんて素敵です。

日本の輸入住宅でもイングリッシュ・コンサバトリーをおうちに
隣接させて設置することが多いですが、塗装や防水メンテナンスを
ちゃんとすれば、100年くらいは持つはずです。

テンパレートハウスのように大きなものは無理にしても、安っぽい
アルミのサンルームを造るくらいなら、英国製のコンサバトリーを
是非採用して欲しいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-04 11:09 | 輸入住宅

輸入網戸固定用の板バネ

c0108065_10101405.jpg


昨日に引き続き、輸入の樹脂サッシに付いている網戸の話題ですが、
この写真のものは網戸を窓枠に固定する為のバネ部品です。

窓枠の溝に網戸のフレームを差し込むのですが、その時このバネが
溝の中で反発して網戸がしっかり固定されるという仕組みです。

亜鉛メッキされた鉄で出来ていますが、意外と耐久性は高く
10年くらいでは全く不具合は出ない感じです。

でも、網戸を構成しているその他のパーツが劣化するなどして、
フレームからこの板バネが外れてしまうということがあるようです。

そうなると、戸外のどこかにこの部品が落ちてしまって、紛失する
こともしばしばです。

輸入サッシの網戸には必要な部品ですから、なくなってしまったら
早めに手に入れるようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てれば幸いです。

[PR]
# by mikami-homemade | 2018-03-03 10:14 | メンテナンス