輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

タグ:安全 ( 287 ) タグの人気記事

グラスウールは袋詰め

c0108065_13411902.jpg


先日、作業をする為の資材を買いにホームセンターへ行きました。

マスキング・テープや梱包用テープ、網戸交換の道具などを購入
したのですが、そんな時目に留まったのがグラスウールの断熱材。

ビニールの袋に詰められて、掛布団のように丸められた形で
たくさん積まれています。

私たちは、セルロースや天然ウールといった自然素材の断熱材しか
使いませんから、こうしたものを記事に取り上げることも殆ど
ありません。
 
ただ、多くの住宅メーカーや工務店は、自然素材の断熱材なんて
全く使いませんから、グラスウールは皆さんにとって馴染深いと
思います。

グラスウールは、柔らかい綿のような手触りですから、一見
気持ちいい素材のように思うかも知れませんが、元々ガラスと
いう素材ですから、細かなグラスウールの繊維が服に付いたり、
体に付いたりすると肌を刺激してチクチクします。

そして、喉や鼻に入ってしまうと咳き込むこともしばしばです。

また、ガラスですから水や湿気を吸うということもありません
(表面張力や毛細管現象でグラスウールの表面に留まるだけです)。

そういう状態になると、グラスウールの断熱性能は急激に低下して
しまいますから、壁の中に水や湿気が入らないようにべーパーバリア
というビニールシートを張って壁の中を窒息状態にするのです。

勿論、完全な気密空間を作ることは難しいですから、中に入れる
グラスウールもビニール袋に入れて口を塞がなければいけません。

でも、壁の柱材は間隔が狭い場所や窓等が途中にあって、断熱材の
袋をカットしなければばならない状況も存在します。

そういう時は、大工さんが袋ごとグラスウールをカットして
壁の中に入れていくのですが、カットした部分をそのままにして
切りっぱなしというケースが殆どです。

そういう状況にすると、壁体内結露が発生した場合、グラスウールに
水分が滞留し乾燥した状況が失われますから、断熱性能が落ちる
ばかりか、カビやシロアリなどの繁殖を促す恐れも生じます。

また、水を吸うと重くなりますから、ホチキスで留めたビニールが
外れて、壁の下の方に脱落してしまうことも多いのです。

安くて手軽な素材ですから、家をお値打ちに造るということには
貢献しますが、ちゃんと施工しないと断熱性や健康にも影響が
出ますから、気を付けたいものですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-17 13:58 | 断熱材入れ工事
c0108065_12122800.jpg


先日、20年来のお客様から水道の配管から僅かに漏れがあって、
水道企業団のサービスに来てもらったという連絡を頂きました。

企業団は、普通の水道屋が持っているよりも優れた道具を持っている
らしく音での調査をある程度正確に行えるとのことでした。

企業団は、おおよそこの辺りではないかということをお客様に伝え、
水道管の補修は水道屋にやってもらうようにと言っていたそうで、
私の方で水道屋を手配してくれるようにとご依頼を頂きました。

そこで、企業団が想定した辺りにあった埋込型の散水栓の水道管を
確認し、その先の水道管に問題がないかチェックしました。

でも、散水栓につながる水道管には特に問題は見られなかったので、
散水栓の配管ではなく、建物の方に行っている本管部分が怪しい
という結論になりました。

ただ、それがどこに走っているかということは、再度企業団に
調査してもらわないと正確な位置は分かりません。

何せ駐車場のコンクリートを全て剥がす訳にはいきませんし、
散水栓の脇にある擁壁の向こうとなれば、相当大掛かりに
工事を行う必要が生じます。

ただ、企業団の調査は、相当混み合っているらしく、何ヶ月も
先になるかも知れないとのこと。

企業団はここ日進市、東郷町、三好市、長久手町、豊明市をカバー
しているらしいですが、それこそ毎日何軒も調査をしているという
ことでしょうから、ほぼ毎日この限られたエリアのどこかで同様の
トラブルが発生しているということになります。。

水道管は、塩ビの管を接着剤でつないだだけという簡単な構造
ですから、毎日水道の圧力が掛かっていればそのうち管の接続が
抜けてくるというのは当たり前ですが、もう少し資材メーカーも
考えた方がいいような気もします。

そうそう、水道管の漏れは、ちょっとだからと放置してはいけません。
そのうち完全に外れてしまうと、家の水道は全く使えない状態に
なりますし、水道屋もすぐに復旧は出来ませんから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-15 12:24 | メンテナンス
c0108065_11211613.jpg


昨日は、輸入資材を販売しているオスモさんが主催された雨漏り
セミナーに伺ってきました。

輸入住宅・国産住宅を問わず、家の雨漏れは多く発生しています。

日本人の生活の変化や多様化、地球温暖化による強風・豪雨の頻発や
夏の高温多湿、冬の豪雪や低温といった環境変化に建材メーカーや
施工者たるビルダーも対応しきれていないとも言えます。

そんな中、私以外にもこうした問題に正面から対処しようと試みる
人はいるようです。いや~、勉強になりました。

窓周りの開口部や外壁、そして屋根や軒との取り合いといった部分は
勿論ですが、陸屋根(傾斜のない平らなパラペット・屋根)やベランダ
でも雨漏れによる構造の劣化は見逃せません。

実際、私もここ1年の短い期間だけで何軒もバルコニーの床や
手摺壁に問題を抱えたお宅を見てきました。

バルコニーの壁の中に通気層を取っているにも拘わらず、その空気の
出口や雨水を逃す排水の仕組みがない家もありました。

また、そういった通気層を取らずに、防水シートの上にサイディングや
モルタルを直に施工した直張りの構造は非常にリスクが高まることを
全く知らない建築業者や設計者も多くいます。

写真の日経ホームビルダーの表紙にも、バルコニーの手摺の上に
付ける笠木を外した状況の写真が写っていますが、防水紙や捨て貼り
されたサイディングの下の木がカビたり腐ったりしているのです。

つまり、手摺壁の笠木部分は、通気の仕組みが必要ですし、壁に垂直に
張る透湿性防水シートや吸水性のあるコンクリート製のサイディング
を手摺の上に張ってはいけないということを暗に示しています。

そういった問題点があるにも拘わらず、そうした施工を続ける施工者
がたくさんいるし、その解決方法を知らないで単に現状復旧して
終わりにするリフォーム業者ばかりです。

やはり、原因と対策を明確にして、しっかりとした修理計画を立てる
ようにしないと、やっつけ仕事で直ったふりをするだけになって
しまうと思います。

確かにお金を出来るだけ掛けたくないという気持ちも分かりますし、
安い業者がいればそちらでやってもらうというのが人情ですが、
高い業者と同じ仕事をするかどうかは疑わなければいけません。

愛着のある家に長く住みたいと考えるなら、しっかりした知識と
経験のあるビルダーかどうかを見極め、ずっと面倒をみてもらう
ような関係を築くことこと重要かも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-13 11:33 | メンテナンス
c0108065_16472796.jpg


こちらは、アンダーセン(Andersen)社製のスライディング・
パティオドア(掃出しサッシ)の室内側の写真です。

今回、お客様から雨漏れの相談を頂きました。

先日の台風の強い雨風で、サッシの上端から雨が室内に侵入してきた
というものでした。

写真を頂いただけなので、はっきりと侵入箇所が確定した状況では
ありませんが、木製ケーシング(飾り枠)とサッシ本体との隙間から
雨が入っているのかも知れません。

もしそうだとすると、サッシそのものが雨漏りしているというより、
構造体とサッシとの間に明けられた遊びスペースから雨が入ったと
いうのが、論理的でしょう。

ただ、そういったスペースから雨が侵入することを防ぐ為に、
ネイルフィンの上から防水用のブチルテープを張ったり、そのテープ
の上から透湿性防水シートで覆ったりして、雨が入らないような
ハードルをいくつも設けるのが普通です。
(防水シートは、ネイルフィンでサッシを取り付ける前にも構造体を
覆っています)

こうしたことは、私たち ホームメイドが施工する時のやり方ですから、
全ての住宅メーカーや工務店が同じように行っているとは限りません。

ですから、施工手順に間違いがあったり、手順の一部を省略したり
していれば、雨漏れのリスクが発生します。

また、サッシ周りの防水処理は、雨の侵入を防ぐ最後の砦ですので、
窓上の外壁材の割れや屋根や小屋裏から水が下に伝ってくるなどの
構造的な問題がある可能性も大きいと言えます。

あと、特殊なケースですが、サッシの周囲に取り付けられている
ネイルフィンが何らかの原因で外れてしまい、そこから水が
入ってきたという不具合も見てきました。

(ですから、ネイルフィンとサッシ本体とのつなぎ目まで
ブチルテープ等で覆ってやることが必要ですが、ネイルフィンを
本体の一部と思っている施工業者だとネイルフィンの上だけしか
テーピングしていないように思います)

こうした雨漏れは、サッシそのものが雨漏れしたというよりは、
その周囲の問題によって引き起こされたと考えるべきです。

つまり、輸入サッシだから雨漏れしたというのではなく、国産
を含めたどんなサッシでも、施工の不具合によって雨漏れは
発生するのだということを心しておかなければなりません。

もしサッシの周囲から雨漏れしたというトラブルが起きたら、
どこから水が侵入したのか、外壁を含めて周囲の状況はどうか、
上の階の部屋に雨漏れはないか、などをチェックした上で、
サッシや外壁を非破壊検査することをして下さい。

調査の為に拙速に外壁やサッシを壊してしまうと、必要のない
復旧工事までやらなければならなくなりますから・・・。

そういった意味では、専門知識のあるプロのビルダーに相談
すべきかも知れませんよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-10 17:03 | 外装工事
c0108065_15271740.jpg


今日もマニアックな商品をご紹介しましょう。

まあ、世の中の殆どの人には、何にも関係がないものだと思います。

この写真は、マーヴィン(Marvin)社のスライディング・パティオ
ドア、いわゆる掃出しサッシに付いている木製の戸当りの先に
付いているゴムなんです。

輸入の掃出しサッシは、通常片引きと呼ばれる片方のドアしか開閉
出来ない窓になっています。

ですから、ドアを全開する度に、いつもこの戸当りのゴムに負担が
掛かります。

木で出来た戸当りの先に、針を差してこのゴムを装着している
のですが、そのうちこのゴムが劣化してボロボロになってきます。

昨日、セーフティ・プラス・スライディング・パティオドアの
修理をしてきた際に、この戸当りのゴムが欲しいと伺い、調達する
ことになりました。

たかが直径2cm程度の小さな部品ですが、これがあることで
開閉時にドアが傷まず、長くお使い頂けるようになるのです。

恐らく多くの輸入住宅でも、こうした戸当りの劣化が放置された
ままになっているでしょうから、是非チェックして交換する
ようにして下さいね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-09 15:35 | メンテナンス
c0108065_12465984.jpg


最近、立て続けにマーヴィン(Marvin)の掃出しサッシの不具合
についてお問合せを頂きました。

と言っても、普通のスライディング・パティオドアではなく、
防犯性が高く値段も少々高価だったセーフティ・パティオドアと
呼ばれる片引きの掃出しサッシです。

こちらに付いているハンドルロックがうまく機能せず、鍵が掛からなく
なってしまったというトラブルなんですが、これに対処する方法が
あまりなくなっているという現状があります。

それは、何年か前にマーヴィン自体が、このシリーズの生産を
打ち切って、メンテナンス用のパーツや交換用の建具(障子)も
製作しないという方針を打ち出したからです。

この掃出しサッシは、日本国内の輸入住宅でも多く出回り、
少し高級志向を狙ったデザインのおうちでよく見かけます。

今回のお客様もハンドルにあるロックのサムターンは動くものの、
鍵が掛からないという状態になっているそうです。

お客様にはそういった事情を説明し、ダメ元になるかも知れないが
現場調査及び調整作業にトライするかどうかをお伺いしました。

部品自体の不具合ではなく、単なる部品の位置のずれの修正で
直るようであればいいのですが、万一部品の交換が必要となると
直らない可能性が高くなります。

そういった時どうすればいいのかをマーヴィンにも尋ねたのですが、
サッシ全体の交換以外方法はないとのこと。

いや~、それはちょっときついでしょ~。だって、ロック部分を
修理すれば、全然そのまま使えるサッシですもんね。

これを外壁から外して交換するとなると、内装側もきれいに元通り
にしなきゃいけないし、サッシの周囲からの雨漏れのリスクも
一定程度発生します。

勿論、国産サッシなら部品が手に入らなくなることは、よくある
ことではありますが、長くお使い頂けるだけのクオリティや
アフターサービスがあってこその輸入サッシでもありますから、
補修部品だけでもマーヴィンには何とかしてもらいたいものです。

最悪、調達可能な部品メーカーや品番くらいは、教えてもらえない
ものでしょうかねぇ。

何れにしても、直せるかどうか一度やってみます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-07 13:11 | メンテナンス
c0108065_23521224.jpg


今日は、アンダーセン(Andersen)社製ダブルハングのメンテナンス
の調査の為に、お客様の輸入住宅に伺いました。

長年メンテナンスをお願いする先がなかったということで、窓も
いろいろ修理や交換すべき箇所がいくつもありました。

上下の建具の交換や網戸の張替え、全てのダブルハングのバランサー
の交換と盛りだくさんの内容でした。

それでも、何とかしたいという思いがいつもあって、掃除をしたり
ガラスを拭いたりはして頂いたそうで、まだ何とか直せるレベルに
納まっていましたから、よかったです。

家を何とか維持していきたいという気持ちが、やはり一番大切です。

家の調査が一段落して、奥様と少し談笑させて頂いた折に、
サッシの下側に何か付いているんだけど、あれは何ですか?という
質問を頂きました。

窓の外側のそれも下の方に何か付いていたかなと不思議に思い、
家の外へ出てみました。

その時撮った写真がこちらです。皆さん、何だか分かりますか?

多分、普通の人では分からないと思いますが、これはサッシを
構造体に打ち付けておく為のネイルフィンと呼ばれるものです。

これがサッシの四方に付けられていて、この樹脂製のフィンを
釘やビスで構造に固定する為に使われます。

つまり、このサッシは、下側が構造体に固定されていないという
ことです。ただ、その他のフィンが留めてあるでしょうから、
サッシが家から外れることはありません。

恐らく、このフィンを外壁の外側に持ってくることで、水返しの
役割を持たせようとしたのではないかと思います。

しかし、こうした施工をした場合、フィンと外壁材とのつなぎ目や
フィンの両端の防水処理をしっかりやっていないと雨漏れのリスク
が発生します。

幸い防水コーキングなどは、少し汚く感じられるくらいベットリと
塗り付けてありましたから、今の処は大丈夫です。

それにしても、施工方法を熟知しない大工(職人?)さんは、
想像力を駆使して思いもつかぬ納め方をするもんです。

それに気付いたお客様も、大したものだと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-07 00:05 | 外装工事
c0108065_19490062.jpeg


窓メーカーが不明の輸入の掃出しサッシですが、刈谷市のお客様から
鍵が掛からなくなったので、修理して欲しいというご依頼でした。

当初は、ハンドルセットの外し方が分からないということで、
金物のロックケースの問題だけか、それともロックレバーの心棒が
折れてしまったことも原因なのか、判別が付きませんでした。

そこで、ロックレバーが付属しているハンドルセットごと交換する
ことも考えました。

(勿論、私が現地に伺って調査をすれば分かることなんですが、
それをやると部品代が出るくらいの費用となりますから、ハンドルを
調達した方が合理的です)。

ただ、その後お客様がご自身で何とかハンドルを外してみた処、
ロックレバーの心棒には問題がなかったそうで、ロックケースだけ
の交換で済みそうです。

内外のハンドルは、やや黄色く変色してきていますから、そのうち
交換が必要となる気もしますが、取り敢えず使えるうちはお使い
頂くということでいきたいと思います。

こうしたロックケースやハンドル、ロックレバーは、アメリカでは
全て部品メーカーから調達出来ますから、10年以上経ったサッシでも
メンテナンスは大丈夫です。

そういう息の長い製品が多いのが、輸入資材の特徴ですね。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-10-01 19:59 | メンテナンス
c0108065_19531611.jpg


こちらは、先日お客様の輸入住宅で不具合を起こしたクレストライン
(Crestline)社製のアルミクラッド輸入サッシ。

雨漏れをしていたことに長年気付かず、最近窓を開けることがあった時
こうなっていることを発見したそうです。

短手方向にあるはずの木枠の殆どが、腐って脱落しているのが
分かります。

実は、このサッシの建具(障子)は、上下を逆さまにして撮影しました。

つまり、腐った建具枠は、下側の枠ということです。

雨は、当然のように上から下へ流れます。外装のアルミ枠のつなぎ目や
ガラスとアルミ枠とが接する部分が、雨が入り込む一番リスキーな
場所と言えます。

そういった場所から入った雨水が、木枠の下へと落ちていき、
外に排出されることなくサッシの内部で溜まってしまうのです。

外に水が出てくれば、気付く機会も多くなるかも知れませんが、
出てくる時は木枠に穴が明くくらい既に相当腐っている状況である
ことが殆どです。

こうなることを予防するには、出来るだけ全ての窓を開ける習慣を
付けることと、雨が降った翌日はアルミクラッドのサッシが乾く
ように風を通してあげることです。

特別面倒な作業ではありません。当たり前のことを普通にやれば
いいのです。ただ、たまには防水塗装やコーキングもして下さい。

今非常に強い台風24号が名古屋の手前まで来ています。皆さんの
おうちにも被害がないことをお祈りしています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-30 20:08 | メンテナンス
c0108065_22063865.jpg


こちらは、先日お客様の輸入住宅で吹き飛ばされたアスファルト
シングルの屋根材を撮った様子です。

横方向に一列、二列といった具合に、美しい屋根材が剥がれています。

この他にも先般から続く台風で、屋根材が剥がれたおうちが、いくつも
あるのですが、どこでどんな強さの風が吹くか分からない状況では、
どんな屋根材であろうと、絶対剥がれない保証はありません。

ただ、写真をよく見ると、剥がれた屋根材の場所には黒いシートの
ようなものが覗いています。

実は、これが本当の屋根材(防水材)であるアスファルトルーフィング
という材料です。

これがしっかりしている限り、屋根から雨漏りをすることは
ありませんから、ただちに屋根にリスクが生じることはありません。

それにしても、月曜くらいにまた名古屋周辺に強くて大きな台風が
やってきます。

今年は、温暖化のせいか強烈な台風が多いですから、また他の
お客様のお宅で屋根が破損しないか心配ですが、自然現象では
手の施しようがありませんね。

何れにしても、台風による家のトラブルには十分お気を付け下さい。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-09-27 22:28 | メンテナンス