輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

タグ:安全 ( 308 ) タグの人気記事

ペアガラス内部の錆び

c0108065_15383758.jpg


静岡県伊東市のお客様からハード(Hurd)社製の掃出しサッシの
建具(ドア)交換のご依頼を頂きました。

室内側が木で出来たアルミクラッドの重厚な掃出しサッシなんですが、
ペアの強化ガラスの中に水分や湿気が入り込んで、中で内部結露を
起しています。

こうした結露は、ペアガラスの中を曇らせるだけでなく、緑色の藻
のようなものが出てきたり、ガラスの周囲の金属やゴムのスペーサー
部分を劣化させたり錆びさせたりしてしまいます。

これを放置しておくと、一体となったペアガラスの接着が緩くなって
ガラスが動いて固定出来なくなるという恐れが生じますから、最悪
サッシからガラスが脱落することにもなりかねません。

この不具合は、屋外のアルミ枠とガラスとの間に入れられていた
防水コーキングやパッキン材が劣化して、そこに出来た隙間から
雨や湿気がサッシ内部に侵入したことで起こります。

一旦内部結露をしてしまうと、ペアガラスの中から水分を外に出す
ということは出来ませんから、ハードの場合建具(ドア)ごとの
交換が必要です。

輸入樹脂サッシなどは、ガラスのみの交換が可能なものもありますが、
アルミクラッド・サッシの多くは建具を交換しなければ直せません。

今回は伊豆半島までの出張修理となりますが、新しい建具はちゃんと
ガラスの防水処理やパラペイントのティンバーケアで木部の防水塗装
を行った上で取付けに伺います。

メーカーから出荷されたものをそのまま取付けるだけなら簡単ですが、
そこにひと手間加えて不具合のリスクを減らすのがホームメイドの
仕事です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-12-13 15:53 | メンテナンス
c0108065_22373076.jpg


先日現地調査にお伺いした輸入住宅に、カナダの窓メーカーの
技術を導入して国内生産した菊竹産業製のシュエット・サッシ
(Chouette)が施工されていました。

そこの掃出しサッシのハンドル不具合について相談を頂いたの
ですが、そのロック金物をご覧下さい。

ドア側が少し凹んでいて、そこの中に鍵爪のロックラッチが
内蔵されています。

ここにドア枠側の受け金物が入り込んで、ロックラッチの爪が
ガッチリ掛かる仕組みです。

つまり、ロックラッチは中からも外からも全く見えない状態で
ロックされますから、この部分を破壊して泥棒が侵入することは
不可能と言えます。

また、彫り込まれた部分にあるロックラッチは、上下2ヶ所。

ただでさえモーティスロックは防犯性が高いのですが、これだけ
ロックが強固だと、空き巣だろうが泥棒だろうが、ここを破壊
するなど全く手が出ないはずです。

輸入の掃出しサッシは、ペアの強化ガラスで出来ていますから、
ガラスを割って侵入するのも躊躇するかも知れません。
(当然、台風の風くらいでは割れません)

ただ、人の目や破壊音など気にしない荒っぽい手口の犯罪者も
いますから、絶対安全とは思わないで下さいね。

それにしても、北米のサッシは国産に比べて防犯性は比較的
高いですから、是非採用してみては如何でしょうか?

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-12-10 22:52 | 輸入設備
c0108065_14374561.jpg


埼玉のお客様からローウェン(Loewen)のスライディング・パティオ
ドア(掃出しサッシ)のロックが壊れたという相談を頂きました。

写真を見てみると、鍵爪(ラッチ)が出る穴の奥に小さなバネが
飛び出してきています。

このバネが鍵爪を出し入れするのに使われていますから、バネが破損
してしまうと、ちゃんとアクションしなくなってしまいます。

こういう場合、バネだけを交換すれば直るように思われがちですが、
鍵爪が内蔵されたロックケースは分解することが出来ない構造に
なっています。

簡単に分解出来れば、もしかしたら泥棒が壊してロックを外してしまう
なんてことが出来るとも限りませんからね。

ですから、バネが飛んだ時は、ロックケースごとの交換となります。

ただ、いつも書かせて頂くようにこうしたロック金物の多くは、
部品メーカーが製造している汎用パーツですから、比較的簡単に
アメリカから交換部品を手に入れることが可能です。

年末年始に掛けて、買い物や旅行でお出掛けする機会が多くなります。

鍵が壊れた状態では空き巣など心配なこともあるでしょうから、
早めに部品を交換しておくことをお勧めします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-12-09 14:48 | メンテナンス
c0108065_12281341.jpg


一昨日三重県四日市市の輸入住宅で、ペラ ウィンドウ(Pella)の
建具(障子)交換メンテナンス工事を行いました。

先日ブログ記事で、6枚の建具の木部塗装や防水処理を行った
ということを書きましたが、その建具がこれです。

幅は75cm、高さは1.6mもある建具ですから、ほぼ掃出しサッシの
ドアを交換しているような大きさです。

今回建具の木部が腐食したということで交換することになったのですが、
建具の傾きや歪み、窓全体の防水性・気密性も調整する為にウィンドウ
ヒンジや開閉オペレーター等の交換やウェザーストリップの交換も
行いました。

写真は長いウェザーストリップを手に取って、窓枠に取り付けようと
している様子です。

建具が正しく窓枠に入り込まないと、変に隙間が生じますから
建具の傾きをヒンジの取付け位置で調整します。

また、窓を開閉する為のオペレーターは、長年の使用でギアが
摩耗してきますので、そういった金物も定期的に交換してやると
問題が起きにくくなるのです。

そして、ウェザーストリップは、縮んだり破れたりして気密や防水
性能が発揮されなくなりますから、これも同時に交換します。

サッシの復旧時にこうした定期メンテナンスを行うことで、
以前よりも増して使いやすくスムースになること請け合いです。

それから、今回交換させて頂いた高さが1.6mもあるような大きな
建具は、ペアの強化ガラスになっています。

一定の大きさ以上の窓ガラスでは、通常のガラスでなく強化ガラスを
使うことが北米において義務付けられているのです。

防犯上もさることながら、台風の風でもビクともしませんから
安心してお使い頂けますね。ただ、その分重いですが・・・(笑)

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-12-07 12:39 | メンテナンス
c0108065_14265593.jpg


以前にも輸入サッシの網戸用スクリーンについていくつか記事を
書かせて頂きました。

犬や猫が引っ掻いても破れにくいペット向けスクリーン、高強度
タイプのアルミ製金属スクリーン、蚊やノミなどの小さな害虫も
入れない極小網目のスクリーンなど様々なものが売られています。

輸入スクリーンの殆どは、グラスファイバー製の糸を使用しています。

ですから、国産のスクリーンに比べて破れにくく、水洗いしても
型くずれすることもありません。

また、アルミやグラスファイバー製の網は、火であぶっても穴が
明いたり燃えたりすることもないので、誤って煙草の火で触って
しまっても大丈夫です。

網目の細かさですが、1インチ(25.4mm)角の中で縦14本、横17本
の糸が張られたものであれば、糸の幅は最小で1.5mm程度となります。

これなら、小さな虫は部屋に入ってこられませんし、外の景色も
ちゃんと見ることが可能です。そうそう、スクリーンの色をグレーに
すれば、更に網目は気にならなくなりますよ。

そして、グラスファイバーのものは、国産の網同様カッターナイフで
簡単に切ることが出来ますから、DIYで自分で交換することも可能です。

輸入サッシだけでなく、国産サッシをお使いの皆さんも、是非輸入の
スクリーンを採用しては如何でしょうか。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-12-06 14:41 | メンテナンス
c0108065_20513180.jpg


カナダの技術を導入してOEMで製作されていたIMS カナダ社製
ボレアル・ウィンドウ。

メーカーは既になくなってありませんから、サッシの不具合が
あった時にはお客様は相当お困りだと思います。

今回は、大阪府豊中市の輸入住宅にお住まいのお客様からのご依頼で
ペアガラスの交換とコイル・バランサーの交換をしてきました。

写真は、シングルハングのサッシから割れたペアガラスを取り外す
前の状態です。

フレームの四方に取り付けられたガラス押えを取り外して、ガラス
全体を露出させた処です。

このサッシは、ガラス押えが樹脂のフレームに塩ビ溶接されていて、
簡単には外せない状態になっていました。

屋外側ならまだしも、室内側でそうした処置をしてある窓は
初めて見ました。

ですから、このガラスの押し縁を外すのが一苦労。適切な道具や
知識がないと絶対に外せません。

その後、シール材をきれいに外し、新しい断熱ペアガラスを
入れ込みましたが、採寸通りピッタリでした。

前もって用意してきたものを予定通りに施工出来ると、何だか
嬉しいものですね。

最後にガラスの屋外側を防水処理して、建具(障子)は見事
窓枠に装着出来ました。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-11-20 21:07 | メンテナンス
c0108065_21281909.jpg


スチール製の勝手口ドアの塗装の相談を頂きました。

ピーチツリーなどのドアの場合、ドアの上端や下端から雨水や湿気が
ドアの内部に侵入してくることがよくあり、ドアの中から錆が浮いて
くるというトラブルが発生します。

これを防ぐ為にはドアの上端や下端を塗装したり、隙間を埋めると
いった防水処理をしてやる方法や、ドアを雨から守る庇(ひさし)を
付けてやることをしなければなりません。

ただ、ドア本体以外にも劣化してくる部分があります。
それは、屋外側のドア枠(ブリック・モールディング)。

古いドア枠は木製であることが多く、それにも拘わらず木部用の
防水塗料が使われていないケースが殆どです。

ですから、木が呼吸をしようとして塗装を剥がし、塗装に細かな
亀裂が出てきます。

そうした部分から雨水が木に浸透し、そのうち木を腐らせることと
なります。

次に問題なのは、木のドア枠が勝手口台のコンクリートの土間に
接していたり、ドア枠がコンクリートに埋め込まれて固められて
いることもあります。

コンクリートは水を通す性質がありますから、その水がドア枠を
徐々に襲ってきます。また、表面張力が働いてドア枠の下端に
水が溜まるなんてことにもなるのです

木製ドア枠は、床面から数センチでも上げて装着し、常に乾燥した
状態を作ることこそ長持ちの秘訣です。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-11-17 21:47 | 外装工事
c0108065_23465390.jpg


1Fのリビングの天井に雨染みが出来た一宮市の輸入住宅。

リビングの上の階には、半分オーバーハングして、半分セットバック
したバルコニーがある。

セットバックした2階の外壁には掃出しサッシが付けられているから、
そこから雨漏れしてリビングの天井の中ほどにある処に染みが出来た
のではないかと考えたのだが、サッシ付近にホースで水を掛けても
雨漏れするような兆候はない。

強い雨の際にボタボタ落ちたというから、ホースで水を掛ければ
同様のことが起こっても不思議ではない。
 
でも、それ以外から雨漏れしそうな場所が見つけられない。

そんな時、サーモカメラで撮った写真を検証してみた。

天井の一番端の外壁に近い処の温度が低い。もしかしたら、バルコニー
と1階の外壁とが接している部分であるバルコニーの軒裏部分に何か
問題があるのかも知れない。

でも、普通雨が当たることがない軒裏から雨漏れがあるのだろうか?

そして、お客様が再度ご自宅を見回してみた処、発見したのが
この写真。

バルコニーの床に溜まった雨を下に落とす為の雨樋が付いている
のですが、その雨受け部材がバルコニーの下で外れ掛かっていたのです。

外れているからと言って、それがすぐに雨漏れにつながる訳では
ありませんが、こういう部分から強い風で吹き上げられた雨水が
入り込むなんてことがないとも言えません。

こんな処からは考えられないという場所から、実際には侵入していた
なんてことはよくあることなのです。

今までの思い込みを捨てて、どんな処からも入る可能性があると
考えて、検証を進めていくべきかも知れません。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-11-15 23:59 | メンテナンス
c0108065_15064332.jpg


こちらは、岐阜県大垣市のお客様から相談頂いたフレンチドアの
ドアヒンジ。

ドア側の蝶番部分が破損して、内蔵された調整金物が露出しています。

このドアは、高級輸入サッシのローウェン(Loewen)社のテラスドア
なんですが、ドアの位置を調整する為の金物が仕込まれた特殊なヒンジ
が組み込まれているのです。

こういう調整金物が仕込まれたテラスドアは、高価なものでは
多くあるのですが、その中でも細かく調整が可能なタイプだと思います。
 
機能が付加されている分、このヒンジの価格は普通のヒンジと比べて
何倍もするのですから、さすがローウェンと言えるかも知れません。

このように破損するケースは少ないのですが、長く使っていれば
どうしてもヒンジがすり減ってきてしまいます。

勿論、それを補正する機能が付いている訳ですが、それでも調整の
限界というものがあるでしょうから、寿命が来たら交換となります。

今回のようにヒンジが破損した場合は、他に取り付けられたヒンジも
劣化してきているでしょうから、全てのヒンジを新しく交換すべき
だと思います。

高価なヒンジに調整作業の費用も加えると、そこそこの金額になって
しまいますが、長く使う為にはどうしてもやっておかなければ
いけません。

皆さんの輸入住宅でも破損や劣化した場所があるようでしたら、
悪くなって費用が嵩む前に修理・交換するようにして下さいね。

防犯上すぐ交換したいと思っても、輸入部材の入荷は数ヶ月
掛かることもありますから・・・。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-11-13 15:29 | メンテナンス
c0108065_10174358.jpg


昨日、旧ハード(Hurd)社のシエラパシフィック(Sierra Pacific)
ウィンドウが、新建新聞社の雑誌「新建ハウジング」の「家づくり
健康・エコ宣言2018」というフリーマガジンに掲載されたという
記事を書きましたが、実はもう1つ商品を掲載頂きました。

それは、パラペイントの屋外木部塗料、ティンバーケア。

ナチュラルクリア色のアクリル・レインコートとホワイト色の
サイディング&フェンス。

耐久性が低い国産のアクリル塗料やオイルステインとは違い、
超高耐久を実現する100% ピュア・アクリルの水性塗料ですから、
2度塗りで5年間塗り直す必要はありません。
 
ですから、輸入の木製サッシの劣化でお困りの方やウッドデッキの
メンテナンス、木製玄関ドアのケアなど、雨や湿気による雨漏れに
悩まされるような場所の木部の塗装に最適です。

勿論、新築時に塗装すれば、更に効果は高くなりますよ。

掲載は小さなものですが、こうした商品が皆さんの目に触れて
広くお使い頂けるようになると、輸入アルミクラッド・サッシの
トラブルも少しは減るように思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、私と話をしたいという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事を
いくつかご覧の上適否をご判断願います。また、
これらの記事が、多くの皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

[PR]
by mikami-homemade | 2018-11-07 10:36 | 塗装工事