人気ブログランキング |

輸入住宅の専門家による施工情報の提供


by Supervisor-homemade

タグ:輸入 ( 994 ) タグの人気記事

c0108065_13005993.jpg


先日、半円窓(ハーフ・サークル・ウィンドウ)のペアガラスを交換
したという記事を書かせて頂きました。

そのペアガラスを交換する前に、ガラス押えの木製ビードを外した
様子がこちらです。

木製ビードも半分腐っていましたが、その下にある木の窓枠自体も
全体的に雨水が入って損傷しているのが分かります。

私たちが修理をする前に、既にコーキングを使って補修した跡が
ありましたが、それが十分でなかったのか、屋外側のアルミ枠のカバーと
ペアガラスとの間に出来た隙間から雨が侵入して、それがガラスの下に
溜まって徐々に窓枠を腐らせたという感じですね。

そうした水分が蒸発して上にあったペアガラス内に入り込んで、
内部結露を起し、ガラスの中を曇らせたという訳です。

損傷した窓枠は、半円窓の下にあったダブルハングの窓枠とも兼用
していましたから、窓枠を新しいものに交換しないとちゃんとした
修理は出来ません。

ですから、大工さんに木材を加工してもらい、窓枠とガラス押えを
作ってもらいました。

うちの大工さん曰く、「ここは、匠の技が必要」だったそうな。

ガラスを交換して表面的に直すというだけでなく、下地から修理
した上で外側の窓周囲も防水処理をしましたから、これで将来雨漏れ
するリスクは相当減ったように思います。

見えない下地に不具合がある場合、それが顕在化した時には相当酷い
状態になっているはずですから、木製サッシは常にチェックして
おきたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-25 13:01 | メンテナンス
c0108065_10053786.jpg


お客様からよく問い合わせを頂く輸入サッシ用のウェザーストリップ。

サッシの気密や防水性・防風性を上げる為の消耗部材ですが、自動車
のドアの周囲にも気密パッキン材として付いていますよね。

今回ご相談頂いたものは写真右のものですが、少し古くなって潰れた
形状になっているので分かりづらいかも知れませんが、芯材が入った
ウレタンフォームの表面を塩化ビニールで覆ったような形をしています。

芯材の部分を窓枠や建具に付けられた溝に差し込んで固定させるという
タイプのもので、厚みや柔軟性があるので隙間が空きにくい特徴があります。

こちらのものは、ミルガード(Milgard)のサッシに使われているという
ことですが、同じミルガードでもサッシのタイプによって違うものが
使われていますから、ご自宅の窓に付いているものを確認してから、
何を調達すべきかを見極める必要があります。

こうしたウェザーストリップは、どの輸入サッシにも使われていますし、
デザインも様々です。勿論、違うサッシメーカーの窓でも同じ部材が
使われていることだってあるのです。

ウェザーストリップは柔軟性を確保する為に塩ビやウレタンが使われている
ことが多いですから、10~15年が耐用年数と考える必要があります。

家の気密や防水性を保つ為には必修のパーツですから、まあいいかと放置
しないで、こまめにチェックして都度交換するようにしたいものです。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-24 10:20 | メンテナンス
c0108065_11384934.jpg


輸入住宅ブームの際に、お値打ちな割に性能がいいということで
多くのおうちに採用されたインシュレート(Insulate)社の輸入サッシ。

今回、東京都八王子市のお客様から、どこの建築屋さんやサッシ屋さんに
頼んでも修理を請け負ってくれないということで、私たち ホームメイド
にご依頼を頂きました。

お客様では建具を外したり、ガラスのサイズを測ったりすることが
難しいとのことで、私が現地に調査へ伺うことになりました。

2階にあるこの窓のペアガラスは外側のガラスが割れていて、一部
三角形に割れた部分だけが外れてなくなっていました。

この状態ではいち他のガラスも外れて、1階の庭に落ちるとも
限りませんから危険な状況です。

そこで今回私たちは粘着フィルムに少し柄が入ったものを名古屋から
持って行って、ガラスのサイズを計測した際に外側のガラス全体に
張ってきました。

こうしておけば、下に誰かがいても危なくないですし、新しいガラス
を調達するまでの目隠しにもなります。

勿論、窓を開け閉めしても、これ以上ガラスが外れて脱落することも
ありません。

ちょっとした気遣いですが、修理メンテナンスの際にはこうした
仕事が大切だと思います。

名古屋からは遠い場所での施工でしたが、私たちにしか出来ない
仕事ですから、どこでも頑張って伺いますよぉ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-23 11:59 | メンテナンス

どんな仕事も準備が8割

c0108065_13252380.jpg


昨日、アンダーセン(Andersen)社のパティオドアの交換をしたという
記事を書かせて頂きましたが、取付け作業をする前に行った防水処理の
様子をお見せします。

事務所前の駐車スペースに並べられた幅80cm 高さ2mのドア4枚。

ドアを並べただけで、駐車スペースの半分は埋まってしまいました。

ドアが傷付かないように大きな段ボールのシートを敷いて、そこに
寝かせたのですが、本当に重くて大きな輸入ドアです。

まあ、強化ガラスのペアですから、そりゃ重いはずです。

さて、肝心の防水処理ですが、建具(障子)の枠とガラスとが接する
部分にマスキングテープを張っているのが分かりますか。

そして、建具枠と建具枠とのつなぎ目部分にも紫色のテーピングを
張ってあります。

マスキングテープも安いものだとコーキングなどの防水剤や塗料が
テープの下に入り込んでしまい、きれいに仕上げることが出来ません。

また、テープを張っただけだと接着が弱いですから、後からちゃんと
指で押さえてあげないといけません。

勿論、防水剤がしっかり載るように適度な隙間を明けなければ
いけないのですが、あまり幅広にすると見た目が悪くなりますから、
張り方も気を遣うところです。

こうした前準備に時間を掛けないと、せっかくの防水処理はうまく
施工することが出来ません。

また、防水処理剤も屋外でも使えるタイプで、尚且つ防カビ性能が
あるものでないと雨風に長く耐えられないですから、やはり安ものは
使えません。

もうした手間・暇を掛けた仕事は、施工が完了してしまえば、
どこをどうしたか全く分からないくらいになってしまいますが、
必ず性能や将来のトラブルに対して効いてくるはずですよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-20 13:34 | メンテナンス
c0108065_11330064.jpg


昨日、アンダーセン(Andersen)社の4枚引き分けドア(掃出しサッシ)
の交換修理を行いました。

両サイドの2枚がハメ殺しになっていて、中央の2枚のドアがそれぞれ
左右に開けられるというタイプで、3.5m以上の開口幅となりますから、
建物のドア開口に対する荷重は相当なものです。

ですから、開口の中央付近ではドア枠が下がってしまい、十分な高さが
取れなくなっていて、ドアが開けにくい・閉めにくいという状態でした。

また、去年風が強かった台風によって、外装の白い化粧パネルが
剥がれてしまい、建具(障子)の木がむき出しになってしまいました。

恐らく、化粧板のつなぎ目といった場所から雨が侵入して、長い時間を
掛けて接着剤を劣化させたのが原因ではないかと思います。

今回、これらの4枚の大きなドアを新しく調達し、内装の木の防水塗装や
ガラスの周囲を含めた外装の防水処理た上で、取付け工事を行いました。

メーカーではドアの高さを変えて出荷してくれるなんてことはして
くれませんから、現場でドア枠の高さに合わせてドアの上端をカットして
高さを調整して取付けしましたが、ドアの重さが60㎏以上あったので
結構大変な作業となりました。

でも、苦労の甲斐があって、ドアはスムースに動くようになりましたし、
ご覧のように美しい白いパティオドアの姿が蘇りました。

最後にドア枠の歪みによって生じた隙間をコーキング剤等で埋めて、
雨が隙間から入らないようにして完了しました。

他にも鍵の調整などいろいろ工夫をしながら施工をしましたが、ここでは
書き切れませんので、ご了承下さいませ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-19 11:50 | メンテナンス
c0108065_19495424.jpg


3月の終わり頃から、輸入サッシの網戸に関するご依頼がどんどん
増えています。

網戸の網の張り替えや取っ手(持ち手)の交換も一度に十枚単位で
お願いされることも多いですから、会社の倉庫は張り替えを待つ
網戸で一杯。

また、網戸を窓から落としてしまったり、変形させてしまったり
したお客様や、樹脂製のコーナー材が劣化してフレームが外れて
しまったという方もいらっしゃいます。

輸入サッシの網戸は、フレームの大きさや形状がいろいろあります。
ですから、新しい網戸を作ると言っても、その前にどんなフレームが
使われているか、どんな取っ手や固定金具が使われているかといった
ことを事前にチェックして、海外へ発注しなければなりません。

ですから、日本のサッシ屋さんに輸入の網戸の張り替えや製作を
お願いしても、出来ませんと断られることがしばしばです。

皆さんのおうちも梅雨の時期になる前に、網戸のメンテナンスを
してみては如何でしょうか。

勿論、ご自身で出来るという方は、必要な部材のみを調達して
差し上げることも可能ですし、道具や技術がないという方なら
最初からこちらで全部製作することも出来ますよ。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-18 20:02 | メンテナンス
c0108065_10031199.jpg



昨日、サミットのサッシにシエラ・パシフィックの建具を入れた
という記事を書いた輸入住宅ですが、その窓の上にある半円窓
(ハーフ・サークル・ウィンドウ)のペアガラスも交換しました。

このサッシのぺアガラスは、熱割れしたのか、外側のガラスに
亀裂があり、ガラス内に雨水が入り込んで結露を起こす状態でした。

また、周囲のアルミ枠とガラスとの間に隙間があったのか、そこから
雨が侵入しサッシの木枠を腐らせるというトラブルがありました。

以前にも雨漏れがあったようで、外側のガラスの周囲にはコーキングが
施工されていましたが、十分でなかったか、コーキングが痩せてきた
のか、雨の侵入は長い間続いていた感じです。

その影響もあったと思いますが、下にあった2連のダブルハングも
建具の木腐れを起していたのかも知れません。

今回、飾り格子入りの大きな半円ガラスをアメリカで作ってもらい、
現場で差し替えるという作業を行いました。

こちらのおうちを造った住宅会社は既に廃業してしまい、メンテナンス
をしてくれる業者さんがいない状況が長く続いたようですが、問題を
認識した段階でどこかケアしてくれるパートナーを探す努力が必要です。

まあいいかと不具合に目を瞑ることだけは、絶対に避けるべきこと
ですから、その点は皆さんも気を付けて頂きたいと思います。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-17 10:15 | メンテナンス
c0108065_21191330.jpg


輸入住宅のおうちに取り付けられたサミット(Summit)社製
のアルミクラッド木製サッシですが、雨仕舞が悪く建具(障子)の
木枠が腐ってしまいました。

サミットという会社は、他社に吸収合併されて古いサッシの
アフターサービスはありません。

通常であれば、新しい交換用の建具をメーカーに製作してもらい、
それを窓枠に入れれば修理は完了しますが、メーカーがない以上
窓枠ごとゴッソリ外して他社のサッシに交換するしか方法が
ありませんでした。

でも、シエラ・パシフィック(旧ハード)社では、一定の条件が
合えば、既存の窓枠はそのままに建具とそれを支えるサイドジャムを
新しいものに交換して元通りに戻すというリプレース・プログラムが
最近提供されるようになりました。

今回、その第一号として、サミットの窓枠にシエラ・パシフィックの
建具を挿入するという離れ業を行いました。私自身、これ程きれいに
納まるとは思いませんでした。

塗装が剥げた既存の窓枠の中に、新しい建具が並んで装着されている
のが分かりますでしょうか。

今までは、窓枠と建具は同じ窓メーカーのものでなければ、建具を
付けることは出来なかったのです。

雨漏れを起こす木製サッシは、日本全国の輸入住宅で見受けられます。

また、サッシメーカーが分からなかったり、なくなってしまったり
したというお客様も多いでしょうから、これは画期的な朗報だと
思います。

但し、このプログラムは、ダブルハングのサッシであること、
サイドジャムの詳細寸法やサイドジャムを外した状態での
窓枠の詳細寸法を確認出来ること、そしてそれがプログラムで
提供される部材の寸法と合致することが要求されます。

ですから、私たちも慎重に窓の各部の寸法を計測し、プログラムが
適用出来ることを確信してから、部材の調達を行いました。

本当に出来るかどうか、多少不安にも思いましたが、実際に
新しい交換用部材が到着し、それらに防水塗装や防水処理を
施してから、今日このように取付けを完了出来ました。

勿論、外から見ても新築した時の様子と全く変わらぬデザインに
なっているはずです。

この交換プログラムにはノウハウがありますから、今は私たち
ホームメイドででしか行う人はいませんが、今後こうした施工が
普及していくようにしていきたいと考えています。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-16 21:39 | メンテナンス
c0108065_00072462.jpg



アルメトコ(Almetco)という窓メーカーは、もう既に存在して
いませんが、このサッシを使っている輸入住宅はまだまだ国内に
たくさんあるようです。

そんな輸入住宅にお住まいのお客様から、網戸を固定する為の
部品が欲しいとの相談を頂きました。

バタフライクリップと呼ばれる固定用部品ですが、丁度蝶々が羽根を
広げたようなデザインをしている為、このような名前が付いています。

網戸を固定する方法はいくつもありますが、このパーツで固体する
サッシはあまり多くありません。

でも、このパーツで固定しなければならない網戸は、他の部品で
固定することが出来ませんから、何とかして調達したいというのは
人情です。

サッシ・メーカーはなくなりましたが、窓部品は部品メーカーから
入手することが出来ますから、諦める必要はありません。

ただ、窓部品の種類は膨大にありますから、ちゃんと部品を特定する
ことが非常に重要になるのです。

寸法やデザインの他に、どこの窓メーカーのものかや製造時期を
特定することも部品を見付ける術ですから、どうぞ出来るだけの
情報提供をお願いします。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。


by mikami-homemade | 2019-04-16 00:09 | メンテナンス

お風呂場の木製サッシ

c0108065_11074705.jpg


こちらの輸入住宅では、アンダーセン(Andersen)社のダブルハングを
浴室の窓として長年使っていらっしゃいました。

お風呂を使った後、ちゃんと換気をして頂いていたのか、建具(障子)の
木枠が腐ってしまうというトラブルはありませんが、ご覧のように
塗装は剥げてカビや染みが全体的に見受けられます。

温かく湿気った空気や水分が多い浴室に木製サッシを使うということが
よくないことは、誰の目からしても明らかなはずですが、古い輸入住宅
ではこうした施工はよくあったようです。

木部の塗装も内装用のニスを塗ったり、シッケンズのような防腐塗料を
塗ったりしたようですが、基本的にどれも防水性が長く持つものでは
ありませんから、すぐに悪くなってしまいます。

今回は、劣化したバランサーを交換すると共に、建具の木枠の表面を
サンドペーパーである程度きれいにしてから、パラペイントの白い
ティンバーケアで防水塗装をしてあげようと考えています。

ティンバーケアは、ナチュラルクリアのものもありますが、ここまで
黒くなった木を元通りにするということは出来ませんから、敢えて
白く塗装することで、清潔で爽やかな雰囲気を出そうと思います。

網戸も新しいものに交換する予定ですから、メンテナンス後は
相当気持ちよくなるはずですよ。

家づくりは、新築時の計画や施工も大切ですが、その後のケアは
もっと大切です。

それを担うのはお客様自身であり、それをサポートしてくれる
専門業者との二人三脚がなければ、長く快適に暮らしていくことが
難しいですから、その覚悟と将来計画が必要とされます。

輸入住宅の新築やメンテナンス、コンサルやコーディネートを
して欲しい、家全般のチェックやアドバイスを受けたいので、
現地調査を希望するという方は、お問い合わせ下さい。
全国どこでもご相談を受け付けます。

尚、相談や問い合わせの前には、日々更新する記事をいくつか
ご覧の上適否をご判断願います。また、これらの記事が、多くの
皆さんのお役に立てて頂ければ幸いです。

by mikami-homemade | 2019-04-14 11:18 | メンテナンス